2006年09月21日

【閉店】【202/'06】おくど@新宿御苑前(担々つけ麺)

訪問日時:2006/9/21 12:45


ひるがおのあとやってきた。

限定のつけめん、量が少なかったし。。


こちらは確か宮崎ラーメンのお店。

宮崎ラーメンはあっさり豚骨というイメージ。

ここのコンセプトも、あっさりしっかり、だそうだから、

やはりそれが特徴なのかな。


店に入って、今日は担々つけ麺を注文。


ところで、おくどとは昔の農家などの土間にあった

かまどのことだよね。

お釜や大きな鍋置いて火にかける、かまど。

各家々で大事にしていたものなので、

地方によっては「おくどさん」とさん付けするところもあった。

京都では「おくどはん」。。。


そのおくどが厨房の一番手前にある。

さすがに薪ではないだろうが、

大きなかまが2台、ふたをされて置かれている。


寸胴ではなく、これでスープを取っているようだ。

存在感はあるが、

もう少し客から見えたらいいのに、と思った。


ややあって、到着。


 NEC_0987.JPG


スープのビジュアルは

ぶちうま@四谷に似ている。

ゴマペーストの香りはしない。

それほど辛くもない。

酸味がほんのちょっときいていて、甘味はない。


ベースのスープがこのメニューにちょうどいい度合いに思える

ラー油の香りが大岡山の四川屋台に似ている。

独特で香り高く、いい感じ。


ただ、挽き肉がスープの底に沈んで存在感がないし、

青菜もないので寂しい感じ。


麺は中のやや縮れたもの。

凡庸な麺だが、つるつると食べやすい。

ひるがおの限定は極太でつるつる吸えなかったし、

なんか心地よく、一気に食べてしまった。


全体的に担々麺というカテゴリーではなく、

とゴマ辛つけ麺と言った風情。

でも、これおいしいです。

ライスも頼めばよかった

暖かい担々麺もトライしてみたくなった。




お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

実食メニュー:担々つけ麺700円

スープの種類:豚骨ベース

麺の種類:中やや縮れ

具:スープに挽き肉、ねぎ


スープの余韻:★★★★☆

麺の評価:★★★★☆

チャーシュー評価:−

メンマ評価:−

再訪問希望度:★★★★☆

総合評価:★★★★☆

ひとこと:量的に物足りないと思います。殿方は大盛りにした方がいいでしょうね。

posted by ぼぶ at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック