2013年07月26日

麺処 びぎ屋@学芸大学(海苔三昧冷やしつけ麺 222/'13)

訪問日時:2013/07/26 11:30

先日びぎ屋に行って面割れしてしまって以来、
張廖さんの作るものが余計気になってきた。

冷やしも始まると教えてもらったけど、
第一弾の冷やし煮干しは取り逃がしたので、
第二弾のこいつは是非とも、ということで。



シャッターPPで限定チケットゲット。

さーて、どんなんか楽しみだ。

びぎ屋さんは超激混まないのがいい。
左右の店も軒を連ねているし、
長蛇の行列は店側にとっても痛し痒しだろうし。

でも、どっしりした人気は来る度にわかる。
のれんが出た以後はいろいろな年代の方がどんどん入ってくる。

5分後到着。



スープには出汁氷が。
そして、ラー油が浮かんでいる。



麺はこの為に特注した平打ち麺。



ん?
全粒粉入りだね!



そのまま口に入れると、
ぱーーっと小麦の香りが広がる。
そしてむっちりとした食感。

これはいい麺だぞ。。





うわ。





ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!






ピリ辛で和風にシフトした冷たいスープ、
そして生海苔がからんで、
磯の香りあふれるつけ麺だ。

もっと海苔乗せてっと、、



ああ、
しあわせ。。。

麺の食感、磯の香り、ラー油のピリ辛、
全てが合わさって抜群のハーモニーを奏でる。

また、麺にあしらわれた刻み海苔もいい感じ。
生と乾の海苔の融合も面白い、と思った。


鶏もいつものようにおいしいし、



2種のメンマも安心のおいしさ。

昨年の生海苔のあえつけ麺も最高だったけど、
今年はさらにパワーアップした感がある。


最後は暖かいスープで割ってもらおうか
どうしようか迷っているうちにそのまま飲んでしまった。
あーおいしかった。


それにしても、昨今の各方面の冷やしはすごい。
らーめん、つけ麺よりもバリエーションや可能性が豊富にすら思える。
これまではあまり追いかけてこなかった冷やしジャンルも
今年は無視できないものが多く悩ましいところ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:海苔三昧冷やしつけ麺900円
スープの種類:ピリ辛冷やし、鶏主体
麺の種類:中太平ストレート
具:スープにねぎ
  麺に鶏チャーシュー、穂先メンマ、メンマ、貝割れ、味玉

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:冷やし煮干しを逃したのがくやしいです。

posted by ぼぶ at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック