2020年03月15日

下北澤 Ramen KUWAJIMA.@下北沢(うおとり塩清湯らぁ麺)

訪問日時:2020/03/15 11:30

圧延JAPAN MEEを出て、
せっかくなので隣に行くことに。

魚鳥も好きだったし、
進化バージョンのらーめん桑島も好きだった。

この時点で11時20分だったので、
シャッターズ6名に接続した。


このイラストは魚鳥時代からの
流れを表しているみたい。

途中、お向かいのサンドイッチクラブの方が出てきて、

こちらでなく、階段側に並ぶようにしてください

と言われた。

そりゃそうだ。
でも、それはKUWAJIMA.さんの方で
コントロールしなくちゃね。

でも、こちらのお店、
あったかいサンドイッチを提供されていて、
パン好きとしては、すごく気になる。。
機会があったら来てみたい。。


さて、KUWAJIMA.の
商品構成はこんな漢感じ。


桑嶋時代の
鶏骨塩白湯、うおとり塩清湯、ゆず塩清湯に加えて、
鹿骨醤油白湯が加わった。
鹿骨とは珍しい。

やがて店は開き、突入。


券売機へ順番に進む。



私はうおとり塩清湯らぁ麺、
しらけん氏は鹿骨醤油白湯を購入した。

厨房に向いたカウンター6席、
3人卓×2、2人卓×1。
カウンターに座った。

調味料類は花山椒、昆布酢、胡椒と
以前と変わらない。


7番目で15分後到着。


お。
以前より洗練された印象。


スープの色が違う。
そして美味しい!!!


鶏のやさしい味わいに、
荒削りの宗田鰹節と鰹節香油の効果が秀逸。

続いて麺を、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


村上朝日製麺の細ストレート麺。
ぱっつん食感が抜群のキレで、
咀嚼しているとスープとの相性の良さを感ずる。
すばらしい仕上がり。

豚ばら叉焼がまたいいね。
今日はなかったけど、
叉焼増しはアリだね。

胡椒がよく合う。


奇しくも魚鳥、桑島、に続いて、
基本の同じメニューをいただいたけど、
進化がビシビシ伝わってきた。

なお、麺量は130g。


鹿骨醤油白湯らぁ麺。


鹿肉ミンチが印象的な見た目。

スープ、面白い!


鹿自体、癖のない肉だけど、
この鹿骨白湯はすっきりしていて いいねえ。

癖がなさすぎるので、
鹿肉ミンチの味付けに使ったであろう
ハーブ由来の香りとか、
ローズマリーオイルの香りがかなり生きている。

これは、、、新しい。。。

麺は少し太くなり、全粒粉入り。
こちらの麺量は140g。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これもうまい!

ミンチがいいよなあ。。


花椒の味変も良かったし、
次回はこれをフルでいただきたい。
いや、汁なし麺も気になる。。。

とかいろいろな思いが浮かびながら、
店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


058
実食感想

実食メニュー:うおとり塩清湯らぁ麺830円
スープの種類:鶏塩節系 あっさりじんわり
麺の種類:細ストレート
具:チャーシュー、紫玉ねぎ、かいわれ、海苔

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
感想など:魚鳥、らーめん桑嶋、からの第3世代。確実に進化しています。

posted by ぼぶ at 17:46 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします