2016年06月06日

【閉店】まぜそば専門店 マゼソバン 宇都宮市役所前店@東武宇都宮(揚げ玉ボンバー 166/'16)

訪問日時:2016/06/06 11:15

早朝会議を福島県ですませ、帰京。
の途中に宇都宮の新店に寄ってみる。

宇都宮市役所正門を西にまっすぐ行くと店はあった。


駐車スペースは7台ほど。
私は知らなくて手前の100円/40分パーキングに停めてしまった。。
まあ、いいでしょう。

メニュー名がユニークだし、
商品が多いのが気になったよ。


揚げ玉ボンバー、ツナマヨビーム、牛すきフラッシュ!

往年のヒーロー、日清焼きそばUFOのヤキソバンの
必殺技オマージュではないかいな!
あちらは、ソースビーム、青のりフラッシュ なので、
揚げ玉ボンバーの他はちょっと違うけど、意識したのは確実と思われ。。



どれにしようかなって、
揚げ玉ボンバーに決め打ちなんだけどね。
台湾マゼソバン以外は全部気になるな。。。

ねぎとろ のやつは同じ宇都宮の"麺cafeくるり"でも
いただいたけど、見た目は違うね。

食べ方指南書は異国語で。。


調味料類はタレ、酢、黒胡椒、ラー油、おろしニンニク。


ところで、こちらは居酒屋などを展開する
心屋 系列ということ。


6/1にオープンし、6/20には西川田店がオープンすると言う。。
さすがの資本力か。

また、家系ラーメンもやっているみたい。

4番目で10分後到着。


揚げ玉は小皿で別盛りで麺の上に乗せてある。
具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、刻み海苔、貝割れ、温玉。


ニラタマスープが自動的に付いてくる。


ごま油の香りがしてまあまあいいお味。

麺は太縮れ。


もっちり、いいね。

ではMIX!MIX!!MIX!!!


器が小さいので、混ぜづらいですわ。。。

何とか混ぜていただきます。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


おお、おいしいよ。
和風、というけど、どこが和風はわからないけど、
味わい的には武蔵野風油そば。

ねぎや海苔、もちろん揚げ玉の効果もあってか、
独特の美味しさ。

後半に温玉を徐々に溶いていくと
ばっちりの味わいになった。

チャーシューは混ぜている間に砕けちまった。。


柔らかでナイスなチャーシュー!

メンマは普通。


ラー油、酢を試してみたけど、
まあ想定内の味変。
ブラックペッパーがよく合う。


付属のスープをすすりながら
食べ進めていくと、終盤、追い飯用のタレと具がなくなりそうなのに気づき、
調整しながら麺を食べ終え、追い飯発注。


店員さん達は 追い飯 と書いてあるのに、「ついめし」と言っていて、
間違ってね?
と思って、

おいめしお願いします。

と言ってみた。
ここは注文が入る度、お客の出入りの度に
全員で復唱するのだけど、
私以後は 全員おいめし になっていた(^^;


具を残したとは言ってもやはり味が足りないので、
卓上のタレを足してみたら ちょうどよくなった。

レンゲが小さくて深いので混ぜづらく、
食べにくかったけど、文句はないです。

ねばねばタイフーン、明太クラッシュ、
あたりを気にしながら、店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:揚げ玉ボンバー780円
スープの種類:−
麺の種類:太やや縮れ
具:チャーシュー、メンマ、ねぎ、揚げ玉、刻み海苔、貝割れ、温玉

スープの余韻:−
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★☆
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:まぜそば専門店として、非常に面白いです。


posted by ぼぶ at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします