2019年12月04日

麺栞 みかさ@宇都宮(肉ワンタン麺)

訪問日時:2019/12/03 11:58

白河ラーメンを巡るのは
ライフワークになりつつある。
実際そうしたい。

今日は宇都宮にやってきた。


厳密には白河ラーメン店ではないけど、
麺栞 みかさ。
「めんしおり」なんて艶っぽいな。

ここは火曜〜木曜は朝ラーも楽しめる。


隣の公文教室の前に駐車場がある。
停めて店に入ると、
結構な賑わい!
やはり人気なんだ。

カウンター4席、2人卓×、4人卓×1。
カウンターがひとつ空いていてよかった。


上が切れてしまったけど、
一番上は肉ワンタン麺(イベリコ豚)900円。

メニューはいろいろあるね。
でも、パッと見ただけではどれがどういう味なのか
わかりにくいな。。。

栃木シャモ白河と迷って、
肉ワンタン麺をお願いした。

お冷はお茶。


調味料類はなし。

4番めで10分後到着。


渋い器は土地柄、益子焼かな。

肉ワンタン3つ、吊るし焼きチャーシュー2枚、
ねぎ、たけのこ、ほうれん草、海苔が
所狭しと盛り付けられている。


さっそくスープを、


うひょ、うまいね!
本格的白河とはちょっと違い、
醤油の角がまろやか。
とても美味しい。

鶏ガラをベースに丸鶏・ゲンコツ・昆布を使用
とあるけど、これはシャモ使用かな?

手打ち多加水氷温熟成麺を一気に、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これは美味しい。
もしゃっとした唇触りに、
もちもちの食感がスープと絡みまくる。

少し薄味にも思えるスープでも
満足できる味わい。

チャーシュー、うま!


吊るし焼き、というのがよくわかる。
薫香が効いていて、
うすい味付けもいいなあ。

肉ワンタンは最高だ。


かなり大ぶりで、
身がぎっしり。
味の濃い豚、という感じで、
さすがにイベリコベジョータ、というところか。

メンマでなくタケノコというのが珍しい。


変な香りがなくて
これはこれで歓迎の具。

麺と具がなくなって、
その後スープまでほぼ完食。

ここは気に入った。
今度は朝ラーをねらって来てみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


233
感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:37 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします