2017年12月17日

粗炊中華そば のじじ@宇都宮(粗炊き煮干中華そばSRS醤油 337/'17)

訪問日時:2017/12/16 07:44

北からの帰り道、
宇都宮ICで降り、
前から決めていた朝ラーに。


粗炊中華そば のじじ。
2017/4/26グランドオープン。
順番的には3号店になる。

2013/6/9に宇都宮インターパーク内に1号店
2015/12/11オープン、煮干中華そばのじじR我孫子根戸店、
2017/7/27オープン、煮干中華そばのじじR本所吾妻橋店m
と4店舗まで拡大している。

朝ラーができるのはこちらだけになる。

車を降りると-2度。
寒いのですぐに中に入る。


相変わらずの8ビットの字体が可愛い。

この上部は朝の部とは異なる
昼の部のメニューがあるけど、
マスクされていた。。

粗炊煮干中華そばSRS(醤油)を購入した。
デフォルトでは焼豚が入っていないそうだけど、
まあ、いらないかとそのまま席に着く。


開店当初は鯛の粗炊きスープで
RED SNAPPER & RISING SUNの「RS」だった。
現在は「SRS」。
頭に SARDINE が入り、
真鯛と煮干のWスープになったようだ。

RED SNAPPERは鯛として、
RISING SUNは朝ラーだから?


ボニバタご飯は朝はない。

1番目で3分後到着。


やっぱり、ちっさ!
とか思ってしまう器・・・


おお、混濁してるね。
そして、玉ねぎ、岩のりとシンプル。

そのスープは確かに鯛と煮干。


これはうまい・・・
鮮魚系の鯛の鮮烈な香りと
煮干のエグみがうまく混ざっている。
これは新しい味と言えるのでは。。。

ぎゅっとした細ストレート麺をすする。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


いいねえ。
これは面白い。
煮干の味わいに鯛の香りが後追いしてくる。

みじん玉ねぎと岩のりが
一緒に入ってくると、


またアクセントある味わいになる。

箸を動かすスピードは
衰えることなく具と麺はなくなり、
スープまで迷わず完食。

これは新しい朝ラーの夜明けだ!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


実食感想

実食メニュー:粗炊煮干中華そば650円
スープの種類:鯛、煮干し
麺の種類:細ストレート
具:チャーシュー、メンマ、ねぎ

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:大変気に入りました。



posted by ぼぶ at 08:44 | Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします