2019年11月21日

広東麺チャーリー@新宿西口(パーコー湯麺セット)

訪問日時:2019/11/21 12:42

かつて渋谷公園通りで
名店としてひっそりと構えていた
チャーリーハウス。

清湯のきれいなスープに麺が泳ぎ、
具が別皿というスタイルが斬新に思えた。

2007年に閉店してしまったけど、
その後、甥御さんが別の店を出していて、
この度、広東麺チャーリーとして復活?を果たした。

ネットで店名だけみて、
「チャーリー?」
と思っていろいろ検索したら、
チャーリーハウスの復活と知るに至った。

とても心が踊り、
すぐにでも行きたかったよお。

ここは「麺屋先ずは」があったところ、
すごい短命だったねえ。。


ムジャキフーズがバックにいるらしいけど、
そんなのはどうでもいい。
早速中に入って券売機へ。


ルーロー飯のセットもあるのか。


広東式で焼き上げたチャーシューは
美味しいに決まっているけど、
パーコー麺のセットにした。
+300円だけど、委細構わず。

カウンター8席、4人卓×2。
4人卓に座らせてもらった。

調味料類は酢、胡椒、醤油、ラー油。


こだわりあり。


Instagramあり。


いいね!しようと思ったけど、
気がつくのが遅かった。。。

その後見てみると、
白い味玉美味しそう・・・

最初にルーロー飯とサラダ到着。


サラダのドレッシング美味しい。
ルーロー飯は台湾ぽい香りが乏しいけど、
味付けられた肉が美味しいので問題なし。

本体到着!


昔は白髪ねぎだけだったような気がするけど、
麺には水菜が乗っている。


パーコーは思ったよりも小さい。


白いフランチソースと
赤い唐辛子味噌ソースが添えられている。

スープは鶏ガラを感ずる
きれいな清湯。


チャーリーハウスのご主人は
元々中華料理のシェフだったので、
これは上湯と言うべきかもしれない。
なにしろ上品なスープ。

麺はやや縮れている。


ストレート麺の方が良い気がするけど、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


遠い記憶だけど、
こんな味わいだった。。。

パーコー美味しい!


ほのかなカレー風味。

赤いソースも風味よし。


オススメに従って、
胡椒をふってみた。


表情が変わる。
スパイシーな味わいが
箸を加速させる。

満足の完食。
チャーシュー湯麺もいただきに来たい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


224
実食感想

実食メニュー:パーコー湯麺セット1200円
スープの種類:上湯
麺の種類:中細やや縮れ
具:水菜、糸唐辛子 別皿にパーコー、サラダ

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★☆
チャーシュー評価:ー
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★☆
感想など:懐かしさに興奮してしまいました。

posted by ぼぶ at 21:35 | Comment(0) | 東京都新宿区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします