2012年03月05日

らーめん えにし@戸越銀座(鼈と兎のらーめん 76/'12)

訪問日時:2012/03/05 11:30

さあ、意欲もあらたかに宿題店を潰していくぞ、
と思っていたら、えにしのメルマガが来て、
考えが変わってしまった。

今日の定休日お楽しみ営業は
鼈と兎のらーめん。
予告はされていて、ちょっぴり興味はあったけど、
そのメルマガで

「総じて今日は食べた方がよろしいかと・・」

なんて書いてあるもんだから、、、
足が向かってしまった。
こんなんだから宿題が減らないんだよ〜
先生に怒られる。。

店に着くと一番乗り。
すぐあとからnaonaoちゃん。
会えると思ってましたよん。

「鼈の甲羅がなくなるまで煮込みました」

と、角田店主。
そりゃー楽しみだ!

そんなこんな、
あーだこーだで到着。



うーむ、シンプル。
えにしの限定にしてはシンプルだよね。

しかしてそのスープは、、、



あ〜〜〜〜


ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!


スッポン大好き人間として、
このスープは最高のラーメンスープだ。

兎は優しく、鼈は強めに炊き込んだ、
ということで、鼈の重厚な旨みがズドンと来る。

鶏に近い兎の存在は言われてみればわかるかな、って感じ。(^^;
その他は香味野菜、干し椎茸、少量の花かつおだそうだ。

麺は特製のもの。



しこっとした食感がとってもいい!
スープにもばっちり合ってすっげーおいしい!

油分は加えてないそうで、
あっさりしていていいね。

具はねぎ、クコの実、松の実と
驚きの燕の巣。



透明だし、少しなので、言われなければ気づかなかったかも。
味はないけど、特別感があってうれしい。

今日だけメニューのほたての炊き込みごはん。



刺身用のほたてを贅沢に使っている。
ごろごろ入っていて、これまたうまし。

兎鼈スープを後追いで口に放り込めば
ベストマッチなおいしさ。

すごいな、、、
さすがだな、、、

もちろんもったいないので、スープまで完食。
おいしかったー。
きて良かった!

鼈に兎に燕の巣。
元気になりそう。
今夜は誰とすごそうかな。。( ̄∀ ̄)

あ、そう言えばレンゲが木製のものに変わっている。



なんていうか、このレンゲ好き。
口あたりが非常にソフトで厚みがちょうどいい。

2009年に器を変更したとき
レンゲはそのまま使っていたのだけど、
新しい器にそのレンゲはなんとなく合わないな、と感じていた。
ひっかける部分が器の形状に合ってなかったんだよね。
でも、これはかなりいいと思うです。
焼き印もかっこいい。

また個性的な限定を楽しみにしています。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:鼈と兎のらーめん1000円、ほたての炊き込みごはん300円
スープの種類:鼈兎
麺の種類:細ストレート
具:ねぎ、クコの実、松の実、燕の巣

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:まだまだ引き出しがありそうです。えにしが近くてほんとによかった。

posted by ぼぶ at 14:50 | Comment(5) | TrackBack(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぼぶさん、お久しぶりです。

実は、先ほど挨拶しそびれました。(^^;)

途中で気がついたのですが、最近髪を切ったら認識されない事が増えて...、躊躇してしまいました。失礼しました。

旨かったっすね。

またご一緒できれば、嬉しいです。
Posted by akakage at 2012年03月05日 17:13
素晴らしいラーメンですねぇ

行けなかったけど、ブログ拝見して悔いなし
Posted by たにぐちごろう at 2012年03月05日 23:15
☆akakageさん

こちらこそ失礼しました。
?と思っていました。
akakageさんでしたね。

ほんとおいしかったですね。

☆Goron_Tさん(^^;

ラーメンの可能性は果てしないですね。
おいしかったです。
Posted by ぼぶ at 2012年03月06日 08:56
〉Goron_Tさん
そ、その名前は(^^;

山手線の中でひっくり返りそうでした。

その頃を語り合いたいです

内容と関係なくてスミマセン
Posted by たにぐちごろう at 2012年03月06日 21:40
☆たにぐちごろうさん

(^^;
私にはその方がしっくりくるのです。。
すみまっせん!
Posted by ぼぶ at 2012年03月07日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック