2023年10月05日

麺屋 さんQ@上町(鶏清湯らあめん)

訪問日時:2023/10/05 11:20

上町の新店にお誘いありにて、
やってきた。


麺屋 さんQ

燈灯亭の跡地。
シャッターPPゲット(久々に使うword--)。

こちらはもつ料理 ごうかくの二毛作営業で
ラーメンを提供していたのが起源。
青森煮干し中華そばは美味しかった!

その麺がスピンオフして、
2012年4月に経堂にて
青森煮干し中華そば ごうかく開始。
当時珍しかった昆布水つけ麺
とても美味しかった!

そして9月30日、
移転改名してOPENとなった。


11時半になり、暖簾が出た。


この頃には6人が並んでいた。
店に入り、券売機に向かう。


私は鶏清湯らあめん
氏は鶏清湯つけ麺を選んだ。
青森煮干しらあめんとご飯ものは
まだ未発売。


席数は6と変わっていない。
狭小な物件だけど、
居心地は悪くない。

卓上にはGABANのブラックPと
ホワイトP。

説明あり。


8分後到着。


茹で時間は1分ほどだった。

薄切りのもも肉チャーシュー、
穂先メンマ、さらしねぎ、かいわれが乗る。


スープは水鶏系。


でも、複雑な甘みも感ずる。
鶏油に醤油のキレ、
という感じではなく、
野菜も感ずるバランス型というか、
そんな感じでかなり美味しい。

麺を、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


パッツン一歩手前のシコっと食感。
実にスープと合っている!
これは・・・・・好き。

チャーシューもやさしいお味。


穂先メンマはケチケチせず、
3本も入っていて、しかも絶妙に美味しい。



最後はスープまで完食。


氏のつけ麺。


麺は同じだけど、
今度は昆布水なしなのね。


スープに浸してみると、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


昆布水つけ麺にも飽きてきたので、
この麺とスープの相性を図ったような
シンプルな味わいが逆に新鮮に思った。
とっても美味しい。


終わって外に出ると5名の列。
一人体制なので、時間に余裕を持って行かれたし。
おそらく、ご近所需要も喚起されて、
人気が出るように思う。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


172


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする