2020年09月13日

Tsurumen Tokyo@亀戸(A bowl of microcosmo ramen)

訪問日時:2020/09/13 12:00

大阪の超人気店鶴麺。
行ったことはあると錯覚していたけど、
未訪問だった。

そのオーナー大西氏は今やボストンの
Tsurumenで大ブレイクしている。
情熱大陸でも取り上げられていて、
すごいなーと思っていた。
23ドルのラーメンですぜ・・・

それがなんと、東京に逆輸入!
8月30日にオープンしていたけど、
ランチは日曜しかやっていない。。。

なんとなくInstagramを見ると、
TORETAでコース料理が予約できるので、
今日の12時に予約して、
ようやく行ってきた。

IMG_8499.JPG

亀戸天神のすぐそば。
12時7分前に着いたけど、
すぐに入れてくれた。

IMG_8524.JPG

今日で13/1000。
楽しみますよ。

席に案内されると、
予約の名札。。

IMG_8500.JPG

お品書き。

IMG_8503.JPG
IMG_8502.JPG

コース3800円のみ。
ラーメンで締めるコース料理、
こういうの大好き。

なお、予約はコースのみ。
予約なしだと、1800円の
Matsutake Won-ton ramen単品になる。

飲み物はアメリカのビールとか。

IMG_8501.JPG

シャルドネの芸樹と呼ばれるシャンパン、
激しく気になる。

店長さんと美人の女子スタッフさん
二人体制。

セッティングはおしゃれ。

IMG_8504.JPG

まずはラーメンの前に
野菜を召し上がってほしい、
とのことで、
Seasonal Sarads of herbs and leafy vegetables

IMG_8505.JPG

広島の梶谷農園のハーブサラダ。
いちじく、くるみ、カッテージチーズが
よいアクセントになって、
野菜を楽しく摂取できるね。

次は
Matsutake Won-ton plate

IMG_8507.JPG

干し松茸の皿ワンタン。

フレッシュな松茸とは明らかに違う、
深い味わいに引き込まれる。

淡海地鶏の鶏油の香りがナイスだし、
かけられた生醤油がバッチリ合う。

干し松茸はアメリカのもの。

IMG_8512.JPG

棚にたくさんストックされていた。


次は麺だな!と思っていると、
店長さんが
「これから麺を切ります」
と!

へ?小野式が飾ってあったけど、
こういう見せ方をするのか〜

IMG_8509.JPG

できました。

IMG_8510.JPG

きれいな麺・・・
これを二玉、130gを使うそうだ。

そして
A bowl of microcosmo ramen
到着。

IMG_8511.JPG

丼一杯の小宇宙ラーメン。
やっと会えたね。

IMG_8513.JPG

チャーシュー、ワンタン、三つ葉、
穂先メンマ乗る様は小宇宙。

スープは
・淡海地鶏の黄金の鶏油
・干し松茸の一番出汁
・野尻醤油2年熟成木桶仕込み
を使用。

IMG_8514.JPG

キリッとした生醤油の香りと味、
乾燥松茸のどっしりした旨味。
そして淡海地鶏の鶏油の香りがすごい。
これは・・・うまい・・・

小野式で切られた麺は、
断面長方形のつるつる食感。

IMG_8515.JPG


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


この系統のラーメンは
今やあちらこちらにあるけれど、
乾燥松茸の深い味わいは
それらと一線を画す。

チャーシューは
ロイヤルポークの肩ロース。

IMG_8516.JPG

これが柔らかくてバカみたいに美味しい!
もっとほしい。。。

ワンタンは先程と同じものだけど、

IMG_8517.JPG

やはり温かいスープに入っていると、
食感も味わいも異なる。
こちらの方が好き。

穂先メンマ。

IMG_8518.JPG

とっても柔らかい。

そして麺と具がなくなると、
いつの間にかスープを飲み干していた。

だけど・・・

このあとの〆rice用に
残しておくんだって。
それ、早く言ってよ〜

IMG_8519.JPG

そしたら、新しくスープを作ってくれた。

IMG_8520.JPG

どうもすみません。

IMG_8521.JPG

楽しくいただいた。
ライスにも合いまくりだな、このスープは。
米の方が松茸の味が合う感じ。

最後に海苔巻きがありますが、
と言われ、ありがたく頂戴しますよ。

IMG_8522.JPG

長芋とバラ肉チャーシューの海苔巻き。
黄身醤油がかけられていて、
素敵なデザートでしたん。

IMG_8523.JPG

接客が二人ともとても気持ちよく、
その面でも非常に満足した。

200日でラーメンを変える?
らしいので、また来なくては。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


152
実食感想

実食メニュー:コース3800円
スープの種類:淡海地鶏、乾燥松茸使用、あっさりどっしり
麺の種類:中ストレート
具:チャーシュー、穂先メンマ、三つ葉、松茸ワンタン
スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
感想など:よくぞ東京にきてくれました。200日後にまた行きたいです。

タグ: 鶴麺
posted by ぼぶ at 16:19 | Comment(4) | 東京都江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここって、何軒もラーメン屋が入れ替わってる場所ですかね?
Posted by 限界! at 2020年09月15日 13:38
☆限界!さん

知らないです。
Posted by ぼぶ at 2020年09月15日 13:40
☆限界!さん

失礼しました。
思い出しました。この物件は何度も行っている場所でした。
最近、物忘れが進みました(^^;
Posted by ぼぶ at 2020年09月16日 08:39
鬼門のあそこか〜。1000日もつといいですね(^^;
Posted by 限界! at 2020年09月17日 13:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。