2022年12月13日

【閉店】ラーメン将太 Produced by 飯田商店@鶴間(塩ラーメン)

訪問日時:2022/12/13 10:00

そうだ!
鶴間のラーメン将太に行こう!
そちら方面に所要ありにて、
ちょうどよかったよ。

その店名を目にした時、
一時赤坂にも出店していた麺屋庄太を
思い出したよ。
でも、こちらは飯田商店の飯田将太氏の
プロデュースにて、花月のグロービートの運営
と言うことを知って、すぐにでも行ってみたかった。

って・・・

開店時間の10時に着いたら、
すでに店前の15台の駐車場はいっぱい。
12月12日にOPENなので、
駐車場の周囲をぐるりと祝い花が囲んでいる。
すごいな。
ラーメン関係の名前は
ほぼ出尽くしているような。。。


誘導係のおじさんも丁寧に案内してくれた。

車を降りてすぐに店頭に向かい、
サインボードに名前を書く。
呼ばれたときにいないと
次の人に回ると書いてある。
駐車場の満車待ちをしてるのなら、
何らかの配慮があるみたい。

20分後車が停められたたので、
店先へ行くと、すぐに店内へと
案内された。


券売機をいろいろ探索。

ラーメンの部

ラーメン1100円。
デフォルトはチャーシューが2枚だけど、
1枚だけのラーメンONE980円もある。

塩ラーメンの部

つけ麺は未発売

ご飯その他

おふとんはふわっとしたオムレツ様の卵料理を
ごはんの上に乗せ、そにボルディエバターを乗せたもの。
すごいバター使うんだね。

トッピングの部

なんか、青唐辛子が人気のようだった。

飯田商店では経験のない塩ラーメン
ご飯物の ネギと生姜とおにく
を購入すると、
お冷をもったキュートな女子スタッフに
カウンター席に案内された。


店名入りのお箸もかっこいい。

しかし、広い店内だ。
以前は銀だこだったらしいが、
すべてオープンな厨房を囲むカウンター席は
20席くらいか?
4人卓は7つ。
なので、回転はよく感ずる。

そして10名を超えるスタッフさんの
動きが実に軽やかで表情も良い。
失礼ながら花月関連とは思えない。

座って7分後到着。


美しい。


花月とは思えない(°O゜)☆\(ーー;) バキ! ヒツコイ

スープは鶏をよく感ずる、
きれいな飲み口。


塩角もなく、これはすばらしい。

すぐさま麺を、、、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



ストレート麺同士が
とろみ合うようによりそい、
一体となって口に運ばれる。
飯田商店特有の口触りがナイスだ。

少し柔めに観ずる食感も
頼り無げでは全くない。

バラ肉チャーシューも、


ロース肉チャーシューも


味は薄いけど、切りたて新鮮な感じ。
素晴らしく美味しい。

メンマも美味しい。


味付けがよく、香りがスープの邪魔をしない。
いいね!

ネギと生姜とおにく。


ネギはごま油風味に和えられ、
ちょうどいい塩加減。
肉はチャーシューよりも厚い分食べごたえもある。
針生姜も良いアクセントで、
レモンを絞るとさわやかな丼となる。


当然、スープとも合います。


いやー、来られてよかった!
待つストレスもそれほどなさそうだし、
また来てみたい。
つけ麺も醤油も気になるし。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


226


実食感想

実食メニュー:塩ラーメン1200円、ネギと生姜とおにく480円
スープの種類:あっさりじんわり鶏主体
麺の種類:細平ストレート
具:チャーシュー(豚バラ肉、ロース肉)、メンマ、ねぎ、海苔

スープの余韻:★★★★★
麺の評価:★★★★★
チャーシュー評価:★★★★★
メンマ評価:★★★★★
再訪問希望度:★★★★★
総合評価:★★★★★
ひとこと:さすが、と言うか、世の中変わったな、という印象です。

.
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック