2020年01月28日

日乃屋カレー 油島本店@新御茶ノ水(カレーつけ麺)

訪問日時:2020/01/28 11:47

カレー麺が好きな私としては、
カレーライス専門店で出す店がないものかと
探してはいるけど、そうそう、そんな店はない。

でも、見つけた。


ここは日乃屋カレー本社があるビルの一階。
この道はたまに通るけど、堂々と「中華そば」と
書いてあるこの看板には気が付かななった。

最近よく見かけるようになった日乃屋カレー。
その湯島本店では、カレーラーメンがいただける。
というより中華そばもある。

そもそも日乃屋カレーは、
湯島で「日乃屋」というラーメンとカレーの店から
平成11年7月にスタート。
特にカレーが評判となり、神田にカレー専門店「日乃屋カレー」を
平成18年1月にオープンさせた。

その後店は増殖し、第二回神田カレーグランプリで優勝し、
第5回には殿堂入りを果たすなど、
瞬く間に人気カレー店へと上り詰めた。

この本店では中華そばと、人気メニューだった
カミナリそばを残した格好になる。

それは現社長のお父上が作ったラーメン、
お祖母様が作ったカレー両方に敬意を表しているからに
他ならないと思う。

その辺の歴史はこちらが詳しい。
(会員(無料)のみ読むことが可能)


カミナリそばとカミナリつけ麺は
山椒を効かせた辛いメニューだとか。
でも、今日は、


これが目当て。
これを提供するのは、
湯島本店、渋谷三丁目店、播磨店の3店舗のみ。

中に入ると、混んでいてびっくり。
これほどの人気とは!


麺類は中華そば、つけめん、カミナリそば、カミナリつけめん、
カレーつけ麺、メンチカツカレーつけ麺、カレーラーメン。

最初とまどったけど、カレー、麺類は
縦に揃って並んているのね。
予定通り、カレーつけ麺のボタンをプッシュし、
フィッシュフライも追加。
席に着く。

福神漬け、らっきょうのツートップはもちろん、
一味唐辛子、胡椒もある。


カレースープは都度調製、
フィッシュフライも都度揚げていた。
5分後到着。


麺は中太ストレート。


ギニっとした食感で、
茹で方ベスト!
失礼ながらこれほど麺が良いとは思わなかった。。

スープには温玉が浮いている。


これは味玉も選べる。

ではと、、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


スープの粘度は低い。
どちらかと言うと、
ライスによく合うだろうな、という第一印象。
でも、少し和風の香りもあり、
麺を食べさせるパワーは十分。

ふむ、さすがにカレーとして美味しいわい。

スープの中にはトロトロのチャーシュー。


これが中華そばに入っていたら、
テンション上がる。

メンマもある。


温玉を溶いて麺に絡めると
またうまし!


フィッシュフライはまさに揚げたて。


まあ、冷凍ものだろうけど、
カレーにつけると美味しいのでよし。


そそ、ツートップも忘れずに。


そして麺はなくなった。
最後に皿の底に水が結構のこったので、
もう少し水切りをキチンとした方がいいと思ったけど、
全体的に満足できた。

店を出る頃には並びも発生。
すごい人気のようだった。


その通りにカツカレー、カミナリそばは
すごくよく出ていた。
カミナリそば、いつか食してみたい。


確かにそういう味わいではあるけど、
「カレールウ」ってカレーを作る素を言うので、
この場合はカレーソースが正しいよねえ。。

でも、テレビでも巷でもそう呼んでいるケースが
多いのでまあいいや。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


022
実食感想

実食メニュー:カレーつけ麺750円、フィッシュフライ200円
スープの種類:ライトなカレー
麺の種類:中太ストレート
具:スープにチャーシュー、メンマ、温玉

スープの余韻:★★★★☆
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★☆
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★☆
ひとこと:カミナリそば、大いに気になります。

posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都文京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします