2013年04月24日

らーめん えにし@戸越銀座(わかめとたけのこの和えそば〜ギバネーゼソース〜 117/'13)

訪問日時:2013/04/24 11:15

えにしでまたまた復興支援の限定が出ている。

311復興支援ラーメン第9弾
わかめとたけのこの和えそば〜ギバネーゼソース〜

角田店主曰く、

「今年は「和えそば」です。ちょっと柔めの麺に、わかめ、ショウガオイル、塩ダレを和えます。
お肉とたけのこ、温玉なんかをのっけまして、「ギバネーゼ」
※ジェノベーゼを意識した(笑)、
ギバサ(秋田名産の海藻)、大葉、ナッツ、などでつくったソースを混ぜながお召し上がりください。
ひまわりの種(思いだすね、南三陸町のひまわり)や長コショウ(石垣島特産のシナモンぽい香り、
戸越銀座で買えますよ)なと脇役もいい感じ♪」

ということだ。

店に着くと、角田さんが階段に座って作業中。

またこれにも参加するのね。



年に2回ほどやる戸越銀座商店街のイベント。
3500円でチケットを買えば、参加店の5軒をはしごできる。

えにしでは飲み物少しと小さいラーメンで参加。
私はあまりハシゴ酒をする方ではないので、
あまり興味ないけどね。。

では、これをいただきましょう。





添えられているのは石垣島の胡椒、
ピパーツ!



なんだかわからんが、あとで使ってみるか。



いかにもえにしらしい和えそばだ。

麺は20日からよもぎを練り込んで使用している。



つるつるした優しい麺だ。
中太平打ちだね。

下の方には塩ダレが沈む。



まぜまぜしていただきます。

見た目通りの穏やかな味。
ギバサのソースが胆になっている気がする。



わかめとタケノコという黄金の取り合わせは
やはりいいね。



厚めに切られたタケノコの食感が楽しい。

ずばずばたべ進み、
ピパーツ、ふりっ。



なんでも、胡椒(ペッパー)の語源とも言われているそうな。
石垣島の名産だそうな。

ちょっと変わった香りだね。
うまく説明できないけど、
いいんでないかい。

全体的に味が薄いので、
おいしいチャーシューがかなり存在感ある。



麺量も結構あり、満腹になったのと、
ライス割りは合わないと思ったので、
ご飯はやめておいた。

こんな独創的なメニュー、
えにしでなくてはいただけない。
貴重な一杯だった。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:311復興支援ラーメン第9弾わかめとたけのこの和えそば〜ギバネーゼソース〜1000円
スープの種類:−
麺の種類:中太平ストレート(ヨモギ入り)
具:チャーシュー、わかめ、たけのこ、温玉、ギバサ、
  大葉、ナッツ、などでつくったソース

スープの余韻:−
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★☆
ひとこと:味がもう少し濃くてもいいかな、と思いました。

posted by ぼぶ at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック