2021年02月09日

ふぐだしらーめん たいざん@武蔵小山(赤ふぐ)

訪問日時:2021/02/09 11:30

今日は第2火曜日なので、
定休日ではないよな、

IMG_0636.JPG

と頭の中で数度 確認して
ふぐだしらーめん たいざんに向かってみた。

すると、

IMG_0651.JPG

あれ、またか?
と思ったけど、11時28分だった・・・
ではと、寒風吹きすさぶ中待ったけど、
5分遅れで開店となった。


そもそも、この物件は昨年ビルの完成時には
「DASHIYA TOKYO」という店ができるはずだった。
その後全く情報が途絶えていたので、
もう構想は白紙になったのかな、とも思ったけど、
いつの間にかこちらの情報に取って代わり、
たまたま2月5日に前を通ったら、灯りが点いていた。

お!ついにオープンか!とスタッフさんに確認。
そして富士市が本店の
らーめん大山(たいざん)関連ということもわかった。

たいざん が来てくれたとは嬉しいじゃないすか。
たいざんなら川崎も海老名も数度訪れていて、
安心感があるってもんです。

だけどね、その開店日も開店は遅れていたのですよ。。


中に入るとすぐに券売機。

IMG_0652.JPG
※2021/2/25現在
石焼カレー、らっそばは日の目を見ずに消え、
ふぐだしカレーつけ麺は夜限定になったようです。
また、油そばも夜限定で発売。


ある程度予習済み。
ふぐだしなら白かなと思いつつも、
銀座で潮を経験していることから、
赤ふぐ(醤油そば)のボタンをプッシュ。
同じ塩にして、比較も面白いだろうけどね。

まだ祝い花がいくつか置いてあるので、
席は間引いている。
厨房に向かったカウンター3席、
通路に面したガラスに向かったカウンター3席、
と とりあえずなっている。
入り口脇にも2席できそうだ。

調味料類は、黒胡椒のみ。

IMG_0654.JPG

すぐに箸とレンゲがセットされた。

IMG_0655.JPG

お冷はセルフ。

厨房の店長さんらしきは
見たことがあるような ないような。
身体の大きな大山の大将ではなかった。

PPだったけど、やや時間がかかって、
8分後到着。

IMG_0656.JPG

ロゴ入りの白いきれいな器。

IMG_0657.JPG

チャーシューは低温調理バラ肉、ロース肉の2種、
細切りたけのこ、しらがねぎ、海苔が乗っている。

さて、スープは、

IMG_0658.JPG

うまいね!
上品なふぐの出汁がわかる。
醤油タレも出汁を生かすバランス。
生臭みは皆無。

麺は中太ストレート。

IMG_0659.JPG


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これは、いいね!
つるつるの唇触り、ざくざくの食感は
一瞬スープと不釣り合いかな、
とも感じたけど、すぐに杞憂に変わる。
よく考えられた味わいと思う。

チャーシュー2種とも抜群のお味。

IMG_0660.JPG

どちらもあと数枚ほしい。。

メンマはなくて、細切りたけのこ。

IMG_0661.JPG

この和風のスープには
たけのこが合う・・・かな。。。


美味しくて速攻食べ終わった。

たいざん というと桜海老が頭に浮かぶけど、
ふぐだしは新たな挑戦でしょうか。

やはり白も気になるなー、カレーつけ麺もなー、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


028
実食感想

実食メニュー:赤ふぐ880円
スープの種類:あっさりじんわり
麺の種類:中ストレート
具:チャーシュー、たけのこ、ねぎ、海苔

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:すぐにでも再訪問したいです。

posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。