2011年08月26日

【閉店→鶏王けいすけにリニューアル】【267/'11】極辛BLACK つけ麺七代目けいすけ@秋葉原(つけ麺並盛)

訪問日時:2011/08/26 11:15

本日オープン。
けいすけ系列ももう七代目か。
並ぶだろうな〜と思いながらも来てしまった。

DSC04161.JPG

さすがにすごい花の数。
各ラーメン店さんも新店のたびに出し合いで大変だね。

10人くらいか、たいしたことないかな、と並んだら、

「最後尾はlこちらです・・・」

と向かい側の高架下に3人並んでいる2番目の列に案内された。
ま、いっか。

回転が悪いな、と感じたけど、
30分くらいで店内だから、まあそれほどでもないかな。

DSC04163.JPGDSC04164.JPG

券売機でつけ麺並盛をチョイス。
北島さんの試食会レポートによると、
辛さは、3辛でかなりのレベルということだったので、
1辛でお願いした。

今日は竹田総帥もお出ましだね。
きれいなロン毛。。。

店内は厨房を囲む形でコの字型カウンター18席。
2番の席に座った。

ティッシュは天井から。

DSC04168.JPG

箱をそのままくっつける店はたまにあるけど、
最初からこういう風に作るのはなんというか、すごい。

水はセルフだけど、
グラスを取って、回転寿司にあるような蛇口から注ぐ方式。
ラーメン店では初めて見た。

まず最初に無料サービスのライスが出される。

DSC04165.JPG

卓上にはきゅうりのキューちゃん、塩、マヨネーズ、くろず、カリカリ薬味。

あと、ゆで卵もサービス。
ってことで、ぱっくり剥いて塩でいただく。

DSC04166.JPG

正面には例によって、漫画の説明。

DSC04167.JPG

今回はコンセプトがわかりにくいので、これは助かる。
何でも脱チャーシューなんだそうだね。

つけ麺は11分後到着した。

DSC04169.JPG

またまた冷めにくい器で登場。
スープの器の底には焼いた鉄が入っている。
四代目と一緒だね。

麺は太やや縮れ。

DSC04170.JPG

コシッとした弾力があり、風味もまずまず。

具だくさんもコンセプトの一つみたい。
スープはキャベツ、もやし、玉ねぎを炒めて、
スープを注いで仕上げていた。
そこに鰈の竜田揚げ、メンマ、ねぎ。

最後にこれも特徴的な黒い香味油。
これは、花椒と唐辛子で作ったそうだけど、
これがかなり香りを支配する。
そして、辛さと痺れもかなりのもの。

スープのベースは豚骨の味噌味。

麺を浸していただくと、
柔らかい味噌味のスープというファーストアタックなれど、
やはり香味油がかなりインパクトある。

辛さと痺れはそれほどでもないので、
辛党は最低3辛でいってみてちょーだい(^^;

カリカリ薬味はニンニク、ねぎなどを揚げたもの。
香ばしくていい感じ。

スープの塩味がやや薄いので、
麺は底から思い切り具と共にすくっていただいたけど、
具が豊富なので、あきることはなかった。

っていうか、スープを吸った鰈の竜田揚げが
ライスにとっても合う。
サイドメニューに白身魚の唐揚げ丼があってもいい!

麺がなくなったら、スープをライスにかけてさらさら。

残ったスープはジャスミン茶割り。

DSC04172.JPG

へ?ジャスミン茶?
まあ、でもこれが違和感ない。
割り用のスープをとるよりは安くすむかもね。


完食して、竹田さんに握手をしてもらって、
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:つけ麺780円
スープの種類:豚骨味噌
麺の種類:太やや縮れ
具:キャベツ、もやし、玉ねぎ、鰈の竜田揚げ、メンマ、ねぎ

スープの余韻:★★★★☆
麺の評価:★★★★☆
チャーシュー評価:−
メンマ評価:★★★★☆
再訪問希望度:★★★★☆
総合評価:★★★★☆
ひとこと:私にはコンセプトがわかりにくかったです。香味油が全てなのかな。。

posted by ぼぶ at 13:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします