2015年01月27日

【閉店】新北京@渋谷(ジャージャン麺 26/'15)

訪問日時:2015/01/27 11:45
先日渋谷を歩いていて
見つけたお店が気になったので来てみた。
いつの間にかLA GOROSAというイタリアンが
変わっていた。
今年1月19日に開店したらしい。
北京ジャージャン麺の専門店らしい。
ジャージャン麺と言えば、
中国北部の家庭料理が発祥と聞いているけど
日本上陸
とまで言い切っていることと、
シビカラ
が気になるポイント。
あと、麺と具が別々らしいのも。
早速入店。
カウンター4席、2人卓×4、4人卓×2の構成。
ほぼ居抜きのような風情。
卓上のメニューを拝見。
肉味噌か たまご味噌の2種類の味噌に
それぞれ普通か シビカラか という感じ。
シビカラ肉ジャージャン麺をお願いした。
夜は羊肉のしゃぶしゃぶなど、
一品料理も豊富。
卓上にはラー油、醤油、胡椒、塩。
温かいお茶がポットに入っている。
BGMは福山雅治。
客はゼロだったけど、
結構時間がかかって9分後到着。
ジャージャー麺でこういう提供スタイルは珍しい。
麺が見るからにもちもちの
中太麺というのがいいね。
その通りだった。
小麦の香りがするいい麺だ。
肉味噌。
右側のがシビカラ調味料。
季節の野菜。
きゅうりは季節じゃないよなー。
と言うより、ジャージャー麺にはきゅうり必須だよね。
焼き鳥もも。
焼いてあるようには見えないぞ。
酸辣湯。
では、盛り付けてみよう。
どうせ混ぜるんだから、
このスタイルで提供してもいいんじゃ、
とか言わないの。。
まずは肉味噌の下から麺をすくって、
おお。
肉味噌は甘辛の味付け。
大ぶりのミンチがうれしい。
混ぜちゃいましょう。
ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!
辛さほどほど、花椒の香りと痺れがいい。
ジャージャー麺は好きなジャンルであるけど、
これは上品なタイプ。
好印象。
シビカラな肉味噌なので、
汁なし担々麺のような味わいでもあるけど、
きゅうりが口に入るとジャージャー麺を主張してくる。
鶏肉もおいしいし、
こりゃ楽しい。
また酸辣湯がかなりおいしい。
すっぱ辛くて、とろみがあって。
箸休め的にいただいた。
ライス無料とあるけど、
200gの麺量で、おなか一杯になってしまった。
余裕があれば是非肉味噌ライスを楽しみたいところだ。
おいしかった!
たまご味噌の方も気になるな。
お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。

実食感想

実食メニュー:シビカラ肉味噌ジャージャン麺980円
スープの種類:−
麺の種類:中太
具:肉味噌、きゅうり、もやし、ミニトマト、半熟ゆで卵、蒸し鶏

スープの余韻:−
麺の評価:★★★★★
肉味噌評価:★★★★★
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:ジャージャー麺専門が受け入れられるかわかりませんが、人気店になる要素はあると思います。


新北京
昼総合点★★★★ 4.5

関連ランキング:中華麺(その他) | 神泉駅渋谷駅

posted by ぼぶ at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック