2010年10月13日

【閉店】【301/'10】【丸千製麺に店名変更】丸千茶寮@五反田(魚丸ダブル)

訪問日時:2010/10/13 11:30

やっと行けました、丸千茶寮。

かつて一世を風靡した「NOBU東京」で店長だった人が
ロンドンに渡り、スシ&ジャパニーズタパスの店「dinings」を出店、
その後、ミシュランに掲載されるなど、評価が非常に高かったらしいが、
その方が、なぜかラーメン店を五反田に開いた。

NOBU東京は一度は行ってみたかったけど、
そのうちになくなってしまって。。。

暖簾が出るのを待って一番で入店。

広めでおしゃれな店内。
カウンター13席くらいとテーブル席がいくつか。

メニューを見て、

DSC00245.JPGDSC00250(1).jpg
DSC00255(1).jpgDSC00247.JPG

スープは鶏白湯、鶏白湯+魚介、鶏清湯、という3本立て。
ネーミングだけではかなりわかりにくい構成になっている。

魚丸(ととまる)ダブルを注文した。
チャーシューは鶏と豚と選べるが、豚でお願いした。

あと鶏めしも。。。


メニューの表の見開き。

DSC00246.JPG

いろいろと味に対する説明書きが。。。

それよちもおつまみメニューが気になる。

DSC00256(1).jpg

砂肝のコンフィとか、豚足のテリーヌなんて特に気になるなあ。。
夜も来てみたいなあ。。

調味料もいろいろ。

DSC00248(1).jpg

一番手前の茶マー油はこういうことらしい。
DSC00249(1).jpg

いろいろ撮影し、読んでいたら到着。

DSC00251(1).jpg

置かれた瞬間、好みの香りがあがってきた。
鶏と魚介の組合せは好きなんだよね。。

スープは上品な鶏白湯に魚介系を合わせているけど、
鶏白湯単体でもかなりおいしい部類のスープだと思わせる。

その良さを魚介系が見事に後押し。
これはうまい。

麺は自家製という細ストレート。

DSC00252(1).jpg

ぱつっと噛みきれ、食感は最も好きなもの。
いやー、おいしいじゃないですか。

チャーシューは肩ロースのやわらかタイプ。

DSC00253(1).jpg

味も濃すぎず薄すぎず、さすがの仕上がり。


鶏めし。

DSC00254(1).jpg

鶏そぼろは家でもよく作り置きを頼むくらい、大好きな総菜。
鶏そぼろにはちょっとうるさいけど、
これは抜群!

鶏の炊き込みご飯にそぼろが乗っているタイプで、
味も香りも最高ですな。。

スープをすすりながら、おいしく楽しく完食。

ちょっと値段が高いけど、
今後是非はやってほしいお店の一つ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


 実食感想

実食メニュー:魚丸ダブル850円、鶏めし380円
スープの種類:鶏白湯魚介
麺の種類:細ストレート
具:チャーシュー2枚、浅葱、メンマ、ほうれん草、鰹節、味玉1/2 

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:つけ麺や中華そばも食べてみたいですね。

posted by ぼぶ at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

無化調水炊きスープのラーメン 丸千茶寮(まるせんさりょう)@五反田
Excerpt: 2010年12月、午前の仕事を追え五反田に出没♪ 無化調(化学調味料無し)のラーメンが食べられるとの情報があり以前から気になっていたお店へ、、、 ヽ(=´∀`)ノ 行ったお店は「丸千茶寮(まるせ..
Weblog: 出張先
Tracked: 2011-02-19 07:58