2013年04月09日

【閉店】ローリング蕎麦ット@渋谷(魚介豚骨つけそば 98/'13)

訪問日時:2013/04/09 11:14

武藤敬司監修?のお店ができたとな。



彼の化身、グレート・ムタの化粧デザインをした、
JIROさんと言う方が店内の絵や、看板をデザインしたらしい。

オーナーがプロレス大好きだそうな。


実は昨日フラれていた。
情報によると無休だったけど、
月曜休みかも。

今日はめでたく、蕎麦ット中(^^;



店に入るとツッコミどころ満載。

まずはにぎやかな券売機。
スパイダーマン、キャプテンアメリカ、アイアンマン、、、
プロレス一辺倒、ってわけではないみたいね。



魚介豚骨つけそば、ゆず塩つけそば、まぜそばとあり、
全部入りのネーミングが、ラリアット、ジャーマン、
毒霧まぜソバット、と面白い。

ラリアット痛いし、ジャーマンくらったら死にそうだし、
毒霧はかれちゃたまらん、
ってことで魚介豚骨つけそばを購入。

入り口近くの席に陣取り、店内観察。

座った席の上。



武藤敬司公認、ということだ。

厨房とカウンター席の仕切りはリングロープ(^^;



ミッキーも好きなのかい!

正面の壁。



バットマンもいる。

ディスプレイのような時計はちゃんと動いていた。
その左のポスターをズームアップすると、



ということだ。


お冷やの容器がきれい。



調味料は胡椒、一味唐辛子。

で、7分後に到着。



麺は蕎麦粉入り、というわけでなく、
まんま蕎麦。



かなりの太麺。



陶器の器がハート型、斜め切り型と個性的だね。



では、その蕎麦をまずは一口。



しっかりした食感で蕎麦の香りがいい。
十割りかな・・・

そして、スープに浸して、、、



ほー。
豚骨魚介スープに蕎麦もけっこういいもんだ。

やや甘め、ほんの少しの酸味がバランスいい。

中華麺でなく、蕎麦を食していることに
少し違和感はあるけど、すぐに慣れた。

チャーシューはかなり厚めに切られている。
固めの食感。

スープ中にも麺の上にも盛られた、
笹打ちねぎがいい効果だと思う。
ねぎ好きな人はねぎ増ししてもいいかもね。

スープ割りをお願いすると、
スープでなく、まさしく蕎麦を茹でた蕎麦湯を注いでいた。



これがなんというか、
不思議においしいから不思議(^^;

きれいに飲み干して店をあとにした。
面白いコンセプトだ。
柚子つけそば、まぜそばはどんなだろうな。。。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:魚介豚骨つけそば750円
スープの種類:豚骨魚介
麺の種類:太平蕎麦
具:スープにねぎ
  麺にチャーシュー、ねぎ

スープの余韻:★★★★☆
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★☆
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★☆
総合評価:★★★★☆
ひとこと:蕎麦との取り合わせは可能性がもっとありそうですね。





関連ランキング:つけ麺 | 神泉駅渋谷駅

posted by ぼぶ at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします