2016年07月28日

やき鳥 まさ吉@武蔵小山(帆立 南高梅の冷やしそば 216/'16)

訪問日時:2016/07/27 19:00

今年の冷やしが7/13に販売開始されたのは
知っていたけど、なかなか来られなかったよ。
今日突然行けることになって突撃。

児玉さ、ひろさん、新人のりゅうすけさん、こんばんは。



今日のお通しはとろろ芋の非粗おろしとおろしじゃこ。
この色の箸袋は初めてかな?


ぷはー。

ビブなグルマンさんもこんばんは。


いつかこれが☆になると思うよ。

お酒はいろいろ新しい。


では焼き物の前にいろいろと。
黒板メニューは端境期で、
新たなものがなかったけど、その中からトマトの煮浸しは頼んだ。


ポテサラ、厚揚げ焼き、鶏シューマイ。

焼き物もいろいろ。


ささみ梅しそ、ししとう、
皮、砂肝。


ひざ軟骨、つくねタレ
アブラ、つなぎ。

日本酒が普通以上に進むね。


射美>たかちよ>山本 の順に好きだった。
山本はリンゴ酸を生ずる酵母使用だそうで、
爽やかな酸味が特徴的だった。

射美は素晴らしい。
なかなか手に入らないもの。

たかちよはいかにも夏酒。
おいしいですなあ。

うずらを食べて、


麺にいきましょう。

帆立 南高梅の冷やしそば

ああ、今年も始まったまさ吉の冷やし。

ゴロゴロ入った帆立と南高梅が印象的。


あさりもたくさん。


ずずっとね!


この時点で昇天しそう。
何たる貝出汁の味。
海を飲んでるが如く。。。

ずばばばば・・



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これはすごい。
絶品の冷やしだ。
いつもながらこのバランスの良さに惚れ惚れする。

帆立、焼きたて、おいしいで〜〜


あさりも重要なポイント。


帆立に比べれば小さけど、
存在感はバッチリ。


後半は南高梅を崩していくと、
ガラリと味が変わる。
酸味がコクとなって口中を駆け巡る。
すばらしいね。

おいしかった。
スープは当然完食。
明日も来たいな。。。

この限定は7/28までだそうです。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:帆立 南高梅の冷やしそば1200円
スープの種類:あっさり貝出汁
麺の種類:細ストレート
具:帆立、あさり、南高梅、大葉、みょうが

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:最高でした。


posted by ぼぶ at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック