2021年07月21日

恵比寿貝鷄中華蕎麦 たかよし@恵比寿(鶏醤油そば)

訪問日時:2021/07/21 12:23

本日開店の恵比寿の店に向かってみた。


恵比寿貝鷄中華蕎麦 たかよし

また貝出汁の中華そばか、と正直思った。
Twitterを見ると、「間借り」とあるし。

でも、Instagramにも #に志の とあるのを発見。
どうやら、昨年10月にオープンした
(今年3/8よりN&D Noodle & Dining Barとして、
再出発も現在休業中)。

それならばと、駆けつけた次第。
に志のの印象はよかったし。

店はビルの2階。
暖簾は出ているけど、外階段を登ると店入り口はあった。


中の様子が全く見えない。
ドアに貼られたお品書きを一瞥して、


恐る恐るドアを開けると
広くておしゃれな空間が現れた。

ここは いろどり 恵比寿 という
今年6月にオープンしたお店。
ランチ間借りというけど、
そちらのInstagramを見ると、
「ランチ開始」と書いてあるので、
何らかの関連があるようだ。

女性スタッフさんに案内されて、
12席あるカウンターの8番席に着座。

お品書き、一味唐辛子、胡椒、
お盆にお箸とレンゲがセットされている。


お品書きをじっくりと。


麺類は、
貝だしそば、貝鶏そば、鶏塩そば、鶏醤油そば、
蛸とキムチと辛子明太子の赤いまぜそば、
夏季限定冷やし貝だしそば。
三元豚角煮丼もSNSの写真では惹かれる。

貝鶏そばにしようと決めだけど、
注文の直前に「濃厚」の文字を見つけ、
今日はあっさり気分だな〜と
鶏醤油そば をお願いした。

ゆっくりとお品書きトップページを見ると、
貝は5種類も使っているの?
その他の素材も種類が半端ない。


そして左には に志の→たかよし
とあるので、やはりそうなのね、と確認した。

広い厨房には3人のスタッフさん。
に志ので見た方もいらっしゃる。


前菜のテリーヌが出された。


あー、そう言えば、
に志のでもテリーヌあったな、と思い出す。
手前のジュレは醤油ダレかな?

スパークリングワインでもほしいな、
とつまんでいると5分後到着。


豚のレアチャーシュー、穂先メンマ、
青菜、海苔、貝割れとシンプル。


すでにトリュフの香りがぷ〜〜〜んと!

スープはすっきりした鶏出汁。


塩分も上品だ。
これで麺を食べるにはどうかな、
と思ったのは杞憂。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



細パッツンストレート麺は
たっぷりと鮮烈なスープを運んでくる。

醤油のキリッと感は薄く、
スープの香りが生きる、という感じ。   

チャーシューもバッチリ美味しい。


苦手感はあるけど、
塩味がちょうどいい。

穂先メンマ。


いいお味。


いい店だ。
やはり濃厚な貝鶏そばが気になる。
赤いまぜそばも。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


142
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都練馬区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする