2013年07月22日

麺屋 壱〇壱@明大前(鶏白湯フォンデュ 218/'13)

訪問日時:2013/07/22 12:14

明大前の中田兄弟の跡地に
新たな店ができたとさ。



店名の「まる」はOSによっては正しく表示されないので困る。
まるが小さかったり、○が抜けて「麺屋 壱壱」のようになったりもする。

なので私は〇(ShiftJIS 815A)を使ってみた。


さて、お昼過ぎなので明大生で店は満席。
ちょっと待って入店。



鶏白湯醤油にしよう、と思っていたけど、
「絶品」という」ワードに惹かれ、
鶏白湯フォンデュを購入。

それにしても塩と醤油のボタンには
(細麺)と書いてあるのに
フォンデュには(絶品)。
ここは太麺とか書くとこでしょ。。。

店内は中田兄弟の居抜き。
カウンター席9席。

調味料は胡椒、おろしにんにく、魚粉。



商品未着の先客3名で6分後到着。



普通の塩と醤油は
色の濃い器に細麺が沈んでいたけど、
これは白の玉丼に中太平麺。



具はほぐし鶏肉、レタス、ねぎ、ミニトマト、味玉、糸唐辛子。

スープはややライトな鶏白湯塩味。



鶏鍋のあとのスープに味をつけたような感じ。

どこがフォンデュ?
と思ったら、麺とほぐし鶏の間にとろけるチーズがあった。
それがとけて徐々にとろとろになってくる仕掛け。

麺は中太やや平。



もっちり感が心地いい。
スープのまとわり具合もちょうど。

鶏白湯塩味のラーメンとして、
そつなく作り込んだイメージ・・・かな。

ほぐし鶏は味なし。



スープに浸って味はするけど。。

ちょっと湯通ししたレタスは面白い。
このラーメンには合っていると思う。

味玉は一個入っている。



これはかなりおいしかった。

それにしてもチーズの存在をあまり感じない。
チーズの絶対量が少なすぎる。
これではフォンデュでなく、
単なるチーズトッピングだ。


まあ、無言で食べ進み、
残り少なくなった頃、学生がぞろぞろと入ってきた。

店長と思しき方が、私の残り具合を見て、

「もうすぐ空きますから!」


え。
耳を疑った。。。

感じ悪っ!

と思った。

営業時間とか聞こうと思ったけど、
すぐに席を立ってあげた。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:鶏白湯フォンデュ1000円
スープの種類:鶏白湯
麺の種類:中太やや平
具:チャーシュー、メンマ、ねぎ、のり、

スープの余韻:★★★★☆
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★☆☆
総合評価:★★★★☆
ひとこと:学生さんたちには好評のようでした。


posted by ぼぶ at 14:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地元です。
私も接客には要改善と感じました。
Posted by szrndr at 2014年01月27日 21:02
☆szrndrさん

相変わらずですか。
それは何とかしてほしいところですね。
味を変えるより簡単ですからね。
Posted by ぼぶ at 2014年01月28日 08:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック