2021年04月21日

やきとり児玉@三軒茶屋(鶏中華そば おろし生姜添え)

訪問日時:2021/04/21 18:00

半年以上ぶりにやきとり児玉へ訪問。
珍しくスパークリングから。


お通しは卵焼き、汲み上げ湯葉、わらびお浸し。


キンカントリュフからいきます。


ため息でる美味しさ。

久々のポテトサラダ、鶏皮ポン酢。


やはり特級の美味しさだなあ。
来てよかった。

スパークリングも飽きたので、
八海山ヴァイツェン。


うまし。

今日の日本酒リスト。


ゆっくりいただくとして
今日の目的の一つ。


新政のNo.6 ダイスケリチャード type。
(新政は製品のことを作品と呼ぶ)。

児玉さんかが偶然仕入れたものを
譲ってもらった次第。
うれし♡

しかして、これはうまいね〜〜〜
これまでのものより洗練されている気がする。


焼き物スタート。
皮。


児玉の”皮”は天下一品。
3本くらい食べたいものだ。

つなぎ。


ハツモトの美味しさを教えてくれた作品。
今宵も美味。

新じゃが。


アンチョビのペーストを添えて。
こりゃ、新じゃがを最も美味しく食べる方法かも。

白子。


ぷち、とろ、の食感が楽しい。

れば。


悶絶した。
美味しすぎる。

お酒を変えましょう。


大好きな鍋島。
ゆったりと時は流れる。。

だきみ。


低温調理のやつはよくいただいたけど、
焼きは初めて。
胸肉なのにジューシーで旨味たっぷり。
これは次回からマストだな。

山本もいっておく。


魚沼産コシヒカリの糠床で漬けられた糠漬け美味し!


最後にもう一本。


せせり。
ねぎまになったの?
でもねぎがいいね!

みむろ杉もついでに。


締めはこちらを注文。


鶏中華そば おろし生姜添え


11月から始まっていた限定。
そろそろ終わるそうで、間に合ってよかった。

生姜は別皿。


スープをすすると、感動が突き抜けた。


いつもながらなんと美味しい飲み物でしょ。
今日は特にそう感じるなあ。。

喜多方曽我製麺の切り刄10番の極太手もみ縮れ麺を一気に。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



なんすか、この麺!
めちゃくちゃうまいっすね!

喜多方ラーメンでもあまりお目にかかれないような、
とびきりナイスなもちもち食感と、
風味高い味わい。
いつもの麺もいいんだけど、
この麺、最高!

生姜を溶くとキリッと表情を変え、またアガる。
たまらん!

具は、もも肉と胸肉。


鶏を扱うセンスはずば抜けている。
普通でない美味しさにほとほと感心する。


もうすぐ冷やしも始まるそうだ。
今日もごちそうさまでした。


やきとり児玉


077
実食感想

実食メニュー:鶏中華そば おろし生姜添え
スープの種類:鶏
麺の種類:喜多方曽我製麺の切り刄10番の極太手もみ縮れ麺
具:鶏肉2種、ねぎ、小松菜、海苔

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:−
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:傑作だと思いました。

posted by ぼぶ at 23:01 | Comment(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。