2016年03月31日

ふぐだし潮 八代目けいすけ@銀座(ふぐだし潮らーめん 88/'16)

訪問日時:2016/03/31 11:30

1年半以上もの構想を経て、
八代目けいすけが本日オープン。
九代目よりも前に出店が決まっていたけど、
結果的に九代目が先になってしまったそうだ。

東急プラザ銀座の地下二階にあるけど、
今日はグランドオープンで凄い人だった。


今や、一代勢力に発展したね。
本郷の初代の頃からここまでイメージしていたのかな。。
今日は総帥とその奥様もいらしていた。


行列ができていたけど、
しらけん氏と合流し、少し待って入店。

まずは券売機。


ありゃりゃ、醤油はCOMINGSOONとな。
では仕方ない。
ふぐだし潮らーめんとお茶漬けのセットを購入。
あとから揚げも。

店内は意外と狭い。
25席がカウンターとテーブル席で
効率よく配置されている。

卓上のお品書きを激写。


調味料類はこんな。


結果、食べるのに夢中で
どれも試さなかった・・・・(o´_`o)

冷やタンもおしゃれ。


到着。


注ぎ口のついた器は
銀笹で当時かなり話題になったけど、
今やそれほど珍しくないよね。

具はふぐ、穂先メンマ、ねぎ、白菜、大葉、麩、柚子皮。


別皿ですだちとわさび。


それでは、とスープから。


うす濁りのはかない塩味のそれは、
ふぐをとことん感ずるもの。
真河豚の骨などを使っているらしい。

こりゃおいしいぞ。

麺は細ストレート。


白っぽい色合いで、つるつるシコシコと、
文字では表現できるけど、
あっさりスープに絶妙のマッチングを見せる
とってもいい麺だと思う。

細いネギ、千切りの白菜も
麺と共に口に入れると
何とも言えないハーモニー。

大葉の風味もいいねえ。

穂先メンマは醤油風味。


ふぐの身は文句なし。


麺がなくなるころ、お茶漬けをお願いすると、
まず焼き石が来た。


これはありがたい。
お茶漬けにするには やはり熱々がいいものね。


すぐに熱々にリメイク。

セットが登場。


ご飯は炊き込みだね。
柴漬け、ふぐの昆布締め、わさびが付いてきた。

注ぐよ。


さらさら・・

うまい!

炊き込んであるご飯に
ふぐスープがよく合うわ。

昆布締めふぐもいいね。


酒飲みたくなるね。

ふぐのから揚げもかなりおいしかった。


800円と銀座価格。
でも、おいしい(^^;

ささっと食べ終え、店をあとにした。
可愛い女子スタッフに声をかけ、
トッピング定期券をもらった。


溜まる一方で、
あまり使ったことないんだけどね(^^;

銀座の新たなランドマークに登場した当店。
フリーク以外のお客も訪れることでしょう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:ふぐだし潮らーめん1000円
スープの種類:ふぐ出汁塩
麺の種類:細ストレート
具:ふぐ、穂先メンマ、ねぎ、白菜、大葉、麩、柚子皮

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★☆☆
総合評価:★★★★☆
ひとこと:とてもおいしいですが、ふぐは和食屋でちゃんと食べたい派だということを自覚しました。


posted by ぼぶ at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします