2013年01月21日

らー麺土俵 鶴嶺峰@京急鶴見(鶴嶺峰らー麺幕内 17/'13)

訪問日時:2013/01/21 12:30

昨年11月28日にオープン以来、
じわじわと人気が高まってきた、らー麺土俵 鶴嶺峰。
先人達の評判もすこぶる良い。

こうじグループからの独立ということでよろしいか。



本場所中=営業中。



準備中はなんと書いてあるのかな?
稽古中か?(^^;

到着すると、4人が待っていた。
最初に券売機でものを買ってから待つシステム。
はけが悪い中、寒い中、15分ほど待って中へ。。



購入したのは鶴嶺峰らー麺 幕内。
それと、チャンコ御飯。

もち巾着とか気になるな。。
でも、御飯もの頼んじゃったし、また今度。。。

店名の鶴嶺峰とは元お相撲さんの店主のしこ名なのね。



ふむふむ。

店内はカウンター8席だったかな?
卓上にはいろいろ説明を書いた冊子がある。







こういう親切さはいいね。
わかりやすいし、次はこれをいただいてみようかな、
って気になるよね。

和みらー麺、超激気になるじゃんか。


店主さん、ガタイがいい、っていうかデカイ!
さすが元力士。

神勝軒にいたらしいことはわかっているけど、
背中には景勝軒と書かれたTシャツを着ているな。
まあ、同じグループだし。

BGMは相撲甚句なのね。
とっても雰囲気があって、ナイスなアイデア。
はー、ドスコ−イ、ドスコイ!

座ってから3分後くらいに到着。



なんつーか、相撲っぽいっつーか。
いかにも、な器を選んだな。。



具は鶏つくね、豚バラしゃぶしゃぶ肉、ねぎ、ほうれん草。
「眠りチャーシュー」と呼ばれる、1週間熟成のチャーシューは付いてないのね。。。

スープは粘度のある濃厚な豚骨魚介なんだけど、



これがバカうま!
ありふれた感じは一切なく、
かえって新鮮ささえ憶えた。

中太麺に食らいつく。



うはー、うまいな〜〜〜!
スープと麺、一切の妥協がない感じ。
すばらしい一杯に仕上がっている。

つくねは軟骨入りで、チャンコ鍋に入っていそう。



この手のラーメンに鶏つくねは珍しいけど、
私には大歓迎。

向こう側の麩もスープをすって極うま!

豚バラしゃぶ肉もいいね!



つくねとこいつのおかげで
チャーシューがないことへの不満がなくなった。

チャンコ御飯



先に言う。
これはすばらしいサイドメニューだ。

女将さんが、

「チャンコのスープで炊き込んだんです」

と言っていたが、なんとおいしい。。。
井筒部屋のチャンコはさぞかしおいしいんだろうなあ。

中身は鶏つくねの他には、豚バラ肉、ゴボウ、こんにゃく、人参、里芋など。



これ、母親の作る炊き込み御飯によく似ている。
ソウルフード的な味わいにほのぼのしてしまう。

すごく量があるけど、がつがつ食べてしまった。
吉野家の並くらいはありそうだ。


あー、おいしかった。
お腹はちきれそう。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:鶴嶺峰らー麺幕内700円、チャンコ御飯250円
スープの種類:濃厚豚骨魚介
麺の種類:中太やや縮れ
具:豚バラ肉、鶏つくね、ねぎ、ほうれん草

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:和みらー麺が気になります。





関連ランキング:つけ麺 | 京急鶴見駅鶴見駅国道駅

posted by ぼぶ at 15:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ブログいつも拝見させて頂いております。
ちなみに和みらーめんの販売は開始したのですかね。
Posted by マコト at 2013年01月21日 23:58
☆マコトさん

いつもありがとうございます。
感謝します。

和みらー麺は販売開始しました。
Posted by ぼぶ at 2013年01月22日 08:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします