2022年11月21日

つけ麺 神儺祁@西巣鴨(つけ麺<カレールー付き>)

訪問日時:2022/11/21 12:00

熊本のつけ麺魚雷
FACCEBOOKである時見かけ、
どうしても食べたくなって、
オンラインストアで即 取り寄せた。

数々の取り寄せ麺の中でも
強く印象に残っている一つ。

今回、東京に進出というではないの。
そら、行くわいな。


なんか、かっこいい外観だ。

11月7日開店 つけ麺 神儺祁(じんだぎ)
つけ麺魚雷の正式な東京店。

中に入って券売機へ。


※光って見にくかったので一部修正

本店と同じ商品構成。
カレールーの付いたつけ麺、
激辛の魚雷つけ麺 という2本柱。

魚雷つけ麺専用の魚雷めし、
つけ麺専用のインドめしも一緒。

つけ麺とインドめしを購入した。

麺量を即座に聞かれる。


小でお願いした。
脇にはいろいろ説明と写真。


一番端の席へと案内された。
厨房を囲む10席のL字型カウンター席のみ。
カウンターの高台が高く、
厨房の様子は伺えない。


食べ方指南書あり。


すぐにカレールーがやってきた。


これをカレールーと言っていいものかどうか。
でも、カレールーってカレーを作る素のことだし、
これでカレー味にするんだからまあいいか。。。

間が悪かったか、15分待ってまずはスープ到着
(私のあとに座った隣人は5分以内で到着していた)。


1分後、全員集合となった。


いいね。
いい香りだ!
そして美しい。


具はチャーシュー、メンマ、ねぎ、海苔、ゆず皮が
スープに盛り付けられている。

麺も美味しそうだ。


三河屋製麺の麺箱があったけど、
東京店だけかな?
その麺だけをいただいてみると、
もっちりと適度な弾力があり、
見た目通りの食感と味。

スープに浸す。





ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




それほど濃厚ではない
豚骨魚介系の美味しいやつ!
スープとの絡みも文句なし。

久々のジャンルだけど、
やっぱり美味しいものは美味しいね。

チャーシューも出色の出来。


肉肉しくて、丁度よい柔らかさ。

メンマはかなり小さい。


これが4切れほどだった。
いくらなんでももう少しほしいかな。。

夢中でズズズ、していると、
半分以上麺がなくなってしまい、
あわてて思い出してカレールーを麺に。


そしてMIXINGして
まずはそのままいただくと、


これ自体に味はないけど、
スパイシーでホットで
かなり美味しい和え玉という感じ( ̄▽ ̄)

再びスープへと戻ると、



またまた、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



まるで別物になる。

新しいスタイルです
カレーと名のつくそれとは一線を画すものです

という謳い文句通りに、確かにこの味のカレーつけ麺は
私の記憶では他にない。

再び箸が加速し、麺は惜しまれつつなくなった。


さて、次の番だ。


チャーシューと卵黄とカレー粉のかかったご飯に
残ったスープをジャババ。。


ひゃー、うまいね!
これは最高の〆になる。
最後までカレーに包まれて幸せな気持ちで
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


210


実食感想

実食メニュー:つけ麺950円、インドめし200円
スープの種類:豚骨魚介
麺の種類:太ストレート
具:スープにチャーシュー、メンマ、ねぎ、海苔、ゆず皮

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★☆
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:めちゃくちゃ満足しました。同じものをもう一度食べたい。

.
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック