2017年02月26日

麺バカ息子@京急蒲田(特製担々麺 45/'17)

訪問日時:2017/02/25 11:30


麺バカ息子さん。

2007年7月に京急鶴見で始まり、

2011年2月 蒲田に移転。

その後2号店を出したり、いろいろあったけど、

昨年7月に人手不足を理由に一旦閉店。


そして、約7ヶ月の充電期間を経て

同じ蒲田に2017/2/26に3度目の開店。


本日試食にお招きを受けたので、

ありがたくお祝いの品を抱えてかけつけた。

同じ商店街の京急蒲田寄りになる。




この看板が超懐かしい。

鶴見時代のものだ。

置いてある看板もそう。


まだ駆け出しの

ただの麺バカですが、

名を覇したいと奮闘中


もう駆け出しでもないし、

名も覇せてますよ。。


券売機は店の外にある。




今日は膜がかかっていたけど、

撮らせてもらった。


入店するとご夫婦でお出迎えを受けた。

前身はとんかつ屋さん。

きれいに内装をしつらえてある。

カウンター9席のみ。


杜仲茶、変わらず。




挨拶を交わし、祝意を伝え

席につく。


うーむ。

いい雰囲気ですな・・・


お品書き。




だから未熟者ではありませんったら。。。




担々麺、味噌ら〜麺、塩ら〜麺が

新たなメニューとして追加された。

塩は清湯、味噌は白味噌をベースに辛味噌乗せだそうだ。




餃子には水餃子とチーズ焼餃子が、

トッピングにはわんたんが新たに追加となった。




わんたんはトリュフとポルチーニ入り。




あの巨大な海苔は生き残った。




エディブルフワラーとは素敵な。

塩ら〜麺に彩りも兼ねてトッピングされるんだって。


開店3日間サービスされる

水餃子。




優しいお味。

味噌ら〜麺にもトッピングされる辛味噌がいいね。


新たなスタイルの焼餃子。




やはり蒲田なので、羽根つきにしたんだって。

チーズ焼き餃子はチーズのパリパリ羽根になるらしい。

それは魅力的。


麺は担々麺を是非、ということで。




ラー油も芝麻醤も自家製。




きれいだ。


さっそくスープを、




旨!


なにこれ。

一流の中華料理店のそれですぜ。

作るのに苦労しているというラー油の香りが抜群。

ゴマ味もやりすぎでない感じがとてもいい。


富多屋製麺の細ストレート麺をずずる。





ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



担々麺好きとして断言する。

これは美味しい!

あえて細麺(塩ら〜麺と一緒)にしたのがいいね。

バランス良いスープをバランスよく持ち上げてくる。


肉味噌は塩梅良い味付け。

かなり美味しいと思う。


もやしもいい食感だ。


特製にはこれが乗ります、と。




チャーシュー3種とわんたん。

あとは味玉も乗る。


チャーシューはそれぞれ、

バカ旨ですな。

仕込み大変でしょうに。。。


わんたん、ぶっ飛んだ。




トリュフが一気にブワッと広がる。

こりゃ今までお目にかかったことのないわんたんだ。

かなり気に入った。


味玉もナイスな仕上がり。




トロトロ度合いがちょうどいいのよね。



いやー、美味しかった。

この担々麺は新たな看板メニューになりそうだ。

担々つけ麺もやったらいいね。


26日のオープンから3日間は水餃子サービス。




徹さん、悦子さん、

新スタートおめでとうございます。

がんばってください。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




実食感想

実食メニュー:担々麺
スープの種類:担々
麺の種類:細ストレート
具:肉味噌、ねぎ、もやし


スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:また通います。





実食感想

実食メニュー:担々麺
スープの種類:担々
麺の種類:細ストレート
具:肉味噌、ねぎ、もやし

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:また通います。



posted by ぼぶ at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします