2014年04月09日

のむところ 大熊三郎酒場@中目黒(油そば 104/'14)

訪問日時:2014/04/08 11:52

中目黒の居酒屋でおいしい油そばがいただけるとの情報。
どれどれ。。。

中目黒駅から線路沿いに祐天寺方面へもどると店はあった。


月曜休みね。


では入ってみようっと。

おお。
外見通りのこぢんまりした店なのね。
ランチはカウンター6席。
夜には小さなテーブル席もあるようだ。


油そば 並を注文した。
ライス割りが合うそうなので、
半ライスも。

やさしそうな若い店主さん?が一人で回している。

この方がチラシに書かれているキッシーさんかしら。


楽しみ。

傍らには味変用の調味料コーナーがある。


ごま、胡椒、酢、粉チーズ、レモン果汁、乾燥バジル、ラー油、タバスコ、カレー粉。
豊富でうれしい。

7分後到着。


かわいい器でやってきた。


うむ。
独創的なビジュアルできれいだ。

具は豚角煮、メンマ、フライドガーリック&オニオン、茹でキャベツ、青ねぎ。

底の方にはいい具合の量のタレが沈んでいる。
蕎麦に近いような色合いの麺を引っ張り出す。


うひゃー。




ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!




混ぜる前からおいしい!

まずは、麺がいいね。
ごわごわなファーストアタックだけど、
噛んでいると実に香りがいい。
気に入った!

味のベースは醤油で節系の香りがいい。
どことなく全体的に高田馬場の麺屋みつ井を思い出した。

そして徐々に麺と具とタレが混ざっていくと、
どんどんおいしくなる感じだ。
フライドガーリック&オニオンも脇役として
相当がんばっている。

具の中では豚角煮が絶品。


柔らかくて、香りもよくて、甘みがある。
これはご飯を欲する。

メンマも抜かりない。

https://lh3.googleusercontent.com/-_43vUhqoaiE/U0STii0U__I/AAAAAAAAzZo/WRaLq0PDd1c/w420-h560-no/DSC02926.JPG

メンマにこだわりを見せない専門店も多いけど、
これはかなりおいしい。

さて、後半は味変タイム。

粉チーズ・・・・・好き好きだけど合うと思う。
タバスコ・・・・・チーズとセットでかなり合うと思う。
乾燥バジル・・・・・非常に合う。
胡椒・・・・・非常に合う。
酢・・・・・合う。
ラー油・・・・・合う(ただし、私はタバスコの方が好き)。
レモン果汁・・・・・酢かこれかどっちかにした方がいいと思う。
カレー粉・・・・・合う(ただし、多いと支配されすぎる)。

おろし生姜とおろしニンニクは頼まなかった。
それに到達する前に麺なくなっちゃったし(^^;


いやぁ、楽しい油そばだ。
そして半ライス。


まずは絶品豚角煮で一口。

ふふ。
やはり抜群のおかずだ。。。
ご飯そのものもおいしいし、
残した角煮でご飯を食べ続けたいけど、
意を決して

ドサ


まーぜまぜ〜〜〜 ♪


さらっとした残りタレで、
ご飯が最高の衣をまとったです!

これは

ウマイ!

当然一粒も残さずきれいに完食。
150gという麺量はちょっと物足りなかった。
半ライスをいただいても余裕がある。

って言うか、もっとたくさんガツガツやりたい!
やはり中盛り必須ですな。。


ああ、また食べに来たい。
800円という若干お高めな価格設定も
全く問題ない。

なお、夜にはラーメンが用意されているようだ。
それも超気になる・・・・・


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:800円、半ライス50円
スープの種類:−
麺の種類:太縮れ
具:チャーシュー(豚角煮)、メンマ、フライドガーリック&オニオン、茹でキャベツ、青ねぎ

スープの余韻:−
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:あまりないタイプの油そばでした。夜のラーメンが気になります。

posted by ぼぶ at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック