2022年02月18日

我流札幌塩ラーメン札幌飛燕 東京神保町店@神保町(醤油らーめん)

訪問日時:2022/02/18 11:20

お誘いありにて、新保町へ。


2022年2月16日オープン、
我流札幌塩ラーメン札幌飛燕 東京神保町店
札幌のミシュラン店の東京初出店。

らーめん餃子きなり屋→匠の麺処 逢縁喜縁
鶏くらぶ と続いてきた物件。

FCと聞いたけど、経営は前とは違うようだ。

塩が基本メニューで、
醤油と味噌、つけ麺がある。


札幌で塩を推す店は珍しいね。

中に入ると5割程度の入り。
券売機で私は醤油らーめん、氏は塩らーめんをチョイス。


内装は逢縁奇縁時代と変わってない。
テーブルとカウンターのしつらえも同じ。

卓上には胡椒と一味唐辛子。


4分後到着。


小ぶりに感ずる器。


一杯ずつ鍋をふるって制作するサッポロスタイル。
具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、もやし、ひき肉、岩海苔。

スープは油が多めに浮いている。


うまいね!
醤油の香りがとろっとしたスープに合う。
札幌ラーメンでは珍しい鶏白湯だけど、
すぐに札幌ラーメンとわかる。

縮れ麺を、ずびずば。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


札幌醤油ラーメンそのものだ。
鶏白湯ではあるけど、
クラシカルな味わいに思える。

ラードで炒めた焦げた香りが
なんともいいもんだ。

チャーシューは煮豚タイプ。


柔らか美味しい。

メンマは焦げているけど、


これも一緒に炒めてるのかな?
かなり美味しい。


氏の塩らーめん。


具は岩海苔の代わりにフライドガーリック。
香りという点ではやはり醤油に劣るけど、
独特な塩ラーメンだな。

これが基幹メニューというのもよくわかる。
でも、私の好みは醤油、と思いながら
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


033
実食感想

実食メニュー:醤油らーめん950円
スープの種類:札幌醤油
麺の種類:中縮れ
具:チャーシュー、メンマ、ねぎ、もやし、岩海苔

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:−
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都千代田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。