2017年08月14日

旬味酒彩 れん@黒磯(和風ラーメン 218/'17)

訪問日時:2017/08/13 18:30

夏休みで栃木滞在中。
夕食は家人からリクエストのあった、
黒磯のれんへ。

いつものようにサッポロビール那須工場製の
エーデルピルス生から。


料理は楽しみな山吹コース。
毎回全然違うんだよね。

箸染
季節の肴三品

湯葉とニラのゴマ油和え、ふぐの唐揚げ、
とろ巻き。

造り
季節の刺身

しまあじ、鯛、とろ。
全部かなり上等もの。

お酒は上喜元から。


ほの甘くていいね。

焼物
イベリコ豚の味噌漬け トマトのピクルス。

豚の甘みを味噌風味で引き出している。
トマトピクルスと一緒に口にすれば、
かなり斬新な味わいにうなる。

煮物
冷鉢 焼茄子 海老、つる菜

茄子の料理は焼き茄子が一番好き。
茄子はもちろんなんだけど、
お出汁がおいしい!

大将が

「最後は飲み干してみて」

と仰るので、仰せの通りにしたら、
幸せが訪れた・・・

コースにはない
百合根饅頭を追加。


ゆり根を裏ごしして、蟹をつつみ、
揚げてから出汁餡をかけてある。
これ、全ての日本人に食べさせたい。

蒼天伝。

宮城の酒も好き。

揚物
鯛の竜田揚げ 揚げ葱 青唐 豆乳味噌ソース。

この豆乳ソースがすばらしい。


豆乳、リンゴ酢、オリーブオイルで作ったマヨネーズ風とか。
たまらん味わいに力が抜ける感じ。

蒸物
ローストビーフ おからのサラダ。

肉、うめー!
ソースは醤油、ラー油、ゴマペーストなどいろいろで
とても複雑。
甘さと風味がチョコレート香にも感じた。

やはりこの大将は天才だ。

〆は和風らーめん。

今日は出汁が濃い!


また会えたね。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


和食の締めとしては最高、

もう1種類の締めは、
胡麻風味に冷汁茶漬け。

これ、宮崎のそれと比べるとまるで別物。
豆乳も使って、独特の風味。


これも至高の味。
今宵も大満足。


しかし、こちらのコースのすごいところは、
いつ行っても同じものが出てこないところ。
その辺の大将の思いを初めて聞いて
なるほどな〜〜〜とうなった。
もっともっと通いたい店だ。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:和風ラーメン(山吹コースの締め)
スープの種類:あっさり鯛出汁
麺の種類:細ストレート
具:海苔、青ねぎ 

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:鯛出汁、確実に進化しています。


posted by ぼぶ at 18:10 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします