2021年07月26日

麺や 神楽@自由が丘(菊花火)

訪問日時:2021/07/26 11:46

今朝つかんだ情報によると、
自由が丘に新店誕生とな。

たまたまそちら方面に所要ありにて、
寄ってみたら やっていたので
勇んで近づいてみる。


現在休業中の マグロ料理が豊富な、
大衆ビストロ「マグロが丘」のランチ?


店は2階。
麺メニューは4種類みたいね。
階段をあがって、店に入りましょ。



直線カウンター9席、4人卓×2。
いかにも居酒屋スタイルのしつらえ。

真ん中あたりに座ると
すぐにおしぼりと麦茶が供された。


お品書きを見ると、


辛シビ味噌の菊花火、
激辛味噌の火花、
パクチー味噌の若草、
味噌の豊楽、
と独特なネーミング。
菊花火は打ち上げ花火の名前だけど、
他は何由来だろう。。

オススメらしき、菊花火を注文。
さらに開店サービスで
ライス、大盛、味玉を選べるとのことで、
味玉をお願いした。

上を見ると、それぞれの商品写真がある。


まるでビジュアルが違うね。
興味沸くな。。


店長さんらしきに聞くと、
マグロが丘は期限未定の休業中で、
それまで温めていたラーメン店を始めることにしたとか。
7月16日開店。

でも、全てが元の世界になったら、
マグロが丘は再開し、ラーメンは独立したい、
というようなことを仰っていた。


人材募集は本体の方だろうけど、


自虐的っつーのか、ユニークっつーのか。。。


8分後到着。


ひょー、きれいっすね。


鶏そぼろ、茹でもやし、青ねぎ、白髪ねぎ、
つま(大根・人参)、食用菊が飾り込まれ、
ボリュームありそうな見た目。

辛シビってことは
鬼金棒あたりオマージュかな、
と思いながらスープを、、、、


ぐは!
うめ〜〜〜!
濃厚な感じだけど、
旨味と香りがそれを凌駕する。

辛さ、痺れはほどほど。
今日の体調ではこれくらいがいいけど、
耐性がある人は増し増しでいいかもね。

そして麺を、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



これ、とても美味しい。
鬼金棒を昇華させた、というか、
うまくオリジナリティを出している、というか。

麺は加水率が低くて、もちもち食感を目指して、
特注したものだとか。
麺屋さんは不明。

たくさん入っている鶏そぼろが実にいいね。


鶏そぼろご丼、是非いただいてみたい。

サービスの味玉はベスト私好み。


スープの存在感が強いので、
味玉自体の味はわかりにくいけど、
多分美味しい(^^;

食べすすめるに従って、
ツマの存在が際立って良いことに気がつく。


もやしもいいけど、
この口当たりは斬新。
もっとほしいと思った。

そして鶏そぼろが改めて重要な
役割と感ずる。


あるとないとではかなり違う気がする。


麺と具がなくなり、
いつまでもこのそぼろをすくっていただいていた。


会計はPAYPAYですませ、
店をあとにした。

美味しかった。
路面店誕生が待ち焦がれる。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


144
実食感想

実食メニュー:菊花火900円
スープの種類:シビカラ濃厚味噌
麺の種類:中太縮れ
具:そぼろ、茹でもやし、青ねぎ、白髪ねぎ、つま(大根・人参・)、食用菊

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:ー
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:完成度に驚きました。

タグ:麺や神楽
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。