2010年02月04日

【35/'10】肉麺 つけ麺 原点@早稲田(肉そば)

訪問日時:2010/02/04 11:30

最近、店名に「肉」と付く店が増えているような気がする。。
肉汁や、肉そばけいすけ、などなど。。。

2月1日オープンしたこちらも「肉」が付く。

DSC01480(1).jpg

店頭には簡単な説明書き。

DSC01478.JPGDSC01479(1).jpg

店に入ると、一斉に中国語で「イラッシャイマセー!」
ホールの女性はみんな中国の方?

券売機で、

DSC01469.JPG


この店のキーワードであろう、肉そばにしてみた。

店内は広く、20人くらいは入れるのではないかな。

壁にはスープ、麺、香味油、カエシの説明。

DSC01471.JPGDSC01470.JPGDSC01473.JPGDSC01472.JPG

スープは豚鶏の骨と肉、香味野菜をベースに、煮干しを加えたもので、
その日の天候により、店主が調製しているとか。

ふーん。
資本系バリバリの雰囲気だけど、期待できそう。

卓上には魚粉もある。

DSC01477(1).jpg

トッピングは現金で追加できる。

DSC01474.JPG

4分くらいで到着。

DSC01475(1).jpg

うはー、肉がどっちゃり乗ってるな。

スープは確かにうんちく通りの予想された味。
ちょっと化学の力も感ずるけど、おいしいんでないかい。

肉はバラ肉と脂身多いチャーシュー3枚。
バラ肉は適度に味付けされている。
これ、おいし!

麺は中細ストレート。

DSC01476(1).jpg

加水低めのボキボキ麺。
ぱっつん、とかみ切れ、楽しい食感。
この麺、好きだわ〜

スープ、肉と共にすすると、肉麺パラダイス。
気に入ったぞ、ここ。

チャーシューは脂身が多いし、あまり歓迎しないな。
このバラ肉だけで、充分と思う。

メンマも普通においしい。


つけ麺は麺が太麺になるし、担担麺と共に大いに気になる。
って言っても、なかなか再訪問する時間がないんだよなー。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:肉そば850円
スープの種類:豚鶏魚、ややあっさり
麺の種類:中細ストレート
具:チャーシュー、豚バラ、ねぎ、メンマ、のり、なると

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★☆☆
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★☆
ひとこと:また行きたいです。


posted by ぼぶ at 14:21 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント&TBありがとうございます

くぅ〜 チャーシューメンじゃなかったのね!?

オーダチョイスミスしたなぁ〜!
Posted by しらけん at 2010年02月04日 14:46
☆しらけんさん

そうですよ?
写真があったじゃないすか。
多分中華そばとは全く違う印象になると思います。
Posted by ぼぶ at 2010年02月04日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

肉麺 つけ麺 原点@早稲田
Excerpt: 水道橋の新店の後に、明日の節分前に一陽来復の御守を返しに行こうと、穴八幡さまに向かいます。 一年間ありがとうございました! 帰りに高田馬場に向かってお目当てのお店に向かおうとしましたが、先ほど..
Weblog: 両国のダイビングショップオーナーの日記
Tracked: 2010-02-04 14:46
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします