2020年06月23日

粉麺小屋@中野坂上(特製中華そば)

※投稿当初は「こめんこ屋」としていましたが、
写真をよく見ると「粉麺小屋」としたようです。
訂正し、お詫びいたします。

訪問日時:2020/06/24 11:58

青梅街道沿い、中野坂上駅が最寄り。
元は手打ちうどん屋さんだった店が
手打ちラーメン屋に業態転換した。
その麺に惹かれて行ってみた。


看板には
「粉から手打麺」
の文字。
粉じゃないところから手打ちってあるのか?
というツッコミはさておき、
店頭の口上も目を通す。


お金に困っている人は
1食あげると。。。
すごいな。

こちらのご実家は「さくら屋」。
調べてみたけど、これかな
そして、幡ヶ谷の「めんこ屋」で16年、
独立して こめんこ屋で10年だそうだ。
手打ちラーメン屋への転身は
集大成とある。。

手を消毒して入ります。


特製中華そば(並)をお願いした。
厨房に向いた直線カウンター2+6、
ご時世柄か壁に向いた2人卓×2。

調味料は胡椒、酢、ラー油。


先客ゼロ(退店時は満席)で
6分後、特製中華そば到着。


ぶっとい うどんが見え隠れ。


特製は火の通ったチャーシュー1枚、
低隠鶏チャーシュー1枚、味玉が増える。

スープは甘味のある和風仕上がり。


鶏ガラ、羅臼昆布、煮干し、鰹節、
宗田節、さば節、さんま節などを使用。

うどんつゆのようでもあるけど、
ほのかな油分がラーメン寄り。

麺には驚いた。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



つるつる、もっちりの極み。
足で踏んで鍛えたようなコシがナイス。
うどんのようでもあり、この麺はすごい!

スープのからみも良く、
清湯に極太麺という、
一見ミスマッチと思える疑心暗鬼は
一口目で払拭される。


特製のチャーシューは3種。


これはデフォルトでも入る
低温調理チャーシュー。
したたるような仕上がりではなく、
味もしっかりしていて美味しい!

低温調理鶏チャーシュー。


これまたうまい。
しっとりとジューシー。

火の通った豚チャーシューもいいねえ。


3種類、どれもすばらしい。

穂先メンマも太めで主張がある。


鶏団子。


ラーメンに乗っているとテンションがあがる。
これも美味しい。

味玉はとろとろ。




麺はもっとほしいと思った。
最低でも中盛かな。


営業時間はこんな感じ。



何しろ、麺が気に入った。
この麺を楽しむならば
油そばがよさそうだ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


098
実食感想

実食メニュー:特製中華そば(並)830円
スープの種類:あっさり
麺の種類:極太縮れ
具:チャーシュー3種、つくね、穂先メンマ、ねぎ、貝割れ、のり、味玉

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★☆
ひとこと:麺がすばらしい。おもしろいです。
posted by ぼぶ at 19:02 | Comment(0) | 東京都中野区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
banner.gif
記事に問題がなければクリックお願いします