2020年02月27日

Minatoya 3@乃木坂(Minatoya 3 Vision AMG GT Atatakai - Nikusoba)

訪問日時:2020/02/27 11:50

知らなかった。

昨年、港屋が閉店してしまい、
今は虎ノ門の港屋2でしかあの味は味わえないと
思っていたけど、
なんと六本木のMercedes me Tokyoにて
昨年の12月26日にMinatoya3が
オープンしていた。

Mercedes側によると、

そば作りに妥協を許さないという港屋の理念に
メルセデス側が感銘を受けたこと、
過去にも様々な食べ物のブランドとコラボをしている中で、
サプライズとして発信をしたかったため

がコラボレーションの理由としている。

つまりは本家本元、
「港屋」の創業者・菊地剛志さんのディレクション
であるということだ。
そりゃー、知っちゃったら行かねば!


Mercedesのショールームは
外苑東通りでひときわ華やかな建物。
店はその右側奥のNEXTDOORにある。


ふむふむ、
みんなスタンディングイートしているね。


Dear "Mercedes & Minatoya"Friends!!

Hi there!

中に入るとキャッシャーがあり、
事前会計。


温かい肉そば 1種類のみ。

定番は冷たい肉そばで、
温かいのは鶏そばだったので、
港屋初の試み、かな?

ドリンクはいくつか。


1200円をEdyで支払って
番号札をもらい、店内へ。


奥にテーブルはあるけど、
基本 立食。

メルセデスのグッズも少しある。


お手洗いを拝借すると、
手洗い所にはDysonが。


Dysonの温風乾燥はあっという間に
乾燥してくれるからな、、、、、

って、故障中かい!

待ちは5番目で8分後到着。


ひゃー、きれいだな。
っていうか久しぶり♡。


麺が中華麺みたいだけど、
スタッフさんが言うには
そば粉は使っていて、
黄色は卵黄で出しているとか。

黄色は商品名にもある
AMG GTのコンセプトカラーに
つながるらしい。


さて、その麺はすばらしいもの。


ぎにっ
とした硬質な食感で、
確かに港屋のDNAは十分感ずる。

ただ、小麦の香り、そば粉の香りは乏しい。

温かいおつゆには
大量のねぎ。


花椒がこれでもかと、
かけられている。

大量の豚肉も現れた。


では、そばを・・・・・



ぎゃー!


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



さすがは本家。
そばつゆの中には計算された量のラー油。
肉の旨味も溶け出し、
ジャンクなそばとしてのポジションは
他の追随を許さないが如く。

それにしても麺がいいなあ。
一見不釣り合いにも思えるけど、
全く杞憂。
すばらしく美味しい。

豚肉も美味しい。

生卵を割るか、
と思って卵を取ると、


麺皿もそうだけど、
こちらもベンツのロゴ入り。

生卵はおつゆに入れて、
みたいに言われたけど、
私は昔からそばに混ぜる派。


ぐりぐり混ぜて
再びつゆに浸すと、
美味しさ加速。

つゆを離れて
濃い味の豚肉と一緒に頬張れば、


また別の味わい。

最後の二口くらいになったら、
今度は麺の方につゆを注いで、


ずるずると完食。


麺が終わったら、そば湯をもらいに行くよ。


と言ってもお湯が出るだけで、
左にあるそば粉を入れるかっこう。

先にお湯を入れらたこんなんなった。


かき回してもダマは残る。


ここで はた と思った。
先にそば粉を入れて熱湯を少し注いで、
かきまわせば、そばがき ができるのでは。。

そこにおつゆを注いで楽しむとか、
アリなんじゃ。。。

ま、でも今日はそのままおつゆに、


これまた美味し。
楽しく食べ終え、
店をあとにした。

今日はいい天気だ。




お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


044
実食感想

実食メニュー:Minatoya 3 Vision AMG GT Atatakai - Nikusoba1200円
スープの種類:日本そば、ラー油、花椒
麺の種類:太ストレート
具:豚肉、ねぎ

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:またきます。

タグ:港屋
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします