2019年11月30日

食煅 もみじ@新白岡(塩そば、つけそば、味噌そば)

訪問日時:2019/11/30 10:30

今年6月に登場するやいないや、
大ブレイクを果たした
埼玉県の 食煅 もみじ。

行く機会をうかがっいたけど、
同行者が見つかり、やっと行かれた。


ほんとに周囲は畑ばかり。
良い風景だ。

一軒家でかっこいい造り。


駐車場は超広い。
手前に3台と奥には20台以上は停まれそう。

鐘がある。


これだけではなくて、
エクステリアがとても素敵だ。

10時30分に着いた。


待ちは1組2名。
もっと待っているかと思ったよ。
2番めに名前を書いて日向ぼっこしながら
ウェイティング。


お品書きも置いてある。


中華そば、塩そば、つけそばの3本柱。
現在は味噌そばが限定でリリースされている。

店主さんは麺屋武蔵が長いらしい。
店長も経験されたとか。

11時になり暖簾がでて、
券売機の前へ。


塩そば、つけそば、味噌そばを購入した。
チケットを渡すと、
時間差で作るかどうか聞かれたので、
味噌そばを後で、とお願いした。

このやり取りの段階で素晴らしい店だと確信。
女性スタッフさんが多いけど、
すべての人が超感じ良い。

店のインテリアも素敵だ。


すごいセンスだと思う。
座ってるだけで気分がよくなる空気感だ。

調味料は酢、辛揚げ、胡椒。


辛揚げには青海苔が混ざっている。


持ってきていただいたお冷のグラスは湯呑。


グラスでないのもこだわりか。

3番目で8分後 塩そば到着。


ひゃー、美しいね。


レアチャーシュー、メンマ、
ねぎ、みつば、麩が乗っている。

スープは、


鶏豚を使った
見た目も味もきれいな清湯。
魚介の風味がバランスよく効いている。
これは・・・・うまい・・

はるゆたか100%の麺をずるり、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


すごいわ。
これを作り上げる実力とセンスは感嘆もの。
麺の香りもよく感じられ、
つるつるの表面が実に心地よい食感。

苦手なレアチャーシューすら特別に美味しい。


薄いけど、充分な存在感。
かなり美味しいなあ。

メンマも特上の味わい。


一切の手抜きがない感じ。


つけそば。


一番楽しみだったやつ。
麺の上に乗っているのは
昆布を紅葉型にカットしたもの。

ため息がでるほどの
麺の美しさはどうだ。。。


こちらははるゆたかに全粒粉を練り込んで、
より香りを高めている。
海苔の出汁がかけられているのも
普通とは違う差別化になるけど、
単にそれだけではない美味しさ。


シコっとした歯ざわりのあとに
香りがふ〜んと。
そして海苔の出汁がいいねえ。

すぐさまスープへ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これは、私のつけそば歴の中でも
いきなりトップランク。
スープの上品な出汁感が際立つ。

スープの出汁も香りも濃いけど、
麺の香りも負けてない。
こんなバランス、よくぞ作り上げたものだ。

こちらはやや厚めに切られたチャーシュー。


トロトロで塩そばのそれとは
違う部位かな?
もっとほしいなあ。

麺は大盛りにしたいレベル。
ずんずんすすれて、
実に楽しいつけそばだ。

麺がなくなり、
煮干出汁の割りスープを


美味しいです。
このスープを毎日いただきたいものです。

辛揚げが合うね。



そして時間差で味噌そば。


チャーシュー、メンマ、白菜、
人参、ねぎがきれいに盛り付けられている。
人参は紅葉型。

スープはやや甘いタイプ。


スープは塩そばと同じものかと思うけど、
まるで違う表情。

江戸甘味噌かな。
風味豊かでめちゃうまい味噌スープだ、。


これまた


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


この味噌そば、
とても上品。
和風というより、京風と言ってもいいかも。
これも箸が止まらない。

辛揚げが合う。


青海苔の風味が相性いいよ。
いいけど、山椒がほしいところだ。


すべて感動しながらいただいた。
これは人気が出ないわけがない。
店を出ると待ちの列は伸びていた。
そりゃそうだろう、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


230
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:44 | Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厳選煮干しらーめん 二代目 にぼ助@池袋(濃厚魚介ラーメン)

訪問日時:2019/11/29 11:47

一年ほど前に御茶ノ水にオープンした
目白でわたみん家(現鶏メロ)を間借りしている
自家製熟成麺 吉岡の2ndブランドという
ふれこみだったけど、
資本が入っていることが
すぐにわかる店づくりだった。

どうもおかしいなー、とは思いながら、
別に大きな問題でもないし、
と忘れていたら今度は二代目。

調べてみると、ここで判明。
やはりワタミの系列だった。


開店初日につき、大賑わい。
外にはビラを配る呼び込みさん。


見たことのない券売機がお出迎え。


いずれはGRコード決済に
対応するようだ。
現在は現金のみ。

特製の画面

通常の画面

トッピングの画面

おつまみの画面

特製 のシリーズが一番左、
っていうのが気に食わん。。。
と言うより、初代とほぼ同じなんだね。
初代〜二代目なので、けいすけ をイメージして
次は違う味と勝手に思っていたよ。

初代ではにぼ助らーめんをいただいているので、
通常の画面から、濃厚魚介ラーメン
をチョイスした。

果たして店内は大人数のスタッフさん。
一番奥の席に通された。
6+7の直線カウンター席、
4人卓×1。

卓上調味料はフルーツ酢、胡椒、炒り七味。


厨房内には7人ものスタッフ。
すごいね。
4分後到着。


器は初代と一緒。


スープは豚鶏魚介。


いいね。
数種の節、煮干しの粉のザラつきを
感ずるけど、いやではない。
総合的な香りがぐっとくる。
少しの酸味も心地よい。

すする!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


シコシコの食感。
スープもよく持ち上げて、
優等生的味わい。
古臭さはないし、
これは普通に好かれるかも。

チャーシューはレアロース肉と、
バラ肉。


どちらも切り置き。
レアの方は美味しいかな、と感じたけど、
バラの方はそういう香りが残念。

メンマは普通。


邪魔ではない。

炒り七味を試してみた。


香りがいいね。
もっとぶちまけてもいいと思う。

チラシでゲットした味玉。


黄身がややゆるいタイプ。
味が濃くて美味しい。


美味しかった。
超激戦区のこの辺だけど、
資本力で生き残るかな?


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


229
感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:38 | Comment(0) | 東京都豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

新潟 三宝亭東京ラボ 中目黒店@中目黒(咖喱担々麺)

訪問日時:2019/11/27 11:39

3年以上ぶりに三宝亭中目黒へ訪れた。

https://lh3.googleusercontent.com/nxUDJQZcyy7wmncfGZzisQc_vhgM4SMT0Hz4C6smqON4Gobcx2WxAaufFizu49QFKILbpSlr312vc94rx3k9mwt7NGmJd564j9BA6Iy4VdId4PyprJGTVK-EF3if55x_xZFuHraKEHozc6zh89UfiTI-Y5eBRAaJGIr9moKGXvK5t5kUiFXD6KuRNPilbefGfvKU8MAXZMHWRjqt4MwpSdEog-mVlS6iBLPUvtYZ3J0q9zQ--SqXTFzMLEEjJNItyeNS7FPv5xoWbYSdFgglvXJHIjTMNh3Qia1FnBmc5CuJ1IEYlWFCHFAX8pamO7qiRFwUc6iSbaIsGrnnDGYad-e_oAfeDbvaVtr_-mY4t6m9wmNXsZ6igqfcoTSn1Qz3OzFfwsNfPMqeTCPtme7VGJY-u11tSffCbA9wgbhdkXZb5lCtYVimQklBflnYOExRJEnIYuLMbyoyAtrtWIHOzHMkd9Wp_dizav2ryROGzJRHvLzqVU3JZamHhnG9C8ohesxatnlEXW070sWxl0ISk9_sHGgWrgdHnQnI8cDEc2EZ5te73aPvfamPgFS7TORtQqzfmHHMs5fpan053BMg6kLpgo5BnWV7ede4Ad6sX-B7RnCEyHp7askX4zfrVoivA7OYW7qhy36DRR0NDm6x0tHT601_Z4zR7ODPw7hqc9sOKQOUwIQHQ3N3nPUxml_yUTNhnwCoMieHtuLLMVy5pdj_Agcit-VJkuZr23GnytsjO6i1=w560-h420-no

以前 逃していた研究麺の
咖喱担々麺ねらい。


10月25日から始まっていたので、
今日は電話で確認してからきたよ。

こいつを注文すると、
現在4周年記念で大盛りかライスをサービスと言われた。
ありがたくライスをお願いした。

店は繁盛の極み。
私はすぐに座れたけど、
常に店内待ちが発生している状態だった。

ホール係の女性も
厨房のスタッフもにこやかで
動きに無駄がない。
いい店になった。。

調味料類はやや豊富に。


青ザーサイ、唐辛子、ぶどう山椒、青山椒、
花椒、胡椒、ラー油、酢。

ぶどう山椒、青山椒が増えたね。
しびラーの欲するものを
よくわかっていらっしゃる。

10分後到着。


この形で供されたけど、
向きがすっきりしないな。

90°左に回転させ、
落ち着いてからいただきます。


レモン、味玉、チンゲン菜、
赤大根、揚げ茄子、みつば。
ツンツンしたのはサツマイモの
千切りをカリカリに揚げたもの。

その下に肉味噌。


では、スープを、、


うまい!
白ごまペーストの香りも充分なら、
それに加えたカレー風味も抜群のバランス。

早く麺食べたい!



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


とろみあるスープのせいか、
全くダレない麺。
最後までシコっとした歯ざわりが楽しい。

そして噛んでいると口中に広がる幸せ感。
相変わらず新店乱立の昨今、
今日行く店を迷ったけど、
ここを選んだ自分を褒めたい。

揚げ茄子が美味しいなあ。


そして、サツマイモの千切り揚げが
かなりナイスな効果だ。

途中でレモンを絞ると、
一瞬爽やかさが広がるけど、
すぐに埋没した。
濃厚担々麺スープ恐るべし。

さて、味変するかと、
まずはぶどう山椒。


すごいね、これ。
和山椒の鮮烈な香りがそのままだ。

花椒。


ふむふむ。

青山椒。


これもいいけど、
ぶどう>青>花椒
の順が出来上がったので、
あとはぶどう山椒を心ゆくまで楽しんだ。

ライスは麺食べの途中に時折口にしたけど、
やはり本場のコシヒカリはすばらしく美味しい。
おかずがなくてもそこそこいけると思う。

もちろん遊んだ。


両方の美味しさが相乗。
こんな美味しい食べ物、
毎日でもいただきたい。

最後は、


今日は寒いけど、
じわじと汗ばんで箸を置いた。
おいしかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


228
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

中華そば 虎桜@町屋二丁目(ワンタン中華そば黒)

訪問日時:2019/11/26 11:18

町屋へ来る用事があった。
よっぽどでないとこちら方面は来ないし、
いい機会だ。


ずっと頭にあった、
2015年9月に開業した虎桜へやってきた。

こちらの店主さんは麺屋武蔵 新宿本店出身。
しかし、メニュー構成は八雲を意識したものになっている。


写真付きのメニューはありがたいよね。
通りがかりの人もそう思うに違いない。

店に入ると、先客はご夫婦ほか2名。
地元で賑わっている感が伝わる。


中華そば黒は豚鶏の動物出汁、
中華そば白は魚介をプラスしたもの。
八雲を意識した、という通りに、
黒・白のメニューに、
ワンタン2種入りのワンタン中華そばが
目を引く。

ほかには担々麺白・黒、汁なし担々麺、
まぜそば、担々つけそば、つけそば黒・白。
つけそばは武蔵っぽいらしいね。

それにしてもすごいメニュー量だな。。。
厨房には店主さん夫妻?
製作担当は店主さんみたいだけど、
よくぞ一人でこれだけの量を。。。

ワンタン中華そば黒を購入した。

調味料類は、ブレンド山椒、魚粉、しびれラー油、
お酢、胡椒。


「お済みの食器類はそのままで・・・」

このワードがある店は良店。
間違いない。

しかし、この店はいい空気だ。
ゆったりした時間が流れるが如く。。

4番目で8分後到着。


肉ワンタン、エビワンタン、バラチャーシュー、
レアチャーシュー、穂先メンマ、白ねぎ、青ねぎと
具だくさんだ。


おろし生姜もたっぷりと添えられている。


スープを静かに、、、


う(@@)ま!

鶏と豚だけというけど、
変な臭みもないし、
丁寧さを感ずるな。

やや茶濁しているけど、
あっさり寄りだ。

麺は中細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


見事なバランス。
しこしこ食感の麺がスープと
素晴らしくマッチしている。

中華そば、というカテゴリーでも
かなり好きなタイプ。

レアチャーシュー。


レアなものはあまり得意ではないけど、
これはこのチャーシューが全体のバランスとして
浮いていないので、美味しくいただけた。

でも、バラ肉の方は絶品ですぞ!


煮豚タイプの私的最高峰と言ってしまいたいほど。
柔らかで味付けがすばらしい。

穂先メンマも2本あり量的にいいね。


美味しい。

エビワンタンに、


肉ワンタン。


両方美味しいけど、
肉の方が好みかな。

最後の方は徐々に生姜が溶けてきて、
体があたたまる感じになった。
いいラーメンだなあ。。

そうそう。
卓上のしびれラー油が気になったので、


バラチャーシューの切れ端に
少し乗せて、ブレンド山椒もふってみた。

これがめっちゃ美味しい!
担々麺、汁なし担々麺の味が
充分類推できた。
近ければ何度も来るけどなあ。。。




227
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都荒川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

北海道らーめん みそ熊 自由が丘店@自由が丘(旭川醤油らーめん)

訪問日時:2019/11/23 11:40

最近、自由が丘でラーメンが熱い。
そのうち激戦区と呼ばれるかも、
と思えるほど新店が開店するし、
予定されている。
なんなんでしょ・・・

今日行ってみたのは、
二郎風の新店。
でも、定休日なのか、
店は開いていなかった。。

なので、11/16にオープンした、
みそ熊に向かった。


ここは担々麺七福朗があった物件。

大きな外食会社の店出し、
それほど興味はなかったんだけどね。
自由が丘ラーメンフィーバーの片棒を
担いでもいるかな、ってことで。

当面の営業時間はこんな感じ。


翌6時まで、年中無休という情報だったけど、
人手不足なのかな?

5人が待っていたけど、
すぐに相席も良ければ、とのことで入店。

札幌味噌、旭川醤油、函館塩、味噌つけ麺、担々麺
というラインナップ。
味噌はガッツリスープ、海老味噌、背脂味噌、
チーズ味噌、辛味噌がある。


旭川醤油らーめんを購入し、
相席の方に挨拶して席に着いた。
何も反応してくれなかった。

調味料類は豊富。


ラー油、おろしにんにく、おろし生姜、海老すりごま、
揚げにんにく、揚げ玉ねぎ、柚子こしょう、唐辛子、
マヨネーズ、白胡椒、ラーメン胡椒、醤油、酢。

6番目で10分後到着。


青がきれいな器だな。


チャーシュー、ねぎ、メンマ、海苔、ワカメ
が乗っている。

スープはラードの香りのする
いかにもな旭川醤油。


魚介系の香りは感じなかった。

中細縮れ麺を、


うまいね。
サッポロともまた違う美味しさ。

チャーシューはちょっと苦手な香り。


柔らかで食感はナイス。

メンマは色がいいけど、


これも苦手な香り。

揚げ玉ねぎ、揚げニンニクを試してみたけど、


揚げ玉ねぎは合うけど、
揚げニンニクは何か違う。
全体のバランスが崩れてしまった。。

概ね満足して箸を置いた。
調査終了。


さて、今日行こうと思っていた店足して
あと2店舗のオープンが予定されている自由が丘。
どうなっていくでしょうか。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


226
感想など。。。
posted by ぼぶ at 14:28 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

らーめん処 くろ助@新高円寺(醤油ラーメン)

訪問日時:2019/11/22 11:40

11/16に開店した
新高円寺のらーめん処くろ助に
一緒に行った。


日本麺料理 さくらの店長を務め、
直近は南阿佐ヶ谷の らぁ麺いしばしにいらした
とのこと。

店頭で待ち合わせて店内へ。


私は醤油ラーメン、
氏は塩ラーメンを購入。
当初はあった つけ麺 のボタンがないね。
当分出ないのかな。

席数は直線カウンター8席。
テーブルもあるけど、
人員不足のため、カウンターのみの運用。

卓上には胡椒、タバスコ、ラー油、酢、醤油。


タバスコは餃子用?
と思ったけど、ラーメン用みたいよ。

このことはあとで知って、
地団駄踏んだ次第。。。

1ロットは2杯。
先客6名に配膳されたあと、
都合18分後に到着。


醤油のいい香り。
チャーシュー2種、メンマ、海苔、ネギ、カイワレが
乗っている。


スープはかなり好き!


鶏が目立つ出汁に
鶏油という感じだけど、
醤油ダレが必要以上に尖っていないので、
醤油の香りとまろやかさを楽しめる。

菅野製麺の中細ストレート麺を、ずずっとね、、、



ウ(≧▽≦)マ〜〜〜!!!


これ、かなり美味しい。
私の琴線に触れる味わいに
楽しくなってくる。

チャーシューはバラ肉とロース?


ロースの方が好き。

細メンマ、とても良い。


じゃまはしないし、
存在感もある。


塩ラーメン。


スープは醤油よりも
魚介が目立つ仕上がり。


バランス良いね。

麺は同じ。


ああ、こっちも美味しいなあ。
比べるのも難しいけど、
醤油の方が好みに近いかな。


寒い雨の中、来てよかった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


225
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都杉並区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

広東麺チャーリー@新宿西口(パーコー湯麺セット)

訪問日時:2019/11/21 12:42

かつて渋谷公園通りで
名店としてひっそりと構えていた
チャーリーハウス。

清湯のきれいなスープに麺が泳ぎ、
具が別皿というスタイルが斬新に思えた。

2007年に閉店してしまったけど、
その後、甥御さんが別の店を出していて、
この度、広東麺チャーリーとして復活?を果たした。

ネットで店名だけみて、
「チャーリー?」
と思っていろいろ検索したら、
チャーリーハウスの復活と知るに至った。

とても心が踊り、
すぐにでも行きたかったよお。

ここは「麺屋先ずは」があったところ、
すごい短命だったねえ。。


ムジャキフーズがバックにいるらしいけど、
そんなのはどうでもいい。
早速中に入って券売機へ。


ルーロー飯のセットもあるのか。


広東式で焼き上げたチャーシューは
美味しいに決まっているけど、
パーコー麺のセットにした。
+300円だけど、委細構わず。

カウンター8席、4人卓×2。
4人卓に座らせてもらった。

調味料類は酢、胡椒、醤油、ラー油。


こだわりあり。


Instagramあり。


いいね!しようと思ったけど、
気がつくのが遅かった。。。

その後見てみると、
白い味玉美味しそう・・・

最初にルーロー飯とサラダ到着。


サラダのドレッシング美味しい。
ルーロー飯は台湾ぽい香りが乏しいけど、
味付けられた肉が美味しいので問題なし。

本体到着!


昔は白髪ねぎだけだったような気がするけど、
麺には水菜が乗っている。


パーコーは思ったよりも小さい。


白いフランチソースと
赤い唐辛子味噌ソースが添えられている。

スープは鶏ガラを感ずる
きれいな清湯。


チャーリーハウスのご主人は
元々中華料理のシェフだったので、
これは上湯と言うべきかもしれない。
なにしろ上品なスープ。

麺はやや縮れている。


ストレート麺の方が良い気がするけど、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


遠い記憶だけど、
こんな味わいだった。。。

パーコー美味しい!


ほのかなカレー風味。

赤いソースも風味よし。


オススメに従って、
胡椒をふってみた。


表情が変わる。
スパイシーな味わいが
箸を加速させる。

満足の完食。
チャーシュー湯麺もいただきに来たい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


224
感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:35 | Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

ラーメン 魁力屋 五反田店@五反田(京都漆黒醤油ラーメン)

訪問日時:2019/11/11:10

魁力屋の限定、
またも魅力的だった。


「黒」ってワードには弱いのよ。。。

毎年この季節になると
リリースされるみたいね。
今年初めて知ったよ。


魁力屋の限定の中でも
人気の商品とか。。

注文後3分で到着。


ひょー、黒いねw


新福菜館にも通ずるような見た目に
期待値もあがる。

スープは甘味が心地よく、
マイルドな醤油の香りが印象的。


塩分はちょうどよい。

中細ストレート麺をずるっと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


こりゃいいや。
好きなタイプのラーメンだ。
なにしろ麺自体が美味しい♡

こちらのデフォルトの
背脂醤油ラーメンも好きだけど、
こちらはネギ油を使っていて、
より食べやすいと思う。

あなた色に染まったチャーシュー。


デフォルトのラーメンとは
ちょっと違う味わいになるね。

メンマもほんのり染まっているけど、
あまり変わらない。


ねぎはもちろん途中で追加。


さっくりといただき、
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


223
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

麺屋 藤むら@王子(白湯煮干しそば)

訪問日時:2019/11/18 11:30

本日開店、王子の麺屋 藤むら。


メニューが複数だったので、
今年はよく遭遇したなっくさんと待ち合わせた。
ほんとは違う店に行く予定だったんだけどね。
こちらが今日開店ということを昨日知るに至り、
舵を切り直した次第。

11時15分に店に着くと
すでに5名が並んでいた。

つけ麺五三郎の跡地。

系譜がわからなかったんだけど、
麺処夏海のお花とか、


店内には心の味製麺からのもあり、
そちら方面の香りが漂う・・・

作戦会議をしましょう。


私は白湯煮干し、
なっく氏は中華そば、
ということになった。

定刻を待つことなく、
11時20分に店があき、券売機へ。


×がたくさんあるけど、
今日明日はメニューを絞っている。


予定通りにチケットを購入し、
7,8番の席に着く。
この字型カウンター13席。

店を見渡すと、新店ながら、
あちこち使用感がある。
居抜きなんだね。

奥の厨房には麺処夏海の店主さんがいらっしゃる。
支店?派生店?

改めて卓上のお品書きを確認。


まぐろのアラなんて使ってるんだね。
楽しみ。

調味料類は昆布酢、胡椒、一味唐辛子。


12分後到着。


具は豚チャーシュー、鶏チャーシュー、
メンマ、青ねぎ、玉ねぎ、海苔。

煮干しのいい香りだ。


スープはとても柔らかな印象の
鶏白湯煮干し。


新しい感はないけど、
とても美味しい。

麺は中細ストレート。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


何というか、自信を持って仕込まれた感が伝わる。
バランスよしの一杯だ。

レアチャーシューも美味しい。


苦手だけど、これはナイス。

鶏も美味しい。


メンマもぬかりなし。


よくできた商品だと思う。


中華そば。


スープはすっきりの醤油味。


ほのかな魚介を感ずるけど、
まぐろ感はよくわからない。

麺は同じでずるずるいくと、
これまた美味しい!!


両方無難に気に入った。
ここではどちらを選んでも
悔いなしと思料する。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



222
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

名物よだれ鶏と濃厚鶏白湯麺 MATSURIKA@武蔵新田(特製肉味噌バンメン)

訪問日時:2019/11/17 11:30

よだれ鶏とバンメンが
とても美味しかった茉莉花。

よだれ鶏冷麺ができないかな、
と時折Instagramをチェックしていたけど、
出てこなかった。。
いつかは出てほしい食べ物だと
私的思い。。。

そんな中、限定の情報を得たのでいってみた。
開店5分前に着いてPP。

これね。


定刻にオープンし、
この前は撮り忘れた券売機に向かう。


本日のラッキーセットを購入し、
席に着いた。

明るく立ち居振る舞いの店主さん、
まったく変わっていない。
とてもいい空気感。


5分後到着。


肉味噌、もやし、ネギ、ニラ、干し海老、
揚げネギ、岩海苔、卵黄と
にぎやかな彩り。


鶏白湯スープは付かないんだね。

麺はバンメンと一緒かなあ。


そのまま口にしてみると、
少し柔らかめに感じた。

肉味噌は確かにあまから。


これはご飯に合うやつ。

まぜまぜしてみる。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


肉味噌の美味しさ、
ほのかな花椒の香り、
唐辛子系の辛さ、
干し海老の香りと食感、
いろいろ合わさって、見た目だけでなく、
口の中もにぎやか。

なんだけど、
何か統一感に欠けるものを感ずる。

りんご酢を垂らすと効果的。
また柚子辛子みそもよかった。


よだれ鶏は安定の美味しさ。


そのままでももちろんいいけど、
麺に乗せると楽しさ倍増。


よだれ鶏と麺を合わせた
麺料理の誕生を心から願う。

麺がなくなると追い飯発注。
ライス割りの方が一体感を感じた。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


221
感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:56 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

まさ屋@蒲田(A麺200g)

訪問日時:2019/11/16 11:06

10月5日開業、蒲田のまさ屋。


一軒おいて荒木屋がある。

こちらはいろいろとキーワードがあって、

・具なしの二郎風
・現金不可
・立食

非常に気になっていた。

開店当初は夜営業だけだったけど、
11月からランチ営業も始めている。
(営業時間はTwitter参照)


A麺は太麺、
B麺はA麺の2/3くらいの太さ。

店に入ると先客2名。

クレジットカードか、
電子マネーで前払いのシステム。
paypayで450円を支払い、
A麺200gをお願いした。


まさ屋弁当というテイクアウトもある。
これを買って帰って、
家で野菜を盛り付けるのもいいね。

一応背中の壁側に腰掛けられる段があるけど、
座って食べるのはほぼ無理だね。
「ほぼ立ち食いです」とはそういうことか。


いろいろと価格は変動するようだ。


50円引いたらもうけあるのかな。。


種々のキャンペーンを考えるねえ。
友達連れで50円引きとか、
そんなのダレもやったことないよね。

配膳直前にニンニクの量を聞かれる。

なし
少なめ
普通
多め

少なめでコール。
14分後到着。


器は使い捨てのスチロール製。


一味がふってあるだけの
いさぎよすぎのビジュアル。

スープは豚の香る非乳化。
カネシのようなキリッとした醤油ダレがいいねえ。

わしわし、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


当初は野菜がないことに不安があったけど、
麺だけでも不足はないな。
ガシガシの硬質な食感は
ワイルドで食べごたえ充分。

調味料類はカレー粉と一味唐辛子。


カレー粉をいってみる。


おいしいんだけど、
カレー好きな私としても、
デフォルトの味がいいので、
味変は不要かと思われた。

麺がなくなると、
ごはんひとかきサービス発注。


硬めに炊かれたごはんがいいなあ。
二郎風の味わいで追い飯したのは初めてだけど、
こりゃうまいね。

楽しく満喫して箸を置いた。

それにしてもこのスタイル、よく考えたな。
でも、「具なしの二郎風」
っていうのはどうも違和感がある。
そのうち、「まさ屋風」と呼ばれるようになるかもね。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


220
感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:47 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

中華そば 銀座 八五@東銀座(中華そば)

訪問日時:2019/11/15 11:00

ようやく行く気になった銀座八五。

店主さんは元フレンチの巨匠。
勝本を興し、その後こちらを立ち上げた。
詳しくは山路さんの記事にて。

開業したのは約一年前になるけど、
何度か行こうと決したものの、
その行列におののいて回避したのは
一度や二度ではない。

その後も前を通るたびに
その光景をチラ見するだけだったのよね。


カラスさんにも少し煽られていたし、
今日は10時30分に到着し列14番目に
接続した。

しかし行列の整理は見事。
係の人が時折来ては、
何人か聞き、頃合いをみて、
チケットを買うように促す。
物腰が丁寧だし、客としても安心する。

やがて券売機へと案内された。
IMG_4191.jpg

味玉中華そばを購入した。

そして、じわじわと店の前まできたので、
店頭のお品書きを。

IMG_4192.jpg

この季節のそば、というのは
どこのサイトでも見たことがない。
Twitterにも書いていた形跡はないし、
登場した経緯はあるのだろうか。。。

そして約1時間後店内へ。
6席の落ち着いたカウンターのみのしつらえは
まるで小料理屋の如く。


箸とレンゲが並んで置ける、
専用の箸置にセットされている。

厨房には店主さんと2人の助手さん、
ホールにも一人いて、その辺は鋤がない。
見事な連携により、
座って2分後に到着。


美しい・・・


いい香り、とか
美味しそう、とかの前に
美しい、、、というのが第一印象。

さっそくスープを、、、


このレンゲですくった姿すら、美しい、と思う。
そして、口にすると極上のうまさが襲ってくる。

生ハムを使った、
というのがずっと頭に入っていたけど、
確かにそれを感ずるものだ。
フレンチのコンソメにも通ずる
きれいな美味しさ、というか。

しかしタレを使っていない、というのがすごい。
ラーメンゼロ以来だろうか。

そして、カラスさん謹製の麺を、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


衝撃的。
スープの美味しさと麺がこれほど合う、
と思ったのはそれほどない。

ファリーナサローネ100%だそうだ。

どちらかといえば 食感 に注目していたけど、
これはそれに加えて、ほのかな香りを感ずる。
極上の麺だと思う。

チャーシューも優しい仕上がり。

IMG_4198.jpg

とても丁寧な仕込みを感ずる。
胡椒がここだけにかけられたのは
スープを汚さないためだろうか。
その胡椒がよく合っている。

メンマはチャーシューに反して
存在感がある。


太くて食感豊かで
美味しい。

味玉も印象的。


黄身の味の濃さが目立つ。

大昔に味玉の黄身を除いて、
そこにスープを注いで飲む、
推奨している店があったけど、


思い出してやってみた。
まあ酔狂ですかな。。。

そして、迷わずにスープまで完食した。

望むといただける冷たいほうじ茶が
めちゃ美味しい!


これは望んだ方がいいですな。


一年越しの宿題をこなせて安堵。
すでに30人ほどになった行列を横目に
店をあとにした。

お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


220
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

担々屋(仮)@代官山(汁なし担々麺)

訪問日時:2019/11/14 11:30

10月にオープンしたらしいお店へGO!

担々麺(仮)
という店名w


場所は距離的に言うと、
代官山駅、恵比寿駅、渋谷駅のちょうど中間。

中に入ると、ゆるく営業中といった風情。

お品書きを見ると
汁なし担々麺と汁なし炸醤麺の2種類。


炸醤麺って元から汁なしじゃん。
まあ、いいんですけど。。
汁なし担々麺と鬼パクチーをお願いした。

当初は雑煮バーの二毛作という情報だったけど、
話を聞くと、代官山の「俺のおでん」店主による
「雑煮屋 鳥居」のランチタイムでの間借り営業、
ということが判明。

今のところ、月曜、木曜の営業のみ。
11時から15時くらいだそうだ。

夜も楽しそうな店ではある。


9分後到着。


パクチーどっさり。
担々ミンチにもやし、ねぎ、ナッツ、
ガーリックチップが散らされている。


傍らにはご飯もあるよ。


同時に黒酢、花椒、辛味調味料が出される。


麺をたぐってみると、平打ちだ。


混ぜる前に口に運んでみると、
かなり柔らかめ。
本場四川にならい、
ということなので、
灌水なしの麺、なのかな?

混ぜていただきます。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


昨今の流行りからすると、
麺の存在感が物足りない、とするムキもあるかも。

でも、肉味噌の味もいいし、
辛さも十分。
私は美味しいと思う。

やわやわの麺、レアに近いもやし、
ナッツの効果で、
パッタイに近いイメージ。

辛味調味料はかなり辛い、


けど、かなり効果的。
私には歓迎の調味料。

花椒ももちろんね。


黒酢は一番好印象だった。


ご飯は最後までとっておいて
麺がなくなってから混ぜていただいた。

楽しく食べ終えた。

俺のおでん、
行ってみるかな。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


219
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

井田商店@荏原中延(まぜそば)

訪問日時:2019/11/12 11:33

超久しぶりに多賀野に行こうかな、
と思ったら、、、
なんと50人ほどの行列が(@_@)

テレビに出たらしいね。
もう滅多に行かれないなあ、これじゃ。。。

ってことで、井田商店へ。

こちらも8年ぶりになってしまった。

店主さん一人。。
奥様は不在。


この8年の歳月を物語るように
50円くらい値上がりしているね。

壁を見ると、まぜそば800円とある。
それにしてみるか。。。

それにしても相変わらずの盛況ぶり。
あっという間に満席になった。

到着。


具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、魚粉。


麺はタレと和えてある。


きゃー。
ここの黒いタレがそのまま味わえる!
もっちり麺がいいなあ。

もっと混ぜると
色が濃くなってきた。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


こりゃ、すごい。
このまぜそばは
パンチがあって、大変美味しい。

チャーシューは変わらない美味しさで安心。



魚粉は煮干し粉かな?
風味が増してナイスだ。

楽しく完食した。

未経験の背脂味噌、塩、
がぜん気になってきた。



218

お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

le sel@清水五条(魚のコンソメラーメン)

訪問日時:2019/11/11 12:00

京都へ出張。
ランチは決めてあった、le sel。


こちらは西麻布にあるミシュラン☆レストラン、
cronyが経営している。

オーガニックラーメン小会席、
というなんともそそられるコンセプトなので、
ずっと行く時をうかがっていた。

で、今年4月1日にオープンしたと思ったら、
もうビブグルマンだって。

予約ができるので、
電話予約して行ったよ。

まずは券売機に向かう。


2500円の少会席のみ。
4種類のプリフィクスになる。

アミューズ、前菜は今日は一択。
京茶飯は小を選択。
ラーメンは魚のコンソメラーメンを
チョイスした。

イケメン店長さんに案内され、
席に着く。


ビストロみたいなしつらえで、
ラーメン店とは思えない素敵な空間。


先客は4名。
後客は2名(予約なし)。

まずはオーガニック麦茶がでる。


これが香り高くとってもおいしい。
なんかすごい予感。

そしてアミューズ。


枝豆とエビの和えたもの、
キノコペーストのくるみ削り乗せ。
2種のフィンガーフード。

下に敷いてある押し麦は
取りやすくするためで、
食べられない。

しかして、この2種の美味しいこと!
以後が楽しみになってくる。
うう、ワイン飲みたい。

次は温かい前菜。


お野菜のムースが中身。
ポルチーニのような香りがあがってくる。
そして、超美味しい!

次はごはん。


京茶飯に卵黄を削ってふりかけてある。
黄身は冷凍したものを削るのかな?
塩味がついているので、そのまま口に運ぶと、
こりゃうまい!
味玉も漬物も美味し・・・

でも、ラーメンの前にご飯っていうのが、
違和感ある、というか。。。

なんて考えはすぐに吹っ飛ぶ。

魚のコンソメラーメン。


量的にはかなりおしゃれ。
麺量100gないのでは。


スープ、激ウマ!!!


鯛出汁ラーメンは一部、
世を席巻した感があるけど、
このような魚コンソメは
かつてなかったのでは。

魚の香りは残しつつ、
決して生臭くなく、かつて
深い味わいにうなる。

麺は低加水で、少しボソッとしたもの。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


恐ろしいほど美味しい・・・
麺とスープが劇的に合っている。

乗せものも隙がない。


この低温調理の鶏肉、
これまでにない味わいだった。

水菜も邪魔じゃないな。

アルファルファも隠れていた。


非常に楽しい。
器の中のスープ・麺・具
すべてが揃って調和が取れている感じだ。

デザート。


青りんごのキャラメルソース、
豆乳と青ゆずのシャーベット。
シャーベットはパウダー状で香りも
口あたりもすばらしい。

これ、もっとたくさんほしかった。


いやいや、さすがはcrony。
必ずまた来ます。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


217
感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:11 | Comment(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

ふくわらい@矢向(醤油ソバ)

訪問日時:2019/11/10 11:30

定点観測店となった
麺やふくわらい。

らーめんつけめんもすばらしかった。
つけめんは9/22で終わってしまったけど、
2本柱のひとつ、鶏と鰹の醤油ソバをいただきに。


開店5分前で4人待ち
(退店のころは外待ち6〜7名)。

券売機で醤油ソバと
炙り豚マヨ丼を購入し席に着く。

店主さんご夫婦は
二人とも表情が柔和で、
言葉使いも丁寧で、
こちらとしても癒やされるが如く。

11分後到着。


具はチャーシューとねぎ、
という潔さ。


チャーシューはバラからロースに
変更した経緯があるようだ。

スープは鶏と鰹、
というのがよくわかる。


鰹は「鰹ビンタ」と呼ばれる、
鰹節製造には不要な頭の部分だそうだけど、
確かに通常鰹節よりも香りが薄く、
味わいが力強い感じ。

大変美味しい。

麺はらーめんと違うかな?



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


らーめんも普通以上、
こちらも激しく美味しい!!!

麺もいいんだけど、
口に入った時の印象は
麺にまとわりついたスープがうま!
それから麺の旨さがじわじわと、
そんなイメージなんだよな。。

チャーシューは低温調理で
これもやさしい味わい。


うまいね〜〜〜

あ。
また忘れるとこだった。


入れ放題の天かす。
たぬきそば、って風情で
これまた楽し。。。

炙り豚マヨ丼。


これがまた秀作だ。
バーナー炙りの豚が最高に香ばしい。
そしてマヨネーズとの相性がいいね。

ここで味変グッズを。


わさびが好印象。


辛味もナイス。


この辛味は販売もしている。
買ってみたいけど、
冷蔵庫にこういうのたくさんあるからなあ。

そして双方きれいに完食。

今後は時折リリースされる、
様々な限定を目当てにしてみるか。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


216
感想など。。。
posted by ぼぶ at 13:36 | Comment(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

ますや本店 台新店@郡山(伝 郡山ブラック)

訪問日時:2019/11/08 11:40

北への出張が済み、
旧友の同級生を訪ねたので、
ちょっと足を伸ばして郡山へ。


ますや本店 台新店。
ずっと気になっていた、
郡山ブラックの元祖と言われる店へ。

お品は3種類。


懐かしい醤油の「元」、
郡山ブラックの「伝」、
濃厚合わせの「新」。

郡山ブラックは昭和20年ころからの
商品なんだねえ。。。

それぞれ、麺の種類、
茹で加減、スープの濃さ、
チャーシューの好みが選べる。
初めてなので、おまかせで
伝 をお願いした。

客層は100%昭和のお父様方。
それに合わせるようにBGMも
思い切り昭和。
隣のおじさまは「街の灯り」を
ハミングしていらっしゃるよ。

到着。


おまかせにすると、
チャーシューはバラともも肉を
合わせてくれる。


黒いレンゲだと
わかりにくいけど、
少し濃い色程度の醤油色。

味は少し上品な塩味。
鶏豚の清湯は淡い出汁感だな。

おまかせだと麺は中のストレート。


つるつるでしなやかな食感。
ちょっと麺との相性が好みでないかな。
この塩分濃度だと、縮れ麺が良さそうな気がする。

チャーシュー、もも肉。


切りおきですかな。
少し香りが気になった。

バラ肉の方がいいね。


メンマは癖なく、
ほのかな味がいい。


麺と具がなくなって終わりかと
食べてる最中は思っていたけど、
それからレンゲが止まらないどころか、
器を持ってスープを飲んでいた。

初体験の郡山ブラック。
思いのほかマイルドなものだった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


215
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(2) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

ラーメン 宮郎@蒲田(台湾まぜそば)

訪問日時:2019/11/06 12:14

ランチを始めた蒲田の新店に行くも、
今日は定休日でしたん。。。

ってことでその背中合わせの宮郎へ。


評判いいので、
気になっていたよ。

外待ちはなし。
これはいいやと、
台湾まぜそばミニのチケットを先に買って、
厨房に渡して、ニンニク少しでお願いして、
いつもの椅子に座ろうとすると、
道の向こう側に移動していた。
そうね、こっち側の方がいいと思う。
真夏は直射日光で気を失いそうになったからね。

やがて店内に呼ばれると、
すぐに到着。


チャーシューが写真と違って、
コロチャーだけど、まあいいでしょう。

麺はいつもの美味しいやつ!


二郎風の中でもここの麺は好きだな。

台湾ミンチ、かなり美味しい。


スパイシーで辛い。
これをご飯に乗せてガツガツやってみたい。

まあ、よく混ぜましょね。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


ヲタの間ではとっくに流行り終わった
台湾まぜそばだけど、
こいつはすごい。。。

ミンチの美味しさが極上麺に絡み、
控えめな魚粉の風味、ニラのバランスが
すばらしい、の一言。
さすがは宮郎というところか。

肉、ホントに美味しんだよな。


この台湾まぜそばで、
それが増長されたかのようだ。


特に味変も欲しなかったけど、
胡椒と酢が良く合った。


追い飯はカウンターにあげると、
しゃもじで ドサ と入れてくれる。


もいちどミキシング。


めっちゃうまい!

ミニだけど量的にかなり満足。
食べすぎたけど、
後悔などあろうはずもありません、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


214
感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:49 | Comment(2) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

三ん寅@江戸川橋(味噌らーめん)

訪問日時:2019/11/05 11:37

すみれで17年以上勤め、
本店でも店長経験があるなど、
華々しい経歴を持つ方の店ができた。

店に着くと、早くも人気のようで、
席は数席を残すのみ。

券売機を見ると、


しばらくは味噌らーめんのみ。。。
実は到着寸前にTwitterを確認して
この事実は知っていた。
醤油ねらいだっただけに残念だけど、
せっかく来たしね。
味噌を購入するよ。

カウンター6席+3席、
4人卓×2。
厨房を向いたカウンターに通された。


一人となりにOOSAKIさん!
やはり注目に値する店という事か。

座って15分後到着。


湯気の立たないスタイルは踏襲。


チャーシュー2種、メンマ、炒め野菜、
ねぎ、生姜が乗る。

スープは見事な純すみ と言える。


熱々で、しっかりした味噌の味。
風味もすばらしく、これはもう完成形。

麺は西山。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


陳腐な言葉はいらないな。
味噌ラーメンとして極上の味わいだ。

チャーシューもまた素晴らしく美味しい!


柔らかさが適度で、
味付けが見事。
これはチャーシューメンにしたいところ。

でも、


これもあるので、
満足感はある。

メンマもいい感じだけど、
決して出しゃばらず。
脇焼きに徹している


炒め野菜はもやしと玉ねぎ。
そこに潜むひき肉も影響力大。


おろし生姜は風味が極上。
それを全体ではなく、
一部に溶いてみる。


これがまた乙な味わいとなる。
やはりこの味噌らーめんに
生姜は不可欠でしょうな。

スープはかなり飲んで
箸を置いた。

醤油が気になるなあ。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


213



感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:59 | Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

東京ラーメンショー2019 第2幕 #2

訪問日時:2019/11/04

やっぱりこの青空だよね。


今日は最終日。
あと4杯食べたくてやってきた。

9時55分に着いたけど、
2番ブースのうにそばが1番で、
セアブラノ神が2番の行列だった。


【京都】 背脂肉醤油そば
2-4.セアブラノ神

いくつかある京都ご当地ラーメンのひとつである背脂醤油ラーメン。
そのほとんどのお店が使用する五光醤油に今回は和歌山湯浅醤油を合わせ
進化した商品を作りました。
新鮮朝引き京都黒鶏のガラとゲンコツで取ったスープはコクと旨味たっぷりです。
スープで炊いた豚バラチャーシューと伝統的細麺、京都九条ネギもお楽しみ下さい。

とのこと。

セアブラノ神は大型宿題店。
京都はあまり行かれないからなあ。
来てくれて感謝です。


今日はレンゲが置いてあった♪
京都らしい素直な背脂豚清湯。
これは美味しい。

中細ストレート麺が映える。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


写真では5枚あるチャーシューは3枚。


5枚もいらないけど、
写真と違うのはモヤモヤする。
豚の味は美味しい。

メンマは小さ!


ま、大した問題ではない。

お気に入り度:★★★★★


次は信州いきますか。

【長野県】 W肉盛り 信州牛骨みそらぅめん
2-12.極味噌らぅめん 吟屋

地元信州を愛する味噌へのこだわりと、牛骨スープの極上の旨味が特徴の一杯。
今回はお肉たっぷり(豚バラ肉と肉味噌)ボリューム満点に仕上げました。

甘い風味の味噌味がいいね。
信州味噌っぽい感じが
食べ手を選ばない、というか。

麺は中太縮れ。


肉も美味しく、
見た目とは違って、
するするといただける。

お気に入り度:★★★★☆


久留米ラーメンが恋しくなり、
並んでみた。


「とんこつ発祥の聖地!激戦区・福岡県久留米市」の大人気店が
本場・王道のとんこつで連続出店!継ぎ足し続ける伝統の熟成
「呼び戻しスープ」にコシと風味が自慢の「自家製麺」。
さらにはトロトロの厳選「自家製焼豚」と半熟味玉子ものって、
これぞ『王道』と呼ぶにふさわしい「久留米とんこつ」です。
今回も希少な「有明海産手もみ海苔」を更に特別トッピング!
とんこつスープに溶け込む磯の香りも、ぜひ、一緒にご堪能下さい!

という感じ。
本田商店の説明もある。


呼び戻しの本格久留米ラーメンは
久しぶりだ。

【福岡】 元祖とんこつ!「濃厚・呼び戻し」久留米ラーメン!
2-6.拉麺 久留米 本田商店

スープは臭いやつ。


うまい!
このくらい豚の香りがあるのも
たまにはいい。

麺は中細。


美味しいんだけど、
岩海苔の香りがじゃまかな。
双方の融合には違和感を感じた。


この手のラーメンに
チャーシューの出来は求めないけど、
これは美味しかった。

お気に入り度:★★★★☆


最後は東京。


大山家と麺菜房のコラボ。
間違いないやね。

ここでしか食べられないラーメンを作りたい!そ
んな思いを胸に食べ歩きを続けるラーメン大山家×麺彩房中野本店が
お届けする今年の東京ラーメンショー限定ラーメンは庄内地方を
食べ歩いていて出会ったラーメンをモチーフに創作した極太平打ち麺と
大粒背脂のマッチングが相性抜群の醤油ラーメン!ここでしか食べられない
自信の一杯を是非ご賞味ください!

こんな薀蓄もどうでもいい。

【東京】 背脂!極太平打ち中華そば
2-10.ラーメン大山家×麺彩房中野本店

スープはその通り山形風を感ずる。


麺は驚きのほうとう風。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


麺が美味しい!
食べるのが楽しい麺だ。

豚肉は大きい。


でも、少し固い。
薄切り肉をそのまま茹でたような食感。

メンマは癖なし。


おなか一杯だけど、
麺の美味しさが魅力的で
ぐいぐいいけた。

お気に入り度:★★★★☆


今年はこれでおしまい。
今年も楽しかった。


東京ラーメンショー

posted by ぼぶ at 20:48 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

東京ラーメンショー2019 第2幕 #1

訪問日時:2019/11/01

昨日から第2幕のラーメンショー。
今日はよく晴れた。


新潟の東横がキター!!
2013年にも来ているけど、
そのときは複合だったので、
単独店としては初。
大歓迎である!

【新潟】元祖!新潟濃厚みそラーメン


米、酒、魚の雪国新潟。食の旨いところに旨い麺あり。
新潟のうまい!を届けに東横が6年ぶりに戻ってきました!
昭和56年創業の味は今も進化を続けています。こだわりの極太麺、
ずっしりと喉に絡む濃厚スープ、鼻から抜ける味噌の香り。
劇的に変化する時代だからこそ、一口食べたあの鮮烈な刺激が
色褪せてしまわないよう試行錯誤を続ける。これからもたゆまず深化する一杯を
「うまい!」と感じていただけるよう頑張ります!

東横でおなじみの割りスープは
今回用意がないそうだ。
まあ、イベントだし仕方ないね。

で、これ、やはり美味しい!
濃厚なスープはやはり塩味が強く、
優しい味噌味とは対局の凶暴さ。

これが太麺によく合うこと。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これが東横の味か!
我武者羅でしか経験がなかったけど、
これは確かにはまる味。

チャーシューも美味しいし、
その下に隠れたキャベツも効果的。


お気に入り度:★★★★★


続いては東横と同じくらい、
いやそれ以上に期待していた店。


大阪では大評判で、
宿題にしながらもなかなか
機会がなかった店。
こういう店の出店は大変うれしい。

【大阪】 貝出し溢れるあさりらーめん
くそオヤジ最後のひとふり


大阪の飲食街エリア・十三を本拠地に貝出汁ブームの火付け役
とも言われる店舗では、今回出品するあさりらーめんの他に、
しじみやはまぐりなどあらゆる貝を使用したメニューがある。
文字通り貝出汁の酸いも甘いも知り抜いた1杯が食べられること間違いなし!
島根県産の醤油を独自にブレンドしたかえしが貝の旨味を最大限に引き出し、
完成されたスープに中太平打ち麺が程良く絡む。チャーシューや貝など
異なる歯応えも楽しめる一杯!

スープは、これでもか!
のあさり攻撃。
これはスープとして美味しい。

中太もちもち麺もよく合う。


3枚もあるチャーシューも
メンマも標準以上にナイスだけど、
このラーメンの主役はあさり、に思える。


つまりは麺をすすったときの印象が、
アサリ>スープ>麺・・・という順位になってしまった。

醤油味でまとめたのが
このラーメンの特徴だと思うけど、
塩味でも味わってみたいような。。

お気に入り度:★★★★☆


続いてはウニにひかれて、こちら。

【北海道】札幌芳醇炙りじゃが白湯味噌〜特製うにソース添え〜
in EZO


幻の珍味と呼ばれる【ガゼ味噌】をヒントに、麦味噌と
ジャガイモをベースにした【じゃが白湯味噌】と、
最高峰【エゾバフンウニ】を贅沢に使った特製ソースをひとつの丼に!
道産小麦【きたほなみ】を使った風味豊かでキメ細かいモチモチ食感の特注麺は、
トロトロ濃厚なのにヘルシーな【じゃが白湯】と相性抜群!
北海道バターで豪快に炙ったポークソテーとウニが乗る北海道を
存分に感じて貰いたい想いを込めた【札幌新味噌ラーメン】

味噌のスープは札幌らしく、
親しみやすい印象。
こってりながら、さほどのギラギラ感はない。

黄色くない中縮れ麺を、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

札幌味噌ラーメンとして完成度高い。
じゃがいも白湯、うにソース、
の存在感はよくわからなかった。。。

あと、ウニは不要に感じた。


チャーシューは美味しいけど、
ウニは小さすぎるし、味噌スープの味が先行するので、
ウニの味が全くわからなかった。

お気に入り度:★★★★☆


もう一回いけるかなー。



posted by ぼぶ at 20:42 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

麺奏 ハモニカ@与野本町(ミートカレーつけ麺)

訪問日時:2019/10/31 12:37

与野まで所要にて。
ランチは優先度低めの宿題店、
麺奏ハモニカへ。


駅直結のビーンズという複合施設の中にある。

お品書きを見るも、


メニューは頭に入っている。


迷うことなく、ミートカレーつけ麺を購入。

コの字型カウンターだけど、
席数は30くらいあるかな。
かなり大箱だ。

調味料類は胡椒、ライム酢、黒七味。


つけ麺の食べ方指南書もある。


ライム酢は珍しい装備品。
あとで ため酢ね(^^;

11分後到着。


ああ、そうなんだ。
スープ自体はデフォルトで、
ミートカレーが付いてくるんだ。

スープは典型的な
鶏豚乾物魚介。


麺はつるつるもちもち。


浸していただきます。



ウ(^^)マ〜〜〜!!!


またお前か系なれど、
これは完成度高い。
一切の癖がなく、
安心していただける味と言える。

チャーシューはローストポークと
鶏胸肉。


ローストポークが大変美味しい。
臭みなく、甘さを感ずる肉だよ。

スープにも鶏肉あり。


メンマもおいしい。


ミートカレーは極めて小さい器。


スープに入れると味がよくわからなくなりそう、
と思ったので、麺に乗せて味わってみた。


うまい!
少ないとは言え、カレーの存在感ある!
辛めの味付けがいいねえ。

ライム酢は かなりな好相性。
たくさん使っても大丈夫だった。
黒七味もなかなか合う。



さて、このカレーはライスに合うに決まってる。
ライスも頼んでおいたので、


当然こうなるよねえ。


うは。ミートカレーライス、
フルでいただきたい!

このライス自体が美味しいので、
いろいろ遊んだ。


楽しい楽しい。

最後はこうね。


スープが美味しいので、
この食べ方は推奨しておきたい。

そしてスープ割りも。


おいしい!
ライスがまだあったので、


スープカレー風に♪

いや、楽しかった。
いろいろな楽しみ方ができるつけ麺だよね。
いい店です。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


212
感想など。。。
posted by ぼぶ at 21:25 | Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします