2016年03月03日

麺や 京水@桜上水(らぁめん 57/'16)

訪問日時:2016/03/03 11:30

この3/1には私の知っている限りで
5店舗の新店がオープンした。
その中でも、今日一番行きやすかった
こちらの店を選んで突入した。


麺恋処一幕→八楼と続いて来た場所。
表にお品書き。


らあめんは

じっくり煮込んだ豚骨スープをベースとした京風ラーメン

と書いてある。

中に入ると左側に
タッチパネル式の券売機。


つけめんは豚骨魚介スープにもちもち太麺、
まぜそばは豚挽肉、ニラ、卵黄、チャーシューを乗せたもの

らぁめん並を購入した。

レイアウトは変わらないコの字型カウンター。
先客1名(後客1名)。

チケットを渡すと、
麺の固さを聞かれた。


つけめんとまぜそばは辛さを聞かれるのね。

また、ランチタイムはライス無料とのことだけど、
連食を目論んでいるので遠慮した。

調味料などは
醤油、酢、胡椒、ラー油、おろしニンニク、一味唐辛子。


きゅうりの漬け物もある。


麺は自家製麺。
入り口脇に製麺機がある。


店主さん、女性二人の構成。

軽快な動きで作り上げ、
6分後到着。


おお、こう来たか。。。


京都背脂、というけど、
これは新福菜館オマージュかな?

ならばと、


こいつぁ、炒飯必須だろう。
まぜそばを店内連食しようと思っていたけど、
炒飯を現金で追加注文してみた。

らあめんの具は
チャーシュー、青ねぎ、もやし、キクラゲ。

スープはどうなのかしらん。


うほほ。
うみゃい!

やや甘めで、濃い醤油味の仕上がり。
豚骨の獣臭はそれほどない。
塩分は強め。

麺は中細ストレート。



ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!


ざくっとした食感はまさに京都。
ややスープの沁みた色合いがいいね。

チャーシューは煮豚タイプ。


普通においしい。

この手のラーメンにキクラゲは珍しいけど、


別にじゃまではない。

もやしのしゃきしゃきもいいアクセント。

ダマ?と思ったら、
麺がトルネード(^^;


ま、ご愛敬と理解しましょう。。。


そして、素敵な器で炒飯到着。


む!
やはり!!


黒い色のやつ〜〜〜!
醤油タレで味付けしていたよ。


しっとりスタイルの炒飯。

ショッパ(◎◎)ウマ〜〜〜!!!

でも、これがまたいいのよ。
濃い味でも全然許せるし、
むしろ、これ好き!


そして完食。
充分ラーメン愛を感じたし、
わかりやすい商品なので、
今度は根付く気もする。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:らぁめん600円、炒飯250円
スープの種類:黒醤油
麺の種類:中細ストレート
具:チャーシュー、青ねぎ、もやし、キクラゲ

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★☆
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★☆
ひとこと:まぜそばがやはり気になります。


posted by ぼぶ at 13:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ステマですか??
Posted by 通りすがり人 at 2016年03月05日 23:06
☆とおりすがり人さん

意味不明です
Posted by ぼぶ at 2016年03月07日 10:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック