2021年07月17日

元祖広島汁なし担担麺 きさく 五反田店@五反田(汁なし担担麺)

訪問日時:2021/07/17 11:03

それほど詳しくはないけど、
広島のご当地麺のひとつ、汁なし担々麺。
名店として記憶があるのは きさく、くにまつキング軒
うち、2店はすでに東京進出済み。
きさくは店名に「元祖」と付くように、
本当に元祖らしいけど、東京には来ないよな〜
と思っていたら、突然の7月16日に五反田にやってきた!


暖簾が出てすぐに店内へ。

券売機が厨房の端にある、という。。。


汁なし担担麺、汁なし担担麺冷やし〜トマトベース〜、
中華そば というラインナップ。

中華そばは涼しくなってから、
それと厨房に慣れてから、
とか仰っていた。

一歩厨房への段差を上り、
汁なし担担麺、温泉たまご、半ライスを購入し、
6席の直線カウンター2番めに着座。

辛さを聞かれ、をチョイスしたら、

「相当痺れますよ。」

と、たしなめられた。
別に大丈夫だろうと思ったけど、
半ば強制的ににさせられ、
その分の花椒を別皿で出してくれることに。


起源が書かれているけど、
まだ、20年ちょっとの歴史なんだよね。


卓上には唐辛子、ラー油、黒酢。


このレンゲの置き方は再考されたい。
奥行きのない、狭い天板なので、
絶対跳ねが飛ぶし、
取る時に作用点に手が触る。

1番目で3分後到着。


ねぎはたっくさん。


麺はよく水切りされて、
くっつきやすいけど、
特徴のシコっと感がナイス。


20回くらい混ぜて、
いただきます。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



これが、元祖の味か。
想像通りの味わいで、
感慨もそれほどないんだけど、
美味しい。

痺れはやはりかなりある。
痺れ好きな私でも少し刺激的。
でも、いただいた花椒は使い切っておいた。

ライスは炊きたてでいい香り。


なので、温玉を乗せて、
温玉ごはんとして少し楽しんだ。


そのあとはそのまま器に落として、
また混ぜて、バクバク。


こりゃうまいね。
温玉を麺に混ぜ込まなくて
ご飯で楽しんで正解。


さーて、五反田にはないタイプの店。
どうなっていくでしょうか。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


139

実食感想

実食メニュー:汁なし担担麺680円、温玉80円、半ライス100円
スープの種類:−
麺の種類:細ストレート
具:肉味噌、青ねぎ

スープの余韻:ー
麺の評価:★★★★★
肉味噌評価:★★★★★
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★☆
総合評価:★★★★☆
感想など:中華そばが待たれます。

posted by ぼぶ at 17:07 | Comment(0) | 東京都品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。