2011年05月12日

【144/'11】中華蕎麦 つけ麺 一(hajime) @明治神宮前(濃厚魚介そば)

訪問日時:2011/05/12 12:19

新宿南口と南新宿駅の中華くらいにある、
喜多方ラーメン蔵太鼓が「廣食堂」というラーメン居酒屋に
変わったという情報を受け、
近くに用事があったので前まで来てみたけど、
思い切り資本系の中華店だったので、
きびすを返して原宿の宿題店に一目散。

中華蕎麦 つけ麺 一(hajime)
明治通り側にも一本裏の通りにも店の入り口がある。

DSC02920.JPG

駐車場からは裏口が近かったので、そちらから入った。
この画は明治通り側。

店に入って驚いた。
席のほぼ全てがうまっていた。
4人のスタッフさんも忙しそうに、きびきびと動いている。
先月開店で、すでに人気店なんだな。。

予め、あっさりの鶏そばと濃厚魚介そばとつけ麺があると
予習していた。

券売機で、

DSC02909.JPG

ちょっと迷って、濃厚魚介そばを購入した。

席について3つに分かれたカウンター席を数えると、21席。
女子客も多いし、期待も高まる。


卓上はだいだい、胡椒、塩、一味。

DSC02917.JPG

だいだい酢はつけ麺の麺にかけて楽しむらしい。。

いろいろ説明書き。

DSC02910.JPG

新しいメニューも提案し続けるとのこと。
メール会員になっておいた。

8分後到着。

DSC02911.JPG
DSC02916.JPG

うほほ、濃厚だね。
どれ、動画でも。。。



スープは確かに濃厚なれど、しつこくない。
鶏の方が割合は多い味わい。
食べ慣れたジャンルだけど、
新鮮にも思えて、かなりおいしい。


麺は中ストレート。

DSC02914.JPG

ざくっと噛み切れ、
徐々に心地いい食感を感ずる。
いい麺であるね〜

メンマがぶっとい。

DSC02912.JPG

しゃくっといい食感で、
これはいい。

チャーシューは炙られている。

DSC02913.JPG

大きくて、肉の食感がなかなかいいけど、
炙り香よりも切り置きの香りが気になった。


糸唐辛子の香りも合ってるし、
満足して完食。


幸い隣人の鶏そば、つけ麺の香りも少し漂ってきたので、
どんな味わいか少し想像できた。

つけ麺のスープは、この濃厚魚介の味濃い版だと思われる。
だいだい酢も味わってみたし、
やはりつけ麺がおいしそう。


裏口から入ったので、表口から出てみた。

DSC02918.JPG

どういたしまして。

新作楽しみにしています。




お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。 

実食感想

実食メニュー:濃厚魚介そば780円
スープの種類:濃厚魚介
麺の種類:中ストレート
具:チャーシュー、ねぎ、メンマ、糸唐辛子

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★☆
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★☆
総合評価:★★★★☆
ひとこと:サイドのご飯ものが両方気になります。


posted by ぼぶ at 13:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも、いつも、ぼぶさんのラーメンの旅には感心させられます。素晴らしい、エネルギーですね。僕はラーメンが大スキなのですが、2つ問題が邪魔をします。一つは縦横無尽の行動力僕にはありません、それと毎日食べることで、体重の制御がいかなくなる恐怖です。
ぼぶさんはいつも、さらりとラーメンを食されていますが、体重は気にならないのでしょうか?不思議でなりません。よろしければ、少し、お話をしてください。プライベートなことなので、迷惑でしたら、無視してくださいね。これからもがんばってください。
いつもありがとうございます。
Posted by はじめまして。ヤマトといいます。 at 2011年05月12日 23:04
☆ヤマトさん

はじめまして。
いつも大変ありがとうございます。

ときどきそのような質問をいただくのですが、私の健康にまでお気遣いいただき、ありがとうございます。

私は健康産業に従事していますので、体調管理も仕事の一つです。
体重も20年以上変わっていません。

ラーメン=太る食べ物ではありません。
http://bob3.seesaa.net/article/7519816.htmlに私の持論を書いていますのでご一読いただければ幸いです。

食べ過ぎはいけませんが、要はバランスと食べてから「あー、おいしかった!」と思い込むことです。

これからもよろしくお願いいたします。
Posted by ぼぶ at 2011年05月13日 08:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック