2020年01月27日

煎酒と麺 しもきはら@駒沢大学(煎酒つけ麺)

訪問日時:2020/01/27 11:38

20年続いた駒沢の居酒屋「駒沢ひろの亭」が
リニューアルし、ラーメン居酒屋になった。
勤めていた下木原氏が店を引き継いだ格好。
開店の経緯はこちらのブログが詳しい。

ラーメン自体は前から出していたけど、
ノーマークだった。。。
「煎酒ラーメン」なんてジャンル、
すぐにでも飛びつきたかったのに。

煎酒は我が家でも常備するほど好きな調味料。
青魚の刺し身とか握りに最高なんだ。
あとはドレッシングを作ってもいい味でるし。


駒沢ひろの亭は1/20に閉店し、
1/22オープン。
外装の色は塗り替えたみたいだけど、
店内は、全くの居抜き。

L字型カウンター11席と
4人卓×3。

ランチのお品書きを見て、


煎酒の味がよくわかるかな、
と煎酒つけ麺を注文した。

夜メニューにある餃子はないんだなー。
煎酒タレでいただきたかった。。。


七味唐辛子、ラー油、酢、胡椒が
置いてある。

煎酒はここで売ってる。


そうそう、ドレッシングね。

1番目で6分後到着。


割りスープも同時に供される。


つややかな麺。


2つ落ちている青ネギ。
ちょっと萎える。

そのまま一口いってみると、
ギシッとした食感で、ナイスな麺。

スープは粘度はない豚鶏魚介。


中にはメンマとチャーシュー。


いただきまする。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


あれま、おいしいこと!
力強い麺をしっかりと受け止めるスープ。
豚鶏魚介だけど、魚介はほのか程度。

煎酒由来の塩味がとても良い。
一口の味わい終わりにほのかに梅の味もわかる。

これは斬新だ。
煎酒つけ麺というジャンルとして
立派に確立している。

チャーシュー、バカうまだね。


柔らかい煮豚タイプで
味付けが濃い目で好み。

メンマもナイス。

チャーシューが美味しいので、


それをおかずにして麺を、、、
まあそれなり(≧▽≦)

最後はスープ割りして


ほぼ完食した。


どんなもんかと思ったけど、
いやいや、美味しかった!

これ、丸長みたいに
肉増しメンマ増しでいただきたいところだけど、
1300円になっちゃうなあ。
でもそれでも後悔はしないだろうな。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


021
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします