2015年04月09日

焼き鳥バル ジョニーとリー@半蔵門/永田町(鶏そば 105/'15) 焼き鳥バル ジョニーとリー

訪問日時:2015/04/09 11:30

ちょっとなじみのある平河町に
新しい焼き鳥バルができて、
ランチにラーメンやってるらしいじゃん。。。

おお、ここですか。



ジョニーとリーって何かと思ったけど、
ジョニー & リー なのね。
そうか リ はカタカナだったのね。

ん?
この字体、完成され過ぎたロゴ、平河町・・・
って思っていたら、近くのジョニーヌードル、
二子新地のジョニー飯店の系列らしい。

階段を上がっていくと、
なんとおしゃれな。。


この右手が入り口。
ディナーにここで一杯やったら気持ちいいよな。。

店内に入ると、スタイリッシュな空間。
カウンター8席におしゃれなテーブルとか
ソファとか並んでいる。


カウンター席の卓は高い・・
座ると私の胸の位置までくる。
まあ、低いよりは食べやすいけどね。

お品書きが木枠に入っていてきれいだ。
センスを感ずる。


鶏出汁100%の鶏そばと魚介プラスの鶏そばマリン。
それに火拳担々麺と塩彩菜麺と火拳彩菜麺。
5種類か。。
誰か誘えばよかった。。

鶏そばとトリライス小をキュートな女子スタッフにお願いした。

天板はタイル。

https://lh6.googleusercontent.com/gITc7Q0vOYq-1XxlAzxI6C9DX59Rpt485j0WoR14s-Ta=w560-h420-no

こういうの好き。

お箸とレンゲはメイソンジャーに入っている。


メイソンジャーもいろいろ使い道があるものだ。

厨房では鶏肉を備長炭で炙っている。
どうやら、鶏チャーシューを炙っているようだ。
これは楽しみ。

トリライスから到着。


おほ、炭焼きのいい香り。

そして本体到着。


タイルの模様が映しだされて
幾何学的でなんとなくきれいだったり。


味玉付きなのね。
具は鶏チャーシュー2種、メンマ、ねぎ、味玉。

スープは白湯、、、まではいかないかな。
やや乳化したタイプ。


でも、これ

うま!

さらっとしているけど、
充分なコク。
鶏100%の満足感がある。
塩味も尖りがなくて、ちょうどいい。

麺は細ストレート。


ひょー、


ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!



表面の鶏油をまとって、
とってもおいしい!
ざくっとした食感もナイスで、
スープとの相性もばっちり。

鶏チャーシューがやはり抜群。
炙ったもも肉と


炙った胸肉。


もも肉はタレの味がついている。
比較できないほど両方おいしい。
こりゃ、夜も楽しそうだ!

メンマも秀逸。


しゃくしゃくっといい食感。
やはりラーメンにはメンマいるなあ。。

味玉はとろっとタイプ。


大きくてこれも満足のおいしさ。


さて、トリライスいってみよう。


これ、絶対食べた方がいい。
炙った鶏肉とピリ辛の鶏ミンチ。
柔らかいけどしっかりした鶏の食感と
鶏自体の濃い味がたまらん。

ミンチもかなりお気に入り。
担々麺はこれが入るのかな。。

スープをお伴に
がつがつと食べきった。

会計を終えるとクーポン券にもなるチラシをくれた。


ラーメン類は夜もいただけるようだ。
うーむ。
焼き鳥$ラーメン飲み会したい。
だれか〜〜〜〜



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:鶏そば800円、トリライス小150円
スープの種類:ライト鶏白湯
麺の種類:細ストレート
具:鶏チャーシュー2種、メンマ、ねぎ、味玉

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:ジョニーヌードルも行ってみないとですね。


posted by ぼぶ at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック