2024年03月15日

まる藤ラーメン 下北沢@下北沢(朝ラーメンセット)048,049

訪問日時:2024/03/15 11:45

下北沢に藤枝ラーメンを求めて。
先日はこの幟が出ていなかった。


入口はこのビルの左の通りにある。


2階に上がり、突き当り。


Bar Azulandの間借りらしい。
中に入ると先客なし。
一番奥の明るい席に座る。


藤枝と言えば、朝ラーメン。
しかも温ラーメンと冷ラーメン両方を
一度に味わうという唯一無二のスタイル。

朝ラーメンセットはハーフとハーフだけど、
どちらかを並にもできる。


普通にセットを前金で
オーダーした。

裏は朝ラーの説明。


こちらの店は藤枝市の
味を作ったのは藤枝市にあるハンバーグ店
小川商店の小川シェフ。

そして、1月20日から3月24日までの
期間限定営業。
4月からは藤枝で新たなラーメン店を出すので、
その前に東京で認知度を高めたかった、
ということみたい。


3分後温ラーメン到着。


チャーシュー、メンマ、ねぎ、貝割れ、
鰹節、柚子皮が盛り付けられている。


スープはあっさりで、甘さが勝つもの。


もう少し醤油がキリッとした方がいいような。。

麺はそうめんのような極細。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


いいね。
するすると身体に吸い込まれていく。
鰹節も徐々に効果を現し、
朝ラーメンにピッタリ。

チャーシューは小さいけど、


まあ、文句はない。

メンマは1本。


柔らか美味しい。


その2分後冷ラーメン到着。


鶏天、メンマ、青ねぎ、鰹節、あおさ海苔、
大根おろし、柴漬けが盛り付けられている。


スープはきりっと冷たい、


上品なかつお出汁がいいね。

麺は違って冷水でしめられた中太麺。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



もっちりしていい感じ。
あおさ海苔による磯の香り、
大根おろしと柴漬けの風味、
重層的な味わいが楽しい。

どちらかといえばこちらが好きかな。

鶏天はふわっとかなり美味しい。


とり天ぶっかけうどんを
食べたくなった( ̄▽ ̄;)


終わる前に来られてよかった。
いずれ藤枝で味わえられたらいいな。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月29日

中華そば こてつ@下北沢(塩ラーメン)039

訪問日時:2024/02/29 12:40

下北沢の新店を目指したけど、
12時30分現在ですで終了していたので、
久々に中華そば こてつへ。


7年半ぶりだし、当然価格は上がっている。
中華そば、塩ラーメンは+200円、
つけ麺は+100円、etc.

写真で各メニューのご案内はいいね。


今日は塩ラーメンを購入した。
ちょうど席が空いていて座れた。
一時のような行列はなかったけど、
常に満席近くをキープしていて、
そこはさすが。

背脂トッピングが始まっている。


なんとなくだけど、
塩ラーメンにトッピングすれば
燕三条系に寄るかもね。

卓上調味料類は変わっていない。


というより、
店内全てがあのときのままに感ずる。
ただ、店主さんの堂々とした作業ぶりと
奥様?の落ち着いたお客さばきが見事。

2番めで8分後到着。


中華そばは貝割れ、
塩ラーメンは三つ葉が乗っている。


いい表情だ。。。
スープを、、


ぎえー!

うま!

鶏主体に節系と煮干し系の
非常にしっかりした分厚い旨味。
上品な甘みもあり、これは、いい!

変わっていない麺を、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


しこしこパッツンだけど、
塩スープの旨味が加わり、
咀嚼も楽しい。

チャーシューは以前と比べると、
火が多めに入っているようだ。


当然美味しい!
味付け薄くても美味しいのは美味しいね。

メンマは仕込みを変えたかな?


平たいものから
この形になっていて、
素晴らしく美味しいよ!

麺と具がなくなってもレンゲが止まらん。
一旦 口を拭って箸を置いたけど、
結局最後まで飲み干してしまった。
最後まで熱々だった(≧▽≦)

うーん、参ったな。
つけ麺食べに来なくちゃなるまい。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月22日

OLD RAMEN@祖師ヶ谷大蔵(抹茶ミルク)031

訪問日時:2024/02/22 11:30

宮坂(間借り)から移転し、
祖師ヶ谷大蔵に新規開店したOLD RAMEN
経歴は華々しいみたい。

店はこの奥2階の突き当り。


看板は一切ない。
ドアの横の小さなサインだけ。


カレカレと3人で訪問。
店に入ると広い空間。
カウンター6席、2人卓×2、
2人ソファ1卓。

座ってメニューを見て、


私は一番味がわからない、
抹茶ミルク、あとは醤油と塩出汁を
それぞれオーダーした。

店主さん一人体制。
自分の城を持てた喜びみたいなものを
感じ取ることができる。
にこやかで感じいい。

お冷はセルフ。


紙コップはロゴ入り。
お箸もだし、なんか金かかってる。


他には衣類も何種類か
販売している。

目の前ではチャーシューを炙り始めた。


6分後3商品同時到着。


具はチャーシュー、メンマ、揚げねぎ。

抹茶ミルクは緑色のタレ、
つまりは抹茶ミルクそのものを
使用しているみたい。
スープは全て豚清湯で同じだそうだ。

そのスープは、、、


1口で笑ってしまった(3人共)。
抹茶ラテが好きな私としては
必須なメニューだったのだけど、
それがしょっぱい、という感じ。
不思議な味。
ちょっとぬるい。
あー、うまく言えん。。。

麺は中細ストレートで
麺線きっちり。


柔らかい。
美味しい。
面白い。

麺線が整っているのは
見た目きれいだけど、
最初の方は麺が持ち上げづらいね。。

メンマは仕上がりよし。


くせなく美味しい。

チャーシューは、、、


切り置きな風味。
せっかく炙るのにもったいない。

揚げねぎを一緒に頬張ると、


油の香りが広がり、
よりラーメンに寄ってくる。


このラーメンは得手不得手があるかもね。
私は嫌いではないけど。


塩出汁。


きれいな味のするスープで、
麺は同じ。
抹茶ミルクのあとだけに、
ラーメン食べてるわ〜と思った( ̄▽ ̄;)

醤油。


The醤油ラーメンね。
豚清湯がよくわかる。
美味しい。


今日の限定は海老と咖喱の塩檸檬で、
お隣さんが召し上がっていた。
いい香りだった。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。




posted by ぼぶ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月22日

きりん堂@池尻大橋(担担麺)

訪問日時:2023/12/22 11:56

池尻大橋まで担々麺をいただきに。


メニューは担担麺、汁なし担担麺、麻婆豆腐ご飯。


きりん堂

246沿い、ビルの地下に店はある。


そもそもは2013年9月2日OPENの
中華料理喜臨軒が、本年4月27日にリフォームのために
一旦閉店し、この8月11日にきりん堂としてランチ開始。
遅れて18日に夜の部として喜臨軒が復活。

店に入り、券売機に向かう。


担担麺と白飯小を購入。

6席のカウンター席は満席。
召し上がり中は一人で、
ある程度長期戦を覚悟。

奥には4人卓が2つある個室。
待合席で待っていると、
全ての人に配膳が終わったタイミングで
そちらへ通された。

そしてすぐに到着。


肉味噌、もやし、小松菜、芋がら、ねぎ、ナッツが
彩り鮮やかに盛り付けられている。


スープは辛いけど、とってもコクがあり、
ごま風味は抑え気味で好みなタイプ。
少しぬるいけど、かなり美味しい!


麺を一気に、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



歯ごたえもあり、もちもち感もある。
担々麺として非常に美味しい。
具がたっぷりとあり、満足度が高い。

肉味噌もすばらしく美味しい。


白飯にはこうしておいた。


絶品肉味噌なので、当然美味しいけど、
柔らかく煮込まれた芋がらがよいご飯の共になる。

最後はスープに浸して。


美味しかったー!
汁なしも食べたいし、
希望すれば作ってくれそうな、
汁なし麻婆豆腐麺も美味しいに違いない!
喜臨軒も来てみたいものだ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


215


感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月09日

Curry&cafe SAMA下北沢店@下北沢(激シビ辛!ココナッツカレー麺)

訪問日時:2023/12/09 12:08

今日はばっちり行ってきた。
まず駅前の仮設事務所で、
スマートフォンの前払い画面を見せて、
リストバンドをもらう。
プレゼントで黒ビールをくれた。


目的地はCurry&cafe SAMA。


いつか行った麺屋はやぶさの隣。

目指すメニューはこれ。


激シビ辛!ココナッツカレー麺。
見当がつかない商品だったので、
余計にそそられた。

これをオーダーすると、
セットドリンクが付くと言われた。
香港クラフトビール数種、サッポロクラシック、
ラッシーなどが選べる。
ビール飲めるのかあ、車出来なければよかった。。。

マンゴラッシーをお願いした。


他のお客さんはほとんどスープカレーを
召し上がっている。
それがかなり美味しそう・・・・

4番目で12分後到着。


少ないのね。
麺量は100gくらいかも。
で、フォークとスプーンで食べるのね。


ミンチ、ねぎ、ココナッツが
乗せられていて、しょうがも添えられる。

では、いざ、


カ(><)ラ〜〜〜!!!


予想はしていたけど、
かなり辛い。
辛さばかりで痺れはほぼ感じない。

麺はごく普通の中華麺。
カレー麺としての味わいはかなり美味しい。
やっと食べられた満足感に満たされた。


前払いの参加費は500円(当日700円)、
一軒だけだともったいないなー、
と思っていたんだけど、ビールもらったし、
ドリンクも付いていたので、
まあいいか、と下北沢をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


208


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月07日

【移転のため閉店】担々麺 kUi@池ノ上(スパイスカレー担々麺B)

訪問日時:2023/12/07 12:10

ある日 身内から

「ここ知ってる?」

とLINE。


全く知らなかった(・・;)

調べてみると、2022年8月にOPENした
創作ダイニングの「Kui」という店が
今は担々麺屋として営業中とのこと。
まあ、行ってみましょ。

恐ろしく住宅街の坂を上がっていくと、

PXL_20231207_030952537.MP.jpg

小さな看板が。

PXL_20231207_031005791.jpg

おお、この看板だ。

PXL_20231207_031009866.jpg

なんかおしゃれな住宅地だ。

PXL_20231207_033307695.jpg

池ノ上、下北沢、三軒茶屋などの
ちょうど中間点くらいな場所だけど、
LUUPのポートもあるから、
使える人は便利ね。

水汲み場は飾りではなさそう。

PXL_20231207_033301032.jpg

店は右奥にあった。

PXL_20231207_031032084.jpg

のれんをくぐると、
そこは半地下になっている異空間。
靴を脱いで入るスタイル。

PXL_20231207_031452453.jpg

店内はDIYで作りあげたのであろう雰囲気満載。
8人がけの大型テーブルは2☓4で足組が作られている。
観葉植物や飾りもセンスが良く、
なんか魅力的な空気だ。

店主さんは伊豆大島産まれとか。
宮城産まれの奥様は
産まれたばかりのお子様を抱いて接客。
とても微笑ましい。

先客1名で後客はリピーターを含む
1組3名。

ハイチェアに腰掛け、
もう頭に入っているお品書き拝見。

PXL_20231207_031135727.jpg

青唐豆乳担々麺、えび豆乳担々麺、
スパイスカレー担々麺、冷やし青唐豆乳担々麺
の4種類。
初見ではあるけど、一番気になる
スパイスカレー担々麺をパクチー付きでオーダーした。

お冷は銘々にボトルで出される。

PXL_20231207_031248726.jpg

調味料類はミル山椒のみ。

8分後到着。

PXL_20231207_031926988.jpg

ネットで写真を見たときに
このガラス鉢があまりそそられなかった。

PXL_20231207_031930813.jpg

実際目にしても違和感はある。
冷たいのならいいと思うけど。。

乗せ物は肉味噌、チンゲン菜、刻み玉ねぎ、
青唐辛子、味玉1/2。

さて、スープ、、、

PXL_20231207_031952116.jpg

わあ、、、メ!

グリーンカレーに近いスパイスカレー。
辛さもしっかりあり、これは上等!
練りごまは使っていないんだね。
白ごまがそのままたくさん散らされている。

麺をいってみると、

PXL_20231207_032011517.jpg


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


三河屋さんが頭に浮かんだ。
スープにバッチリ合う麺だ。
シコシコもぐもぐ、咀嚼が楽しい。

肉味噌が激しく美味しいので、
徐々に美味しさが増す。

PXL_20231207_032100061.jpg

大島産の青唐辛子が辛いのは知っている。
その通りに激辛(≧▽≦)
とっても良きアクセント。

山椒です。
と言われたのは花椒でなく和山椒だった。

PXL_20231207_031551409.jpg

少し摺り入れると、鮮烈な香りに包まれる。


サービスの半ライスには

PXL_20231207_032137602.jpg

絶品肉味噌をサルベージしてある。
何口かこれでいただくと、幸せになる。
その後穴あきレンゲでいろいろすくい出して、

PXL_20231207_032716786.jpg
PXL_20231207_032732626.MP.jpg

ますます幸せになった。


いやぁ、いい店教えてもらった。
前にやっていたダイニングが気になるな。
この気持ちいい空間で夕食をいただいてみたいものだ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


206
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月05日

純手打ち 麺と未来@下北沢(醤油ワンタン麺)

訪問日時:2023/12/05 11:38

というイベントをやっている。
カレーフェスには何度も来てるけど、
シビ辛祭り、というのは 他でもなかなかない。

麺類は点と線、と Curry&cafe SAMA
で提供している。
前売りでリストバンドを買って来てみたけど、
その交換は17時から...
土日は12時からなので、土曜日に来てみるか。。
でも、12月10日までなんだよね。
来られるかしらん。。。

で、麺と未来の前を通ったら、待ちがない。
作り手も変わってるし、
醤油もいただきたかったし、飛び込んだ。


醤油ワンタン麺を購入した。
8席のカウンター席、7番に着座。

店内は製麺室ができた以外は
あまり変わってない。
それにしても塩らーめんには驚いたものだ。

もち麦を使った独特の食感は
まさしく、麺の未来だったかもしれない。
その後同じような麺を何度か味わっているし。

卓上には胡椒が置いてある。

スタッフさんは2名、1ロット3杯、
座って13分後到着。


ワンタンが大きい!


乗せものはチャーシュー、メンマ、
白髪ねぎ、三つ葉と 変わっていない。

スープ、、、


うは、メ!

やさしい醤油タレの味が
芳醇なスープを引き立てる。
和風の味わいでナイス。

ささ、麺を、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



当初より麺が極めて太くなっている。
こちらの創始者は今は日陰
腕を振るっているけど、
見事にそれを受け継ぎ、
独自の進化を遂げた感じ。

これほどの太い麺だと、
強めのスープでないと合わない、
というのが常識めいたものではあったけど、
この外側のトロトロの部分に
優しいスープがよく浸透するし、
中心の噛みごたえある食感にも
抜群に合う。

めっちゃ美味しい。

ワンタンは海老がぎっしり。


激しく美味しい!
こちらの皮も自家製だと思うけど、
存在感ある麺に比べると
大人しく思えてしまう。

チャーシューは相変わらず絶品。


柔らかで味付けもよく、
何枚でも食べたい。

メンマは色濃くなっている。


コリうま!


あー、美味しかった。
勘違いの代替だったけど、来てみてよかった。
冷えた体が温まったよ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


205


感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月17日

中華そば ふくもり 駒沢本店@駒沢大学(煮干しカレー中華そば)

訪問日時:2023/11/17 12:52

中華そばふくもり駒沢本店が11月7日、
元の場所に帰ってきた。


以前のファサードも好きだったけど、
今度はコンクリート壁がかっこいい。

すぐに店内へと入れた。


こういうの嬉しい。
前の店が思い出される。

新たなメニュー、煮干しカレー中華そばを購入した。

カウンター席に案内され、
ちょうど満席になった。

厨房を囲むカウンター10席、
2人卓×1、4人卓×2に
前と同じ小上がりの席もある。

調味料類は餃子用の3種と
一味唐辛子。


10番目で16分後到着。


チャーシュー、メンマ、刻みネギ、
海苔、なると、ひき肉が乗っている。


全部がカレースープになっている仕様。
そのスープは、、、美味しい!


煮干を強く感じ、なんか完璧。。。
むかーし、せたが屋のカレーライスを
いただいたときの香りを強く思い出した。

中太麺をすすりあげると、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



これはいいぞ。
もっちりして ざらついた麺が抜群に合う。
カレーラーメン好きとしては
かなり上位にくるお気に入り度。

チャーシューはバラ肉。


適度な厚みがあり、美味しい。

メンマもかなり美味しい。


カレースープでも存在感は
全く変わらない。

このラーメンにはこのひき肉が必須と思われ。


目立たないけど、良い仕事している。

スープは基本のスープに
カレースープを混合して作る感じかな?


豚肉と玉ねぎがたくさん確認できた。
この豚肉と甘い玉ねぎも味の構成に役立っている。


ほぼスープを飲み干して箸を置いた。
とても美味しかった。
夏の冷やし中華を楽しみに待ちます。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


194


posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月05日

麺屋 さんQ@上町(鶏清湯らあめん)

訪問日時:2023/10/05 11:20

上町の新店にお誘いありにて、
やってきた。


麺屋 さんQ

燈灯亭の跡地。
シャッターPPゲット(久々に使うword--)。

こちらはもつ料理 ごうかくの二毛作営業で
ラーメンを提供していたのが起源。
青森煮干し中華そばは美味しかった!

その麺がスピンオフして、
2012年4月に経堂にて
青森煮干し中華そば ごうかく開始。
当時珍しかった昆布水つけ麺
とても美味しかった!

そして9月30日、
移転改名してOPENとなった。


11時半になり、暖簾が出た。


この頃には6人が並んでいた。
店に入り、券売機に向かう。


私は鶏清湯らあめん
氏は鶏清湯つけ麺を選んだ。
青森煮干しらあめんとご飯ものは
まだ未発売。


席数は6と変わっていない。
狭小な物件だけど、
居心地は悪くない。

卓上にはGABANのブラックPと
ホワイトP。

説明あり。


8分後到着。


茹で時間は1分ほどだった。

薄切りのもも肉チャーシュー、
穂先メンマ、さらしねぎ、かいわれが乗る。


スープは水鶏系。


でも、複雑な甘みも感ずる。
鶏油に醤油のキレ、
という感じではなく、
野菜も感ずるバランス型というか、
そんな感じでかなり美味しい。

麺を、、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


パッツン一歩手前のシコっと食感。
実にスープと合っている!
これは・・・・・好き。

チャーシューもやさしいお味。


穂先メンマはケチケチせず、
3本も入っていて、しかも絶妙に美味しい。



最後はスープまで完食。


氏のつけ麺。


麺は同じだけど、
今度は昆布水なしなのね。


スープに浸してみると、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


昆布水つけ麺にも飽きてきたので、
この麺とスープの相性を図ったような
シンプルな味わいが逆に新鮮に思った。
とっても美味しい。


終わって外に出ると5名の列。
一人体制なので、時間に余裕を持って行かれたし。
おそらく、ご近所需要も喚起されて、
人気が出るように思う。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


172


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月01日

やきとり児玉@三軒茶屋(瀬戸内煮干しと羅臼昆布のひやかけ)

訪問日時:2023/08/01 18:30

限定の冷やしを求めて、
半年ぶりの小玉詣で。


お通しは


卵焼き、コーンの冷製すり流し、出汁トマト。

トマトの出汁が分厚くなっている。
かなり美味しい。
出汁まで飲んでおいた(≧▽≦)

鶏皮ポン酢。


安定の美味しさ。

鶏シュウマイと、ポテトサラダ。


まさ吉時代から全く変わっていない鶏しゅうまい。
熱々で絶品。
コロナ時代にはこれが入ったお弁当で
随分と力つけられたものだ。。。

ポテトサラダは来るたびに
進化している気がする。
今でも私のナンバーワンポテサラ。

日本酒にしましょ。


まずは明鏡止水の夏酒。


明鏡止水も児玉さんに教えてもらったんだよ。
それ以来、毎年のラベルを見るのが楽しみでさ。
今年も美味しいよね、なんて言ったりね。

キンカン。


トリュフを乗せるのは
やめたんだって。
高すぎるらしいです。
でもね、この刻み海苔もいいね。
この方が好きかも(^^;

レバーパテと季節野菜のモナカ。


今の季節はいちじく。
いちごもよかったけど、
こいつもすばらしい。

ささみ。


毎度変わらぬ落ち着き感。
焼物スタートはやはりこれにしてしまう。

次の酒は山本。


ドキドキったぁ面白い名付け。
酸味がキリッとして美味しいねえ。。

手羽先。


骨を抜いてあるので、
歯ごたえと美味しさだけ味わえばよし。
今日も美味しい。

つなぎ。


これははずせません。
今日も最高。

アボカド。


アボカドのたれ焼きは発明だと思う。

みむろ杉。


夏酒ではないけど、
好きなブランドなのでね。
今日の三本では一番気に入った。

つくねをいただき、


瀬戸内煮干しと羅臼昆布のひやかけ


スープは昆布と煮干の上品な美味しさが伝わる。


冷えていてもその香りたるや、
すばらしいの一言。

シコシコにしめられた麺をずずっとやると、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



すげーなー。
なんでこんなに美味しいのでしょ。


ところで、この日の「マツコの知らない世界」に
ここやきとり児玉が取り上げられた。
と言っても〆のラーメンの写真だけなんだけどねえ。。。

この二ヶ月、不調と仰っていたので、
常連さんたち〜〜〜是非行ってくださいね〜〜〜


至福のときを過ごして、
店をあとにした。


130

やきとり児玉
感想など。。。
posted by ぼぶ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月03日

だし麺屋 ナミノアヤ@用賀(鮟〜だし麺)

謹賀新年

みなさま、今年もよろしくお願いいたします。
今年も自分のペースで食べ続けて参ります。


訪問日時:2023/01/03 11:36

新年一発麺はどにこにするか考えていたところ、
MAIKAGURAのTwitterを見たら何と!
今日明日限定で中村屋のラーメンを提供すると!
それは私的に相応しいじゃないすか!

勇んで開店15分前に行ってみると、
案の定、やはり、予想通り、行列が。。
しかも30名超レベル。
早々に諦め、環八を戻り、

Instagramでは
いつも魅力的な写真をあげるし、
再訪したかったのは事実。

でも、いつの間に濃厚タイプが?


店の前に来ると、


限定のあんこうのラーメンがある!
それにするかと入店すると、
最新鋭の券売機がなくなり、
後会計に変わっていた。

7席のU字型カウンター、
4人卓×1、2人卓×1。
奥のカウンター席に着座。

品書きが置いてある。
改めて現在の商品構成を検証。


だし麺の醤油、塩、濃厚。
それぞれ具は別盛りで、
普通、特製、饗がある。
麺の小サイズはなくなったのね。

だしつけ麺も醤油、塩、濃厚を選ぶことができ、
普通と特製がある。

ここは羽釜で炊いたご飯も推しているので、
ご飯物も豊富。


新たな推しは唐揚げ。


米は都度変えているのもすごいところ。


経営母体のコンセプトをそのまま体現していて、
その点はブレがない。

これにも強烈に惹かれたけど、


やはりこれをオーダーした。


鮟〜だし麺
ミニ海鮮丼も魅力的だけど、
それは次の機会に。

やはりあん肝スープと言ったら
白飯でしょうに。


デフォルトメニューの
食べ方指南書も置いてあった。


調味料類は
キノコの佃煮、山椒、醤油、塩、わさび
と、変わっていない。

  

無料サービスのご飯は
小にしておいた。


しかし、接客の女子スタッフさん、
キュートだし、感じ良い。

「いつもありがとうございます」

という挨拶が多く、
常連さんが後から後からやってくる。
しかもお子様連れに老齢のご夫婦など
千差万別。


予め時間がかかる告知をいただいたので、
順番を飛ばされても落ち着いて待ち、
13分後到着。


いい香りだよ。

具は
鮟鱇七味焼き、あん肝、ねぎ、三つ葉、糸唐辛子。


自家製生七味も同着。


この時点でご飯の提供を
いつにするか聞かれる。
あとでお願いしますね。

スープいきます。


ほんの少しの生臭さがあるけど、
あん肝スープとしては優しくて柔らかだね。
大洗あたりの超濃厚あんこう鍋のイメージとは、
かなり異なり「だし」を感ずるスープ。

麺は平打ち。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



つるつるもちもちの麺。
あんこうを上品に感ずる味わいに
これにしてよかった感が徐々に広がる。

あん肝も付いているけど、


スープに溶かずに
麺と共に頬張るが吉。


あん肝うまし〜〜〜
これでご飯食べてもいいね。

それにしても白の器とスープが映える。。。


鮟鱇の七味焼きは激しく美味しい。


一口いただき、ご飯のおかずに決定。

生七味を試す。


ぎゃー、これ絶品生七味。
味噌を使っていて、味が一変する。
風味も辛味も良いね。

その他、山椒もよく合う。


麺がなくなり、ご飯発注。


最初はご飯だけを楽しむ。
今日は千葉産コシヒカリ。
塩をちょっとかけると、笑顔になった。

生七味はご飯の方が生きるかも。。


キノコの佃煮もいいなあ。


最後はスープをかけて、
わさびを乗せて、


なんじゃ、これ。
めちゃくちゃ美味しい!
小ではご飯足りなかったけど、
まあ、いいや。


いやー、このメニューに出会えてよかった。
やはりいい店だ。
また来ることにしよう。

「いつもありがとうございます」
と言ってもらえるのはいつになるかな。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


001


感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月26日

麺屋はやぶさ 下北沢店@下北沢(オマール海老湯)

訪問日時:2022/12/26 12:00

名古屋の麺屋はやぶさ
色とりどりの豊富なメニューがあり、
チェックはしていたけど、
向こうから東京に来てくれた!


場所は下北沢の奥の方の
細い道の突き当りのまた奥。
こりゃ目立たんな。。。

商品写真が並んでいる。


オマール海老スープのオマール海老湯
豚骨ベースの豊潤はやぶさ
7種魚介タレの大潮まぜそば
6種の醤油、にぼしベースのしょう油ラーメン
しょう油ラーメンに鶏スープと鶏油のエスプーマ
で仕上げた煮干醤油ラーメン
オマール海老スープを使った、オマール海老の汁なし担々麺

という6種類の麺構成。

多種メニューがある場合、これを食べればいいかな、
と思うことが多いのだけど、こちらでは全部が気になり、
相方を誘致。

入ります。


最後の最後まで迷ったけど、
券売機で、オマール海老湯を購入した。
氏は大潮まぜそば。

店内、かわいい色使いだね。
映え、を意識してるかな。。

壁に向かった6席のカウンター、
2人卓×4。

2人卓に案内されたけど、狭い。
調味料類は、
一味唐辛子、昆布酢、追いタレ、ガーリックチップ。


レンゲが乱雑に入れてあるけど、


これは映えませんぜ。
だいいち、汁が飛ぶかもしれず、
不衛生と思うデス。


オープン記念のクーポンくれた。


3番目で、9分後到着。


口が広がったきれいな器。

そして、何とも美しいビジュアル。


具は、鶏胸肉低温調理のチャーシュー3枚、
紫玉ねぎ、青ねぎ、クルトン、粉チーズ。

さ、スープはと、


こりゃうめい!
甘海老や伊勢海老の出汁のような
海老臭さはあまりなく、オマール特有の
上品なビスクそのものだよ。
すごいね、これは。。。

麺は朝霞の林製麺所?
(祝い花があったので)





ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




めちゃくちゃ美味しい!
むっちり中太麺が抜群の相性。
スープはいやでもたっぷりと絡まってくる。

味わいの最後の方に
軽く魚介出汁も感じ、
バランス良きこと。

鶏胸肉も美味しい。


しっとり柔らか。

ガーリックチップと唐辛子を。


ガーリックでも全体の香りは変わらない。
唐辛子もかなり良い。

味変用に供された、
辛い油とにんにく。


これも非常に良い味変になる。

ランチはライスが無料。


少なめでもらっている。
鶏肉が良いおかず。


そして、スープを、、、


まんま、オマール海老のリゾットっす。
少し 追いタレを足したら、味がしまって、
レンゲが加速した。


氏の大潮まぜそば。


煮干玉、煮干粉、貝ペースト玉、岩海苔、鰹節、ミル貝
というまぜそばでは初めて見るような具材に
紫玉ねぎ、青ねぎという構成。

混ぜていただくと、魚介爆発!


麺はオマール海老湯よりも太く、
いろいろな味を全て受け止める。
かなり美味しい!

そしてライス割りをすると、


初めて味わう魚介のご飯、という感じ。
非常によく出来たメニューと思う。


困ったな。
全部制覇したくなった。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


235


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月25日

SHUNGOURMAND@祖師ヶ谷大蔵(シュングル麺)

訪問日時:2022/12/25 11:35

所要を済ませ、
世田谷通りを環七から南下。
どこかでラーメン、行けるかなと、
の行列を横目で見て、
停車して検索すると、
見たことも聞いたこともない店の
ラーメンが目に止まった。

調べるとビストロが
ランチでラーメンを提供とな。
異業種のラーメンには
めちゃくちゃ興味があるので、
即決して来てみた。


NHK技研前交差点そばの
ビルの2階にある、
SHUNGOURMAND(シュングルマン)。

ラーメンランチがあることを確認して、
階段を上がる。


店の情報はこちらのブログが詳しい。

玄関の前には
テラス席もあっていい感じ。


扉を開けると、重厚な空間が広がる。

カウンター4席、4人卓×2、2人卓×2、
かな?

カウンターに座り、改めてメニュー拝見。


チャーシューが2枚のシュングル麺、
1枚のシングル麺、
0枚のかけ、
という1種類の味。
今日はミニライスはなしだって。


ドリンクもいろいろ。

シュングルメンをオーダーした。

オーダーがすむと、
お冷とカトラリーがセットされる。


柑橘酢も供された。

4分後到着。


チャーシューでっか(゜o゜;


しかも、厚みが1cmくらいはあるよ。

「切れ目は入れてますが、
食べにくかったらナイフとフォークを
ご用意します」

とスタッフさんに言われた。


では、スープをいただく。


うは。
美味!

ダブルコンソメと表記があったけど、
鶏と豚をコンソメの手法で処理したようだ。
野菜や生姜の風味も漂い、
すっきりしながらもぶ厚い味わい。

麺は細ストレート。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




シコっとした食感が心地よい。
スープもよく持ち上げてきて、
しっかりラーメンになっている。

これは、、、、
うまいよ。。。

さて、チャーシューだ。


重い(・・;)
300gくらいあるか?
切れ目はあるけど、
噛み切り易くはない。

ローストポーク、と言った方が
しっくりくるような味で、
かなり美味しい。

一枚目はなんとか
お箸で食べたけど、
難儀したので、ナイフとフォークをもらった。


こうしてお皿に乗せると、
元からこういう料理のよう。


この方が断然食べやすかった。
これにグレービーソースでもあればな。。。


柑橘酢もスープに入れてみたけど、
味がスキッとしまり、
風味もさわやかになった。


そしてほぼスープを飲み干し、
箸を置いた。

ちょっと不便なところだけど、
是非夜に訪れたい店だ。


ランチは何でもいいや、と思うほど、
めんどくさくなっていたのに、
ラーメンにありつけて よかった。

しかも意外な一杯に行き着き、
収穫だな、と思いながら店をあとにした


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


234
感想など。。。
posted by ぼぶ at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月02日

Soy Sauce Ramen Janya 醤屋@駒澤大学(紫ワンタンメン)

訪問日時:2022/12/02 11:40

醤屋
2000年に馬込からスタート。
その後醤道みき屋と改名と移転を
繰り返していたけど、11月1日に
駒沢にて再開した。

どうなっていようと大好きな店だし、
早く来たかったよ。


向かいは元まちかどの店舗。

きれいな店構えだね。
醤道ver.醤太郎など
DNAを受け継ぐ店も多いけど、
本家の復活はうれしい限り。


3人が待っていて、外で18分ほど待機後入店。
券売機に向かう。


伝説の白、紫、黒が復活!
+50円でつけ麺にもできるんだね。
ダブルインパクトはないね。
今日は紫ワンタンメンに決めた。


7席の厨房を囲むカウンター席のみ。
席間にはしきりあり。

調味料類は酢、胡椒、一味唐辛子。


店主さん、懐かしや。
でも、こんなに愛想なかったかな。。。

1番目で4分後到着。


ひゃー、いいビジュアル!


レンゲを差し込んでスープを、



美味しい。
鶏やら乾物やら野菜やら
いろいろな味と風味が襲ってくる。

麺はぱっつんストレート。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



変わらない硬質な麺。
でもこのスープにはこれっしょ!
というような自信を感ずる。

ワンタンはてるてる坊主型。


これがまた美味しいわ!
餡の味がはっきりとわかり、
ちゅるっとした皮も見事。

チャーシューも変わらず絶品。


極太メンマも健在。


これもうまいんだ。


小チャーシューライスも頼んでいた。


魯肉飯のようにトロトロなのがいいのよね。
今度はメンマも乗っかっているし、
こりゃうまし!


満足した。
でも、やはり黒を食べたいな、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


219


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月27日

味噌中華そば からす味@千歳烏山(味噌中華そば)

訪問日時:2022/11/27 12:00

千歳烏山の味噌中華そば専門の新店。
その画が実に好みだったので、
早く来てみたかった。


味噌中華そば からす味
11月1日オープン。
ど・みそとREGAMENの関連と聞く。

ここは中華そば 栄じの跡地。
飲食店の複合ビルの奥まったところだけど、
人通りの多い場所だし、目立っている感じ。

12時の開店と同時に7人が先に入っていった。
券売機の前へと進む。


未訪問だけど、関連店の
たた味や味噌ラーメン百庵と似ていて、
やたら生卵推し。

味噌中華そばセットを購入した。

店内は9席のコの字型カウンター。
スタッフさんは2人体制。

調味料類は山椒、黒胡椒、一味唐辛子。


提供前に生卵とライスがセットされた。


卵を溶いていると到着。


オペレーションは極めてスムーズで、
8番目で7分後到着。


これこれ。
この色に惹かれていた。
食べる前から美味しいのがわかる。


赤味噌の風合いが強いけど、
うまいこと赤味噌の強い味わいを和らげている。
このスープは想像通りに大好き。

自家製麺をずずいと、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



適度にもっちりした食感がとても心地よい。
そして、絶品スープをよく持ち上げる。

蒲田の呉屋に似ているかもしれない

チャーシューが非常に気に入った。


肉肉しい食感で、
炙り焼きの薫香がすばらしい。

これはご飯に合う!


メンマは細いけど、


存在感は小さくなく、
とてもいい感じ。

山椒がよく合う。


生卵はそれほど好きではないんだけど、


推奨の食べ方だけあり、
これいいね。

チャーシューの残り一枚も
浸してみた。


すき焼き風・・・

麺と具がなくなったら、
ライスに残った卵を入れ、
ラーメンスープをかけて味付け。


味噌風味のTKG、ナイス!


大変満足して店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


215


感想など。。。
posted by ぼぶ at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月17日

楽観 下北沢店@下北沢(金剛石)

訪問日時:2022/10/17 11:52

毎年密かに楽しみにしている
今年3月にOPENした楽観も参加している。
行くしかない。


楽観下北沢店は
新しい施設、ミカンのD街区の2階。


フェスの参加作品は金剛石(ダイヤモンド)。


開店以来、商品には宝石の名前をつけているけど、
ダイヤモンド、ときたら最高峰ってことかしらん。

扉を開けると、先客は4名。
券売機で金剛石を購入。


現金とほぼ全ての決済方法が選べる。
詳細なページはDATAにて。

6席のカウンター、
移動可能な2人卓×7。

カウンター席に案内された。
調味料類は、ラー油、酢、醤油、胡椒。


ああ、西麻布GOLDはリニューアルしたんだった。
伊東さんは今どこに?


4分後到着。


肉はそぼろだけか。。


ほかは、
赤・黄のパプリカ、玉ねぎみじん切り、糸唐辛子
という乗せもの構成。

スープにびっくり。


貝出汁×スパイスシーフードカレーという触れ込みだったので
予想はしていたけど、これほど貝が強いとは!

麺は細ストレート。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



スパイシーさはそれほどない。
貝出汁ばかり感じ、カレー感はほのか。
でも、それが抜群のコンビネーションに思える。

初めていただくカレーラーメンの味。

鶏そぼろは茄子も入っている。


少量の肉質を楽しみながら
箸を進めた。

ラー油を試してみた。


ラー油自体はいいんだけど、
これには合わないかな。

胡椒は合う。


麺は惜しまれつつなくなり、
その後完食を禁じ得なかった。。

おいしかったなー。
今度はつけ麺か味噌味の柘榴かな。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


190


感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月12日

やきとり児玉@三軒茶屋(にごり中華そば)

2022/10/12 18:00

新しい限定麺が既に始まっている、
やきとり児玉へ、お夕食に。


八海山ヴァイツェンは今日も美味しい。

お通し。


茹で落花生、きのこ煮浸し、柿のチーズ和え。
落花生の食感がやや固くてすごい。
どうやって茹でたのかしらん。

まずは鶏シュウマイ。


少し遊び心が加わって、
ひょうちゃんの醤油が付いてきた。
児玉さんのコレクション放出だそうだ。
シュウマイは崎◯軒を超えている。

キンカントリュフ。


安定の贅沢な美味しさ。

ポテトサラダ。


まさ吉で初めていただいたときは
その美味しさにびっくりしたものだ。
今でも色あせないどころか、
進化している感じ。

ささ、日本酒を。


墨廼江ひやおろし。


いいねえ。

焼き物いきましょう。
ささみ。


味噌、わさび、梅。
三宿に来てから串を抜くようになった。
うまいな==。

せせり。


つなぎ。


安納いも。


サービスでいただいた。
バターをのっけてねっとりうまい。

皮。


同行者がびっくりしていた。
それほど食感がよく、
カリねっとりの極地。

アボカド。


タレ焼きするとこれほどまで
美味しくなるのか、という食べ物になる。

お酒おかわり。


刈穂の「秋」。
少し濃厚な美味しさに
秋の訪れを喜ぶ。

つくね。


今日はタレ焼き。
これを家に常備したい。

締めはにごり中華そば。


スープは単にガラや鶏を
強力に煮出したものではない。
皮をうまく使って、濃厚ながら
さっぱりした鶏白湯になっている。
これ、すごい。。。

麺をずばずば。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



まさ吉時代にいただいた
まかないらーめんと称する鶏白湯を超えている。
これもまた名作だ。



やきとり児玉


186


感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月23日

経堂めん助@経堂(中華そば)

訪問日時:2022/08/23 11:41

オススメのあった、
経堂めん助に。


ラーメン店らしくない外観に
一度通りすぎてしまった。。

看板はドア横の
これだけなんだもん。


お品は1種類か。。

店に入って、軽く躊躇した。
3mくらいの直径の丸テーブルしかない。
6席くらいの客席で半分。
あとの半分は調理台。
奥は調理スペース。
厨房・客席一体型の極地だね、これは。

昔の大井町のを思い出す感じだけど、
あれほど緊張はしない(^^;

短い金髪の店主さん。
ちょっと強面に見えたけど、
そうでもなかった(^^;

店頭と同じお品書きを確認して、


中華そばを中太ちぢれ麺でお願いした。

スープは無化調はわかるけど、
メンガラってなんですか?
鶏ガラのこと?
店主さんは岡山出身と聞くけど、
岡山ではそう言うとか?
※調べたところ、親鳥の鶏ガラだそうです。
岡山で使われる用語みたい?。

調味料は、一味唐辛子と胡椒。


お冷はやかんから麦茶。


先客は2名。
3番目で5分後到着。


チャーシュー、刻み玉ねぎ、茹でキャベツ、
ゆで玉子1/2、なるとが乗っている。


スープをすすって、びっくり。


うま!

鶏油由来もあるけど、鶏の旨味爆発。
醤油ダレはキリッとしている。
白河ラーメンに近いかも。。

中太ちぢれ麺は、、、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




つるつるで唇触りが楽しい。
食感はもっちりはしているけど、少し物足りないかな。
ピロピロの平打ちだけど、もう少し厚みがあると
麺の力強さと合う気もする。

チャーシューは煮豚タイプ。


適度な食感で美味しい。
チャーシューメンを所望する人もいると思う。


いや、美味しかった!
スープも飲み干した!
オススメに従って良かった(≧▽≦)


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


155


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月18日

らーめん・わんたん ゆう輝屋@三軒茶屋(ワンタンメン)

訪問日時:2022/08/18 12:00

たんたん亭の系譜の店が
三軒茶屋にできたとな!
未訪問だけどめでた屋が師匠らしい。。。

オープン日の8月15日に知ってはいたけど、
その日は行かれず、あわてて16日に行ってみたら、
定休日_| ̄|◯


祝い花出てるんだよ。
やっていると思うじゃん。
2階に上がると真っ暗。

調べると火、水定休日というのがわかった。
オープンの翌日に定休日を持ってくるとは
思わなかったっす。
慌てものの私が悪いっす。
13日、14日はプレオープンしてたみたいね。

(実は翌日水曜日にも来てるのは恥ずかしいので言わない)

出直して本日。
10分前にシャッターするとPPだった。
そのうち多分混むようになるので、
早く来たかったのよ。


Como Dockというバー内での営業。
22時まではゆう輝なのかな?

12時に1階まで看板を設置に芳賀店主さんがでてきた。
そして、ドアの横に暖簾が掲げられ、開店。


ちょっとシワが気になる。
アイロンかければいいのに。。。

店内に入ると、
バーカウンターそのもの。

11席あるけど、
満席になると狭いかもね。

お品書きは頭に入っている。


ワンタンメンをお願いした。

調味料は、醤油、胡椒、酢、ラー油。


制作過程はお見事。
3分後到着。


器もきれいですね〜〜

具はチャーシュー、ワンタン、ねぎ、メンマ、三つ葉、海苔。


スープをいってみると、


メ!!

まさしくそれ系の味わい。
あっさりながら、力強いバランスがいいね。
大好きな味わいだよー。。。

ぱっつん麺を、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



軽い鶏豚系のベースに
ほのかな煮干しの香り。

文句なし。
この麺で正解。

チャーシューはレア部分が残ったもの。


美味しい!
満足な厚みもあり、ナイス!

チャーシューが2枚のる得ラーメンに
しなかったことを軽く後悔した。

でも、ワンタン6個の魅力には勝てなかった。。。


さすがに極上。
これは美味しい。
DNAを感じます。

細めのメンマも美味しい。


もう少し欲しいなと。

ワンタンは醤油、ラー油でも楽しんだ。


これ、やった方がいいよ。
断然美味しくなる。


そしてスープまで完食。
満足して会計すると、
O崎さん登場。
なんとなくお会いできる気がしてました(^^;


つけ麺とか出たらまた来るかな、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


151


感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月06日

やきとり児玉@三軒茶屋(青柚子と煮干しの冷しかけそば)

訪問日時:2022/07/06 18:30

児玉の冷やしをいただきに訪問。
冷やしはまさ吉以来、初めてかな?
楽しみ。

初となる友を伴って席に座る。


今日はアラカルトでオーダー。

突き出しから。


新潟の枝豆・・・香りが良い
オクラ・・・おかかがいい感じ
冷製コーンポタージュ・・・究極の甘さ

一品をいくつか。


鶏アボカドわさび・・・安定の美味しさ
キンカントリュフ・・・友びっくり
とりむね肉とモッツァレラチーズサラダ仕立て
・・・初めていただく。グレープフルーツがナイスアシスト
ささみ・・・ふわふわの焼き加減

そして焼き物。


今日も極上に美味しい。

日本酒のラインナップ。


今日は以下の3本。


夏酒の季節はいいなあ。


友にかけそばを。


一口もらって故郷に帰ってきた感あり。


8月末までの限定、
青柚子と煮干しの冷しかけそば。


なんときれいなんでしょ。


このビジュアルだけで惹かれていたよ。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



煮干しの上品な香り、
紫蘇と青柚子のさわやかさ。

冷たすぎないスープがいいんだよなあ。

麺は棣鄂さんのを使用。
シコシコと抜群にスープと合う。

あっという間にスープまで完食。
美味しかった〜
またきます。


やきとり児玉


121
感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする