2019年11月16日

まさ屋@蒲田(A麺200g)

訪問日時:2019/11/16 11:06

10月5日開業、蒲田のまさ屋。


一軒おいて荒木屋がある。

こちらはいろいろとキーワードがあって、

・具なしの二郎風
・現金不可
・立食

非常に気になっていた。

開店当初は夜営業だけだったけど、
11月からランチ営業も始めている。
(営業時間はTwitter参照)


A麺は太麺、
B麺はA麺の2/3くらいの太さ。

店に入ると先客2名。

クレジットカードか、
電子マネーで前払いのシステム。
paypayで450円を支払い、
A麺200gをお願いした。


まさ屋弁当というテイクアウトもある。
これを買って帰って、
家で野菜を盛り付けるのもいいね。

一応背中の壁側に腰掛けられる段があるけど、
座って食べるのはほぼ無理だね。
「ほぼ立ち食いです」とはそういうことか。


いろいろと価格は変動するようだ。


50円引いたらもうけあるのかな。。


種々のキャンペーンを考えるねえ。
友達連れで50円引きとか、
そんなのダレもやったことないよね。

配膳直前にニンニクの量を聞かれる。

なし
少なめ
普通
多め

少なめでコール。
14分後到着。


器は使い捨てのスチロール製。


一味がふってあるだけの
いさぎよすぎのビジュアル。

スープは豚の香る非乳化。
カネシのようなキリッとした醤油ダレがいいねえ。

わしわし、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


当初は野菜がないことに不安があったけど、
麺だけでも不足はないな。
ガシガシの硬質な食感は
ワイルドで食べごたえ充分。

調味料類はカレー粉と一味唐辛子。


カレー粉をいってみる。


おいしいんだけど、
カレー好きな私としても、
デフォルトの味がいいので、
味変は不要かと思われた。

麺がなくなると、
ごはんひとかきサービス発注。


硬めに炊かれたごはんがいいなあ。
二郎風の味わいで追い飯したのは初めてだけど、
こりゃうまいね。

楽しく満喫して箸を置いた。

それにしてもこのスタイル、よく考えたな。
でも、「具なしの二郎風」
っていうのはどうも違和感がある。
そのうち、「まさ屋風」と呼ばれるようになるかもね。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


220
実食感想

実食メニュー:A麺200g450円
スープの種類:豚清湯醤油
麺の種類:極太縮れ麺
具:ー

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:ー
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★☆
総合評価:★★★★★
感想など:ラーメン二郎で「野菜抜き」をする人の気持ちが少しわかりました。

posted by ぼぶ at 13:47 | Comment(0) | 東京都大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします