2021年02月15日

味噌らーめん 柿田川ひばり 恵比寿本店@恵比寿(味噌カレーらーめん)

訪問日時:2021/02/15 12:12

1月31日にプレオープン、
2月11日グランドオープンの恵比寿の新店に行ってきた。


A看板とビル全体の店表示のみで、
あまり目立つとは言えない。。

店は通路の一番奥。
ちょうど満席で店の前でしばし待つ。
今日はすごい雨なので助かった。

1号店の暖簾?がある。
このガラス扉は前身の居酒屋のものみたいだ。
なんかいいね。


ガラスの向こうのさわやかレディ
(店主奥様という情報あり)に
先にチケット購入を促された。


鮨由うの大将のシールが貼ってある。
ご懇意なのかしらん。

こちらは静岡県駿東郡清水町にて
2018年9月13日に開業した柿田川ひばりの2号店。
というよりこっちを本店にしたのかな?
ご主人はど・みそ出身で都内に凱旋というところか。

ど・みその味噌ラーメンは知り尽くしているので
昆布水味噌つけ麺目当てだったけど、
それは13時からの提供_| ̄|◯

ってことで咄嗟に味噌カレーらーめんのボタンを押していた。
チケットは件のレディにすぐに回収され、
再び外で待つ。


実は「柿田川」という名前は懐かしい。
富士山の伏流水により、
川幅が広くて、息を飲むほどの透明な川が、
いきなり産まれる様を見るのが好きで、
よく柿田川公園を散策したものだ。
公園の中にあるカフェでは
その湧き水でコーヒーを入れてくれる。
これが実に美味しいのです。

清水町のお店も柿田川公園のそばにあるので、
水にはこだわるイメージが強い。
恵比寿本店でもRO水使用とか。


ほどなく店内へ。

厨房に向かったカウンター6席、
向こう側には2人卓もあるようだ


調味料類はとうがらし、さんしょう、おろしニンニク。

目の前には簡単な説明。


1番目で2分後到着。


チャーシュー(豚低温、鶏)、挽き肉、
もやし、ニラ、糸唐辛子が乗っている。
やはり本家と似た麺相。


スープは見事なバランスの味噌カレー。


味噌らーめんとして
いい具合の濃厚さで、
カレーの風味は味噌の香りも消していない。

麺は安心の浅草開化楼。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



安心のお味。
もちもちパッツンの麺がいいね。

背脂もやりすぎてない感じが好印象。


チャーシューは低温調理の豚と鶏が
サイコロカット。


適度な食感。
スープに鎮めるとちょうど好みの色合いになる。

鶏肉はもも肉?


もう少しほしいかな。

そして、挽き肉がたっぷりで、
全体の味に大いに貢献している。

さんしょうだけ試してみた。


味噌には無条件に合うと思うけど、
こちらでも乙なもの。

そして、一気に食べきった。


昆布水つけ麺は味噌、辛味噌、カレーと
できるようだ。
いつか来てみましょう。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


030
実食感想

実食メニュー:味噌カレーらーめん950円
スープの種類:味噌カレー
麺の種類:中太縮れ
具:チャーシュー(豚低温、鶏)、挽き肉、もやし、ニラ、糸唐辛子

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:完成された店です。

posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。