2013年02月23日

麺や 勝治@関内(醤油らーめん 54/'13)

訪問日時:2013/02.23 11:26

東戸塚にある「鉄板焼 勝治」が、
なんと がんこ からラーメンの教えを受けて開業したとのこと。

2月18日にオープンしたて。

関内駅から海側へと向かうと、
看板があった。



路地に入っていくと、店はあった。



Kが基調のシックな店構えが気に入った。
中に入ると、きれいなL字型カウンターに10席くらい。

券売機で、



塩と醤油、夜にはまぜそばもある。
アレンジの青唐辛子痛麺、ゆずらーめんがあり、
シンプルながら魅力的な構成に思う。

ランチは日替わりご飯がサービス。
今日は磯ワカメご飯。

デフォルトはこってりだけど、
あっさりもできると書いてある。

ちょっと迷って、醤油らーめん(並)と焼きおにぎりを購入。

席に着くと、日替わりご飯いかがですか、
と聞かれたけど、丁重にお断り。
焼きおにぎりの方が魅力的だし。

いろいろ貼り紙。



青唐辛子痛麺、なんか気になるじゃん。。

調味料は胡椒のみ。

7分後到着。



器もシンプルなデザインでいい。



ふーむ。
第一印象は貝割れ(^^;

スープはきれいなやつ。



!!!

うんまい!
これはうまい!

一部ではがんこ譲りのしょっぱさ、
と言われていたけど、全然そんなことはないぞ。

近江牛骨と岡山県吉備鶏のダブルスープとのことだけど、
牛の香り、鶏のまろみ、というか、、、
上質なネギ油も香りもよく、これはいいスープ。

麺はやや縮れた中細。



スープを飲んだ時点でおいしいことはわk




ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!





なんというバランスか。
もしゃっとした麺がとてもいいバランスで合っている。
牛の香りは余韻が長くていいなー。
これはうまい!

チャーシューはバラ肉ロール。



ずいぶんと薄いな。。
でも、味は薄味でおいしい。

メンマは穂先が2本。



貝割れも合うし、それぞれの具はいちいち抜群のマッチングをみせる。
でもなんか具がいらないと思うほど、
すぐに麺が恋しくなってくる。

そして、焼きおにぎりがきた。



その都度きちんと焼いている。
薄く醤油味がついているので香ばしくていいね。

やなりドボンだね。



ちょっとご飯が柔らかいのだけど最高!

三つ葉が絶対合うと思う。
おにぎりに乗せて出したらいいのにな、と思った。

そして、スープ完食。



牛骨に青唐辛子の模様。
これが2大売りということか。


焼きおにぎりもおいしかったけど、
こんなにおいしいならば、塩でお代わりした方がよかったな。。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:醤油らーめん(並)700円、焼きおにぎり150円
スープの種類:牛鶏あっさりじんわり
麺の種類:中細やや縮れ
具:チャーシュー、穂先メンマ、ねぎ、貝割れ、のり

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★☆
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:塩もまぜそばも食べに来ます。




関連ランキング:ラーメン | 関内駅馬車道駅日本大通り駅

posted by ぼぶ at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック