2018年09月15日

中華そば 来味 板橋店@板橋区役所前(ラーチャン)

訪問日時:2018/09/14 12:10

生姜醬油、濃厚味噌、背脂煮干し、
カレー、あっさりとある新潟5大ラーメン。
最近は麻婆麺を加える向きもあるようだけど。

このうち首都圏で純粋に新潟発をいただけるのは
生姜醬油、濃厚味噌、背脂煮干しの三つで、
三条のカレー、新潟市のあっさりは
ない・・・よね。

あっさりは一時期、
川崎にインスパイアがあったけど、
すぐになくなっちゃったし。

でも、今度は正真正銘、新潟あっさり、
しかもラーチャンが売りの店が移転してきた!
支店ではなく移転。
こういうのも珍しい。


この場所は零式だったところ。
中に入るとレイアウトが変わらず懐かしい感じ。

券売機を見る。


まだこれだけ。
新潟時代はワンタンメンとかつけ麺、
冷やし中華もあったので、
そのうちリリースされることを期待したい。

いわゆる半チャンラーメンのラーチャンを購入した。
新潟ではラーチャンというのが一般的らしい。

L字型カウンター9席に4人卓☓1。
前はテーブルはなかったな。

厨房は店主さん一人で作業。
ホールは奥様?
厨房スタッフの女子、と3人体制。

最初に見事な手さばきで作られた、
チャーハン到着。


金属のスプーンがありがたい。
レンゲは食べにくいからね。

で、これうまいな〜〜〜!


ラードの香りが見事に活かされている。

これを配膳してから、ラーメンを作りはじめ、
その2分後本体到着。


ねぎがチャーシューの上に乗せられているのは
素のスープをまず味わうべき、ということかな。


では、と味わうと、
煮干しが優しくきいた、あっさりスープ。
熱々で、少し風味が飛んでる気もするけど、
全く意義はなし。

ストレート麺をすする。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


懐かしい味って言うより、
新潟の本物ご当地がいただけるという
感動にも似た味わい。

隣の女子がニコニコしながら、
召し上がっていたのが、
よくわかる。

チャーシューは極上に美味しい。


箸で持てないほど柔らかい。
チャーシューメン、うまかろうなあ。

メンマは細い。


そして美味しい。

ねぎもスープに合うし、
全ての具が全体の味をブーストアップさせる。

そこにチャーハンの香りがまた合うわ。


チャーハンをいただいてこそ、
ラーメンも生きる、そんな感想をもった。

東京で長い繁栄を祈ります。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。



実食感想

実食メニュー:ラーチャン900円
スープの種類:あっさりじんわり
麺の種類:中細ストレート
具:チャーシュー、メンマ、ねぎ

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★☆
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:また来たいです。

204
posted by ぼぶ at 09:31 | Comment(0) | 東京都板橋区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします