2021年03月23日

おそうざいと煎餅もんじゃさとう@代々木公園(黒酢酸辣湯らーめん)

訪問日時:2021/03/23 12:09

5回めの訪問、もんじゃさとう。


今回は黒酢酸辣湯らーめん
第6弾だっけか。


さとう店主は、今は亡き松濤籠包の
黒酢酸辣湯麺のレシピを作ったのね。

今回はその改良版で、鶏白湯がベースで、
シナモン、クミン、八角などを加えたカエシに
自家製ラー油、豚白モツ、干しエビなどを加え、

「辛くて痺れていろいろスパイス入れて、何がなんだか
わからないけれど、なんとなく美味しい味」

に仕上げたとか(^^;

担々麺も同時リリース。


塩 というのは
同時に供される茹で玉子用で、
それが100円なんだって。
100円の塩って気になる。

後で知ったのだけど、
店主さんによれば

「卵は無料ですが
塩は100円にしました。
怒るお客さんがいるのか
楽しみです」

ということだそうだ。
そうとは知らずに、
普通に塩をもらおうと聞くと、
100円になります、と。

は?ならいいです

とまんまと言ってしまった(^^;

実は注文も多く、
利益率の高いアイテムになったと言及。
そりゃそうだろう;;;

私は
おとなしく麺に入れることにした。

ラー油と黒酢が置いてある。


1番目で5分後到着。


すっぱ辛い香りが!

すぐさまスープをいってみると、


ぐは!
ウメ!

確かに酸っぱくて痺れて辛い。
ベースのスープの良さもわかる。

麺はカラス麺。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



傾奇者を使用の縮れ麺。
しこっと食感がナイス。
これ以上ない相性に思う。

こんな酸辣湯麺、味わったことない。
カラスさんも言っていたけど、
これはヤバいくらい美味しい。
2度3度と食べたくなるような商品だね。

チャーシューは、

「ウイキョウの葉の塩漬けを塗った肉を火入れして
さらにどうかってるんだかわからない複雑さに仕上げました」

だそうだけど、


確かに複雑。
ウイキョウは嗅ぎ取れなかったけど、
めちゃ美味しいのはわかった。

自動的に付属する茹で玉子は


スープで美味しくはなるんだけど、
やっぱり塩でいただきたいかな。。

ザーサイの千切りも良いアクセント。


白モツの刻んだものが
非常にいいね。



麺と具がなくなってもレンゲが止まらない。
酸辣湯麺でスープ完食したのは
恐らく初めて。

唇に心地よい痺れを感じながら、
箸とレンゲを置いた。


同行者の担々麺。


一番最初にスープだけ一口。

酸辣湯らーめんから
酸っぱさを抜いて、
ゴマ風味が加わったもの。。。かな?
かなり美味しいけど、
これは酸辣湯らーめんの勝ち。


なお、これらの提供は25日までだそうだ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


053
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(2) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする