2024年06月12日

やきとり児玉@三軒茶屋(冷し中華)103

訪問日時:2024/06/12 19:00

少しだけ営業体制を変えた
ヤキトリ コダマへ。


のれんも変わっている。

児玉さん、一年ぶりですみません。。


にいがた地鶏を少し減らし、
コースの価格も少し下げている。

町の焼き鳥屋さん、
を意識されていて、
黒板メニューもできた。


突き出しは自動的に。


冷し焼きナス。


夏酒も揃い始めている。


ではいくつかアテを頼んでいきましょね。

黒板から、ナンコツポン酢。


これ、衝撃的。
焼いたひざ軟骨を冷たくして、
ポン酢でめっちゃ合うのね!

いつも頼んでしまうシューマイとジンジャーサラダ。


どちらも安定の味。
美味しい。

レバーパテ。


季節のフルーツを入れたのも
経験してるけど、ドライフルーツもいいね。


焼き物いきます。
皮、せせり

レバ、バターポテト

つくね、ささみ

えんがわ、つなぎ

えんがわは初だな。
砂肝の周りを薄く切ったものだそうで、
一日にさばく鶏全量でこの一本。
抜群に美味しかった!

お酒もそれぞれに満足。


さ、締めは冷やし中華。


開発を進めていたけど、
私が来る、ということで
この日に間に合わせてくれた。
どもありがとうございます。

棣鄂の麺を使用。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


なにこれ!トラディショナルな冷や中として、
これまでの最高峰!
やや甘い方に傾いたタレ。
酸味はベースにあるけど、主張しすぎない。
冷や中苦手な人にもオススメできる。

児玉らしく、チャーシューに鶏肉も
具材として全体を彩る。


ああ、美味しかった!
すばらしかった!


やきとり児玉



感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする