2009年03月24日

【82/'09】ゆずつけ 一蓮@新橋(ゆずつけ)

訪問日時:2009/03/24 11:15
 
今年に入っても次々と新規開店が続く。
宿題店をなかなか消化できないのに。。。
ほんとにキリがなくなってきた。
 
そんな中、未訪問の宿題店が閉店したりすると、
喜んだり悲しんだり悲喜こもごも。
 
ここは3月9日に開店したと言う新店。
以前は「太太」という宿題店だった。
閉店はしたけど、新店になったのでプラマイゼロですな〜
 
image/2009-03-24T12:40:011
 
麺メニューは店名のゆずつけ1つ。
それが850円とは、ちと高めだなあ。
 
image/2009-03-24T12:42:421(クリックで拡大)
 
ゆずつけを普通で頼んだ。
麺に比べ適正価格とおぼしきチャーシュー丼もおいしそうだけど、
連食予定なので回避。
 
店はジャズ系のBGMが流れているが、
スタッフ2人はWBCを見ている。
ちょうど小笠原の先制タイムリーではしゃいでいた。
客にも見せろよ。
まあ、私はラジオ聞いてるからいいんだけどね。
 
最初に麺到着。いいパターンだ。
 
image/2009-03-24T12:40:571
 
ひしゃげ系の焼き物でいい色合いだ。
小皿には鰹梅がある。
スープに溶いても、麺にからめても、と指導された。
 
スープ到着。
 
image/2009-03-24T12:40:241
 
見るからにあっさり系のスープ。
鶏ベースだと思うが、ゆずの香りがあっさり感を助長している。
嫌いじゃないぞ、これ。
 
麺を浸すと意外にもスープがのってくる。
ちょうどいい塩味がグッド。
 
チャーシューがかなりいいねえ。
やはりチャーシュー丼は必須かもしれない。
 
卓上にはゆず香味というゆずの顆粒と、ゆず胡椒。
どこまでもゆずにこだわるわけだ。
 
image/2009-03-24T12:41:321
 
ゆず香味はもともとゆずゆずしてるので、
ありがたみはないけど、ゆず胡椒はいい感じに変化した。
 
最後はスープ割せずともそのまま結構いけたので、それでフィニッシュ。
 
なんか、資本系の香りを感じつつ次の店にく向かった。
 
お店のデータはこちら
 

 
実食感想

実食メニュー:ゆずつけ850円
スープの種類:鶏系あっさり
麺の種類:中太ストレート
具:スープにチャーシュー、ねぎ 麺に白髪ねぎ、メンマ、味玉1/2、鰹梅
 

スープの余韻:★★★★☆
麺の評価:★★★★☆
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★☆
再訪問希望度:★★★★☆
総合評価:★★★★☆
ひとこと:ゆずつけだけで潔いと言えば潔いですが、どうなるでしょうか。

 
posted by ぼぶ at 13:27 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック