2021年03月29日

やき鳥 まさ吉@武蔵小山(鶏中華そば小)

訪問日時:2021/03/29 18:00

2年ぶりにまさ吉ののれんをくぐった。
児玉さんがいなくなり、新しい経営になったけど
後継のスタッフさんたちになんとなく違和感を感じ、
縁遠くなっていた。

今日はりゅうさん、いないのね。
はじめましての男性スタッフお二人。

お品書きは一部手書きに。


お酒のラインナップは全く同じ。


季節によって変えることは
していないようだ。

ワインは日本産のものオンリー。


小さいハートランド生からスタート。


お通しはトマトにガリを添えたもの。


おろしはおしゃれに葉が乗せられている。

鶏アボカドわさび。


おいしい。
変わってない。

うめきゅうり。


これもほぼ変わってない。

せせり。


ささみ。


つくね。


砂肝。


つなぎ。


かわ。


以上、以前と同じ大ぶりだし、
味も同じように美味!
食べ進むごとに馴染んできた。

〆は鶏中華そば小



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


驚いたことに(失礼・・・)、
まるで以前のまま。
鶏がたっぷりと感じられるスープに、
醤油だれのシャープさ、
そして麺に至るまでかなり満足した。


この日も常に満席をキープしていて、
飛び込みのお客様に対し、
丁寧にお断りか、空いたら電話する、
という対応をしていた。

初めて会うスタッフさんだったけど、
この辺の空気感が変わらないのに
いたく安堵した次第。

また来ますね。




お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


059
感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:00 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

らーめん SAMAR@恵比寿(雲丹つけ麺)

訪問日時:2021/03/29 11:52

行きたい新店、宿題店は
増える一方だけど、
もう全てを回ることは不可能。

10年前までくらいは
何とか行けてた気もするけど、
昨今の増殖ペースは早すぎる。。。
ましてやコロナ禍において、
異業種参入も増えていてその数たるや・・・
もう諦めの境地、

ってことで今日は恵比寿の既食店、
SAMARへとやってきた。


普通では味わえない複雑な感じで
かなり印象に残っている。。

その後その白醤油らーめんは
リニューアルされて、醤油らーめんになり、
今度は雲丹つけ麺がリリースされている。


この前と同じ席に座った。
するとキュートな女子スタッフさんが

「この前もここに座りましたよね」

と。
覚えておいでですか!

少し挨拶程度の会話を交わして、
雲丹つけ麺をお願いした。

この席いいなあ。


やっぱり夜に来てみたいなあ。

そう言えば、前回はデュアルセモリナと書かれていたのは
きちんとデュラムに訂正されている。


ところで、らーめんの麺は希須林監修だったけど、
つけ麺の麺はなんと希須林関連の揉合麺荘の太麺だそうだ。

茹で時間がかかるのだろうね、
1番目で10分後到着。


や。
美しいじゃん!


具は別皿。
チャーシュー、味玉、海苔、貝割れ。
小皿には柚子ペーストと刻みわさび。


まずは麺だけいってみると、


おお。
魚介風味オイルがまぶされている。
ここで大漁まことを思い出した。

とても素晴らしい風味で、
ぎゅっとした食感が生きるような、
そんな感じ。

雲丹スープにはねぎが浮いている。


ではでは、麺を、




うぎゃー!!!




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!





こりゃ美味しい!
雲丹スープにトマトソースで
酸味と甘味を加えたというけど、
雲丹の生臭さをトマトが見事に消している、。
そのバランスは見事だ。

食感豊かな太麺との相性もベストに思う。

今回のチャーシューはオーソドックスな見た目なれど、


うまいね!

麺に柚子ペーストを付けてみる。


この香り、合う!

刻みわさびも、


イイ(^^)ネ!!


麺量が足りないなー、
と思ったので〆のリゾット飯を追加
(ちょっと時間がかかるので、早めに頼むが吉)。


芯を残して炊かれたご飯を
バターと生ハムで和え、
パルミジャーノレッジャーノチーズを
たっぷりかけたもの。

そのままでも抜群に美味しい!


そして温め直してくれたスープをじゃばばば。。。


最高すぎる。。。
うっとり。。。
温め直したせいか、
雲丹の香りが立つね。

残しておいた海苔も抜群のお供。


そのあとは味玉半分を崩して、


永久に食べていたい・・・


おなかパンパンで食べ終えた。


この店はいい。
落ち着いたら絶対夜にきます。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


058
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする