2007年01月16日

【12/'07】らーめん旭屋@蒲田(正油らーめん)

訪問日時:20071/16 12:30
 
「しんか」にふられ、さまよった。。
 
「呉屋」は行列でスルー。
「潤」も満杯でスルー。
 
「元気の源」「焦がしねぎ」に行くもその気にならず。。。
道楽も待ちがあり、即スルー。
 
よっぽど「和鉄」に行こうかと思ったが、
なんかな〜、と思いスルー。
 
迷った挙げ句に西口に場所を変え、
旭屋へたどり着いた。
 
2002年に訪れて、出身の山頭火よりもおいしい、
と思ったものだ。
 
期待に胸が高鳴るが、
店をあけると店員無言・・・
こちらも見ようとしない。
 
「え?」
 
とか思った。
テンション10%ダウン。
 
店内は混んでいて、私でちょうど満席。
 
正油らーめんとチャーシューご飯を買って席に着く。
 
カウンターと厨房との間にはついたてがあって、
作業している手元が見えない。
こういうのって、つまらない。
 
それにしても店内暗い。
天上を見ると電球がいくつかはずしてある。
 
5分でチャ−シューご飯到着。
 
 200701161237000.jpg
 
これはうまい。
甘辛のタレがチャーシューほぐしによくしみている。
 
しかし、ここからが長かった。
さらに12分かかって到着。
7分を過ぎたころからテンションは 10%/min でダウンし続けた。
なので今は合計60%」ダウン。
 
スープをすすって驚いた。
 
・・・・・・・・・・・
 
表面の脂、痛んでるんじゃ?
思わず
 
「うわ!」
 
とか口走っちゃった。 
 
脂の下のスープは普通だったが、
さらにテンション20%ダウン。
 
麺がちょっと変わってる。
もそもそした細縮れ麺。
旭川でこういうのはは初めてだな。
 
チャーシューはうまかったが、
ここまでテンションが下がってるので、
元気がなくなってきた。
 
案の定帰りも無言。
 
帰り道すがら、
胃からリバースしてきた空気に気分が悪くなった。
 
滅多にしない胸焼けを経験しながら書いている次第。
 

お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

 

実食メニュー:正油らーめん650円、チャーシューご飯250円
スープの種類:豚骨魚介と書いてあった
麺の種類:中細縮れ麺
具:チャーシュー、ねぎ、メンマ、なると、のり


スープの余韻:★★☆☆☆
麺の評価:★☆☆☆☆
チャーシュー評価:★★★★☆
メンマ評価:★☆☆☆☆
再訪問希望度:☆☆☆☆☆
総合評価:★☆☆☆☆
ひとこと:隣の人も遅くて怒ってる風でした。なんで人気があるのかわかりません。


posted by ぼぶ at 13:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「しんか」に向かったんですね。

オレッチがしっかり火曜日定休って書いておけば良かった・・・。
年末Tkzさんに「データ載せろ」ってご指導いただいたのに、いまだにやってない・・・。
ぼぶさんを見習って近々からスタートします!?
Posted by しらけん at 2007年01月16日 15:34
☆しらけんさん

いやいや。
食べ歩いてればしょっちゅうですから。。
何も調べないで行ってしまうこともあるんですよね、たまに。。。
Posted by ぼぶ at 2007年01月17日 09:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック