2022年09月01日

恵比寿 大龍軒@恵比寿(ラーチャン定食)

訪問日時:2022/09/01 12:35

都筑で一軒フラれ(定休日見逃し)、
次の予定地 恵比寿でランチと思ったら、
機械メンテで臨休。
まあ、いいかと大龍軒に飛び込んだ。

ここはよってこやが2019年10月に
リニューアルした町中華スタイル。

よく前を通るけど、いつも盛況。
チャンタンメン を前面に押し出している。

ドアを開けると、今日もほぼ満席。
すごいな。。。

2席空いてるカウンターに座り、
ランチメニューから、


ラーチャン定食をオーダーした。

グランドメニューも見てみる。


ちゃんタンメンとは
半数以上がそれ系を頼んでいるよ。

厨房では2人がすばらしい素早さで
調理している。

10人くらいが食べておらず、
長期戦を覚悟してたら、
5分後チャーハンと肉焼売がきた!


ラーメンはまだかかりそうだったので、
ゆるゆると食べ始めると、

焼売うま!

肉たっぷりでギュッと詰まってる。
そしてチャーハン、いいね!
パラパラの一歩手前くらいで
好きなタイプ!

スプーンが添えられるとこも好印象。
レンゲだと食べにくいからね。

その5分後ラーメン到着。


ここで再認識。
そーか、よってこやのラーメンなんだ。。


スープをいただき、懐かしさにあふれた。


この科学の粋を集めた(^^;
ライト豚骨醤油スープに
ハマった時期もあったなあと。

中細ストレートのパッツンのいい感じに、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


チャーハンのお供にいいよ、これ。

チャーシューは当然切りおきだけど、


不満はなかった。

メンマもしかり。



とても満ち足りけど、
店内が暑く、汗だくになった。

就労環境も良くはないんだろうな、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


162


感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月26日

甘蘭牛肉麵 渋谷本店@渋谷(甘蘭拌麺 熱)

訪問日時:2022/08/26 11:42

8月13日に開店した
甘蘭牛肉麵 渋谷本店。
大阪から乗り込んできた、
いわゆるひとつの蘭州ラーメンの店。


東急本店の向かい側。
ひっそりと主張している雰囲気。

中に入ると空席あり。
壁に向かったカウンター7+5席、
4人卓×4?

券売機に向かうと、タッチパネル式。


おすすめのタブでは8月末まで
890円が590円の甘蘭牛肉麵が表示。


麺量、麺の種類(細、中太、三角、平)、
パクチーの量、ラー油の量を選ぶシステム。

特製拉麺のタブでは、
甘蘭拌麺(熱・冷)とマナラーメン(牛肉なし)。


甘蘭拌麺の熱をタッチした。
こちらでは麺は平麺のみ、
好みも選べない。

一番手前の席に案内された。


黒酢のみ置いてある。


奥の厨房ではライブで麺を打っている。

多分2番めで、12分後到着。


基本、時間かかるのかな。

拌麺とは言え、ビジュアルも考えてか、
具(牛肉、きゅうり、人参、パクチー)は別皿盛り。


少しどけると食べ方指南書。


でもこれは拌麺のではない。。。

麺はさすがに美味しい!


もっちりむちむちの極地。

タレを少し絡ませると、


すばらしい味になる。

具は全部いっぺんに盛り付けた。


そして、ゆっくりと混ぜ混ぜして
いただきますと、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




タレが抜群に美味しい!
そしてすべての具が麺と協調性を示し、
よく考えられた取り合わせだと思う。

人参の食感、きゅうりのさわやかさ、
パクチーの存在階、そして柔らかな牛肉だ。
どれが欠けても魅力が薄れる気がする。


麺は並だけど、
少し物足りなかったので、
ライスを発注した。


すると、これが大当たり。
残渣とライスの相性がすばらしいよ。
これは追い飯として付けてもいいくらい。


とても美味しかった。
牛肉麵もいただきたくなった。。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


158


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月07日

MAGIC NOODLE 香味麺房 恵比寿店@恵比寿(しびれ山椒とナッツの麻辣)

訪問日時:2022/08/07 12:00

ロボットが調理する麺専門店?
情報を目にしたときから気になっていた。
徐々に全貌が明らかになってくると、
まぜそば専門で、それも種種雑多な6種類のメニュー。

2種類は最低いただきたいと思ったので、
オープン2日目にお誘いして行ってみた。


前はつるまる饂飩だった物件。

こちらは

TechMagic株式会社が自社開発の
調理ロボット「P-Robo」を活用した
新業態のスパイスヌードル専門店の旗艦店

ということだ。

ロボットの会社が味の監修を受けて、
経営する、とうことらしい。

これに先駆けて、丸ビルで
エビノスパゲッティというパスタ専門店を
6月にオープンさせている。


全て頭に入ってはいるけど、
店頭のお品書きを眺めていると、
チラシをくれた。


ドリンクサービスありがたい。

やがて合流して店内へ。
オーダーは最初に会計を含めて
入り口脇で行う。

豚ひき肉とココナッツミルクのトムヤム
豚バラチャーシューのスタミナ
卵黄と青のり天かすの悪魔
豚ひきにくと彩りラペのカレー
しびれ山椒とナッツの麻辣
ベーコンと玉ねぎの辛クリームチーズ

麺はそば粉とデュラムセモリナ粉で製麺したとか。
一番下のメニューだけは平打麺。

はっきり言って全部食べてみたいけど、
しびれ山椒とナッツの麻辣をオーダーした。

店内はロボットをガラス越しに見る
カウンター11席。

調味料は一味唐辛子と黒胡椒。


これがロボット。


右側で麺を茹で、
それをパンに入れると、
ぐるぐると炒め調理を始める。
炒め終わると、左側に流れ、
最後は人力で盛り付けを行う。


座って5分後到着。


いわゆる、汁なし担々麺でしょうかね。


麺はそばの色。


シコッとした弾力ある、
力強い麺だね。

軽く混ぜいただきますと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


想像の域を出ない味だけど、
こいつは美味しい。
麺ともよく合っている。

麻辣度合いは驚くほどでもない。
普通にカラシビを楽しめる。

ナッツの食感も楽しく、
どんどん箸が進む。

追い飯が付いている。


黒胡椒の炊き込みごはん
と言っていた。


合うに決まってるよ。
そりゃ美味しいです。
でも、ちょっと塩分過多かな。

氏の豚バラチャーシューのスタミナ。


これは二郎風のまぜそばを意識した
味付けと思われる。


これも美味しい!
こちらの追い飯割りもかなり良かった。

今日は喉が乾いたので、
もらったウーロン茶ありがたい。



ロボット調理のメリットは味のブレがないことだそうだ。
半自動の割には6人ものスタッフがいたけど、
今後オーダーから調理までの自動化を目指すみたい。


いやいや、面白い店ができた。
また来よう。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


146


感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月14日

焼あご塩らー麺 たかはし 恵比寿店@恵比寿(塩つけ麺)

訪問日時:2022/07/14 12:35

恵比寿でしかランチをとれなくなり、
たかはしに飛び込んだ。

現在、夏メニューをいろいろ展開しているけど、
今日は未食の塩つけ麺一択。

チケットを買って、
席に座ると、焼あご白だしをくれた。


美味しいよねえ。
茅乃舎もいいけど、こっちもいいねえ。


だし茶漬けか。
どうしよう。


調味料類は変わってないけど、
それぞれの名前が書いてあって、親切。


これが夏メニュー。


どれも特に興味はないけど、
提供日はこんな感じ
それによると恵比寿店は現在は
白だしと昆布のとろみそば。

10分後到着。


麺量は並。

具は全て麺の上に。


いいね、細つけ麺好き。。

煮豚とレアのチャーシュー2種、
メンマ、ねぎ、が乗っている。

底には薄く張られた昆布だし。


スープにはなにも入っていない。


まずは細麺だけをいただくと、


なんたる爽やかな美味しさか。
3口くらい続けていってしまったよ。 

続けてスープに浸すと、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




すごい美味しいぞ、こりゃ!
細麺にはサラサラのスープだろ、
と言わんばかり。

動物系とあご出汁系の旨味が
なんとも穏やかで女性的なんだよなあ。
ともすれば、攻撃的になりがちな食材なんだけど、
とても優しいつけ麺。

ニギっとした食感の細麺が心地よく、
魚介の味と風味をまとって
いつまでも楽しくいただける感じ。

煮豚のチャーシューも変わらず美味しい。


レアの豚は


しゃぶしゃぶした。


めちゃくちゃ美味しくなるよ!
らー麺のよりもこうしていただく方が、
はるかに美味しいと断言。

メンマも極上。


柚子胡椒とわさびを試したけど、


あまり必要を感じなかった。

一味唐辛子を振ってもその思いは同じ。


味変なんか必要ない、
ということか。


スープ割りは所望せず、
麺皿にわずかに残った昆布だしに
スープを加えて味付けして楽しんだ。

いやー、うまかった!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


128


感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月08日

鬼牛@渋谷(鬼牛ラーメン)

訪問日時:2022/07/08 12:10

7月5日にオープンしたらしい、
情報が乏しい店に行ってみた。
そこは鬼そば藤谷のビル。

ああ、そうか。
鬼そば藤谷の別業態なのかな?
とここで気がついた。

店の名前が出ていないけど、
情報では3階だったので、
エレベータに乗ると、


onisoba fujiya premium
藤谷のプレミアムバージョン営業は
3階でやってたんだな。
じゃあ、そこの間借り?か。。

3階で降りると、店は やっていた。


覗いてみると、先客6名。
HEY!たくちゃんが出迎えてくれ、
一番奥へと案内された。

L字型カウンター7席に4人卓×1。

品書きが置いてあるけど、
今日は鬼牛ラーメン1種類。


ここでHEY!たくちゃんのTwitterを見てみると、
7/5のOPENは遅れて今日になったみたい。

2番めで6分後到着。


松阪牛のシールが貼ってある
三大和牛のラーメンということで、
今日は 松阪牛 か。
他には神戸牛、近江牛かな?

金の縁取りがかっこいいね。


スープはいかにも牛!


骨ではなく肉でスープを
っているらしく、
きれいな旨さを感ずる。

麺は中細 断面長方形。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



ちょっと塩味が立っている感じもするけど、
つるつるしこしこの食感がいいね。

牛肉はうまいね〜〜〜


柔らかで、火の通し方が絶妙。
これが4枚あるのはうれしい。

メンマは穂先。


柔らかで美味しい。


麺と具は速やかになくなったけど、
スープを飲み干すには至らなかった。


HEY!たくちゃんも静かに歩みを止めずに
進んでいるんだな、と思いながら、
店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


123
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月30日

焼貝 あこや@恵比寿(釜揚げしらす油そば)

訪問日時:2022/06/30 12:12

恵比寿の焼貝 あこや
ルーロー油そばは美味しかったし、
しょっちゅう前を通るので
ずっと気にしてはいた。

先日ついに新商品を発見してしまった。。


ルーロー麻婆麺と釜揚げしらす油そば。
今日は吸い込まれてみた。

店に入ると先客2名。
仕切りされたカウンター席に座り、
メニュー拝見。


ルーロー麻婆麺と激しく迷って、
釜揚げしらす油そばをオーダーした。
外の看板には限定と書かれていたけど、
店内のは書いてないね。
レギュラーに昇格したのかな。。

だされたお茶の撮影で遊んだりしていると、


3番目で12分後到着。


釜揚げしらす、メンマ、青ねぎ、カリカリ梅、
青海苔、玉ねぎ、卵黄、なると、レモンが乗っている。

メニュー写真では岩海苔っぽいけど、
これは青海苔。


麺を底から持ち上げてみると、


タレも油も見えない。
しらすとカリカリ梅の塩味で食わせる、ってこと?

まあ、混ぜまして混ぜまして、


ふむ。
ギニュッとした食感の麺はいいんだけど、
想像通りに味が薄い。
しらすとカリカリ梅ではやはり味が足りない感じ。

終始、なにかの間違いかな、
聞いてみようかな、
と思っていたけど、聞けなかった。


メンマはすこぶる美味しい!


しゃくしゃくで味がいい。
増してもいいね。


そしてレモンも絞ったりして楽しみ、
きれいに麺と具はなくなった。

味の件はSNSで聞いてみるかな。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


118
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月20日

譚仔三哥 米線 恵比寿店@恵比寿(煳辣(ウーラー))

訪問日時:2022/05/20 11:35

譚仔三哥
という聞き慣れない店が3店舗続けて できた。
香港産まれの米線料理店と聞く。
たむじゃいさむごー
なんて全然読めんわ。

公式サイトを見ると、
かなり興味深いラインナップだし、
いろいろ組み合わせるとメニューは果てしない。

新宿、吉祥寺に続いて、
5月12日に恵比寿店がOPENしたので行ってみた。
11時35分に着くと、7人が並んでいた。
呼び込み兼案内の人がチラシをくれた。


店内は広くて流れもまずまず。
5分後店内のカウンター席へと案内された。
テーブル席も含めて40席くらいあるのかな?

お品書きは各席にある。


メニューの内容は公式サイト
を参照されたし。

簡単に要約すると、

 グルテンフリーの米線1種。
スープ
 6種類(辛さは10段階)。
具材
 25種類ほどから選ぶ。

という感じ。
詳しくはこちらに書かれている。


食べたいメニューは
予習してきていて、

焦がしスパイスの風味が際立つ独特の新しい味で、中毒性がある

という煳辣(ウーラー)を辛さ2(小辛)で、
具材は豚ひき肉炒め、油揚げ、パクチーをチョイスした。

Instagramアップで90円の具材2種をくれるって。


90円のは7種類あるけど、
それっていつのタイミングで見せればいいの?
食べ合わったあとにレジで見せて伝票から値引き?
それとも次回訪問時?
まあいいや。


店内、かなり騒々しい。
お店の音、スッタフさんの声、お客の声、
香港にでもほんとにいるみたい。

9分後到着。


豚ひき肉炒めは別皿。

デフォルトの具として、
厚めの干し豆腐、もやし、ニラが乗っている。


パクチーを彩りで乗せてみたけど、
なんとなく寂しいので、鶏むね肉を追加発注した。

スープはさらさら。


あと5種類くらいスパイスを入れたら
スープカレーになるかな、という印象で、
初めて味わうスパイス感。

辛さは小辛でも、結構ある。
すぐに汗ばんできた。

麺はしっとりした米線。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


少し塩っけが少ないけど、
スパイス感と辛さでどんどんいける。

麺は米と水だけで作られていて、
製造過程で発酵させているそうな。
なので若干の食感もあり、麺料理として
不足感はそれほど感じない。

元々の具の干し豆腐。


高野豆腐のようで、
スープが染み込んで美味しい。

油揚げ、美味しい!


別皿になっている豚ひき肉炒めは


やや甘めで五香粉も香り、
独特の肉味噌という風情。

これはスープに埋没させると
個性が生きない。。
じゃー、こうするでしょ。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これだね。
この食べ方 推奨シマス!

具材だって、これで生き返るが如く。


鶏むね肉到着。


意外にも都度調整らしく、
鶏白湯スープに使っている。
この肉が素晴らしく美味しい!


柔らかで低温調理したかのよう。
この一皿でこの店の丁寧さが伝わるかも。


後半、ウーラースープをレンゲ3杯ほど
肉味噌に入れてみた。


すると、ナイスなつけ麺に变化した。
この食べ方も推奨シマス。

なんかとても楽しくなって食べ進め、
麺と具がなくなると、


胸肉の入っていたスープでスープ割り。
これがまた美味しく、またまた推奨シマス。


トマト、サムゴーサンラーあたりも気になるし、
また来てみたい、とは思う。。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


093


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月09日

長命うどん 東京本店@恵比寿(う中)

訪問日時:2022/05/09 11:45

4月8日にソフトオープンした
長命うどん 東京本店。
しばらく前から食べログに「ラーメン」括りで
掲載されていたけど、なぜうどん店が?
と思っていた。
調べてみると、なかなかに面白いメニュー構成。。

この前海老のラーメンを食べた帰りにここを通り、

「ああ、ここなのか。店構えがきれいだな」

と感じてもいたし、とりあえず来てみた。


名古屋が本店で、大正2年に創業とか。
名古屋人のソウルフード、という声もあるけど、
知らなかったなー。


消毒してドアを右に開けようとすると開かない。
押すと開いたけど、形状からして最初から押して
開ける人は少ないんじゃない?

中に入ると、コの字型カウンター席と
窓に向いたカウンター席、それに4人卓が2卓。

カウンター席に案内され、
座ると、QRコードが書かれた紙を渡される。
それを読み込んでオーダーするシステム。


メニューはちょっと複雑で、
麺は
うどん、中華麺、そば、きしめんと4種類。

スタイルが
かけ(温)、ゆつき(温つけ麺スタイル)、ころ(冷)、
冷やし(冷つけ麺スタイル)ぶっかけ(汁なし温・冷)。

麺は4種類のうち、単独、2種、3種が選べる。
なので、ものすごい数の食べ方ができる。

スマートフォン上に全部現れるけど、
一覧表もある。


夜は魅力的な練り天やらいろいろ。


盛り付け例が2つ。

一番気になった
う中(うどんと中華麺)を一玉と
ささみ天トッピングでオーダした。

うどんとそばと中華麺で"うそ中"、
きしめんと中華麺で"き中"とか、
面白い。

卓上には醤油、ごま、胡椒、一味唐辛子2種、七味唐辛子。


このお箸の置き方いいね。


このスタイルで箸袋のない店もあったな。
現ご時世では考えられないね。

5番目で10分後到着。


器は吉野家のくらいの大きさ。


きれいに2種の麺線が整えられている。


おつゆは非常に上品。


やさしいお出汁で大阪風でも
関東風でもないような感じ。
昔よくたべたきしめんを思い出す。

うどんから。


もっちりとしたつるつるうどん。
コシはほどほどでうどんとして好きなタイプ。

中華麺は


少しのコシを残しつつ、香りは弱い。
でも、唇触りはまさに中華麺。
これは面白い。

この味なら七味だ。


その後オススメに従って胡椒を、
中華麺ゾーンにかけてみる。


合わなくはない。
中華そばにほんの少し近づく。

ささみ天はおつゆに浸して、


あっさりとり天。
おにやんまを思い出した。

おつゆまで飲み干しフィニッシュ。
中華そばにより近づけるには
何らかの油が卓上にあるといいな、と思った。
カルピスバタートッピングもいいかもしれない。


最後はスマートフォンで「お会計」をタップすると、
伝票をくれる。
それを持って入り口脇のマシンで会計。
現代的なシステムですなー。

来るたびにオーダーに迷うだろうけど、
楽しい店ができた。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


085


感想など。。。
posted by ぼぶ at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月19日

Shrimp Noodle マルコ俱楽部@恵比寿(濃厚辛海老味噌ラーメン)

訪問日時:2022/04/19 11:49

3月30日にOPENした
恵比寿のShrimp Noodle マルコ俱楽部に行くか。


ピザ・バール・イタリアン「CONA」の二毛作らしい。


濃厚海老味噌ラーメンとその辛いバージョンの2種類。

店に入ると、先客1名。
カウンター席のみで各席仕切られている。


濃厚辛海老味噌ラーメンと、
炙り鶏のトリュフバターご飯を注文した。

裏には商品説明書。


甘海老をゆっくり煮出し、
魚介豚骨スープを合わせたのか。

4分後到着。


鶏チャーシュー、メンマ、ねぎ、もやし、おろし生姜、紫キャベツ
が乗り付けられている。


ん?
紫キャベツ?
で、濃厚海老?
五ノ神製作所のらーめんがすぐに頭をよぎった
(今はつけ麺しかないけど)。

スープはどろどろだ!


海老風味の極みか。
ただかなり塩気が強い。

デュラムセモリナ粉と北海道小麦を使った
こだわりの麺はむっちりと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


このスープにはこのくらいのパワフルな麺がいいね。
でも、小麦の香りは全くわからないね(^^;

生姜は早い時点で溶かしたけど、
その方が好み。

鶏チャーシュー、うま!


海老の香り100%なので、
海老チャーシューだな!

メンマはただものでない色合い。


かなり美味しい。
五ノ神の三角メンマにも通ずる( ̄▽ ̄;)


辛味噌を徐々に溶かしていくと、


海老の香りがわずかに引っ込み、
唐辛子の香りと辛さが顔を出す。
とてもいい感じ。
辛味噌にしてよかった。

紫キャベツはとっても合う。


もっと欲しいかも。


炙り鶏トリュフバターご飯。


卵黄も入っていて豪勢な見た目。
トリュフバターを溶かしながらがっつくと、
幸せな美味しさに包まれた。

スープに浸しても楽しんだ。



スープはほぼ残してごちそうさま。
この濃度で海老まぜそばができると思う。
商品化を検討されてみてはいかがかしらん。。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


074


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月14日

中華そば 満鶏軒 渋谷店@神泉(鴨中華そば<醤油>+雑炊セット)

訪問日時:2022/04/14 11:30

3月15日にOPENした、
渋谷の満鶏軒に行く。

麺魚に継ぐ2番めのブランド。
本店には行けてないので、
近場に来てくれたのはありがたい。

店頭ではお弁当を売っていた。
前身の南平台食堂でも売っていたので、
その名残り?

入り口にある券売機へ向かう。


鴨中華そば(醤油)雑炊セットを購入した。
店内へと案内され、チケットを渡す。

3+2+2の分割されたカウンター席。
間仕切りがなくなれば、あと2名はいけそう。

目の前に簡単な商品説明。


2番めで10分後到着。


具は鴨ロースチャーシュー、鴨ももチャーシュー、
ねぎ、焼きねぎ、小松菜に柚ペースト。


スープは甘いのね。。


鴨の香りがとてもリッチで、
鴨鍋のような旨さがある。

中細ストレート麺をすすり上げると、
強烈に鴨感がいっぱいに広がる。
麺上げ写真は紛失。

ロースチャーシューは燻製。


柔らかでかなり美味しいすね、この鴨肉。

もも肉は弾力があり、


こちらも非常に美味しい。

散らされたざく切りのねぎも
鴨だけに当然合うけど、
この焼きねぎはいいねえ。


鴨鍋を感ずる。

薬味はわさび、柚子胡椒、しょうが
全部もらった。


鴨肉につけてみる。


合うね!

柚子胡椒も


最高!

しょうがはスープに溶いた。


しょうがの香りが抜群にマッチする。
甘みが少し引っ込み、
しょうがの香りがいい。
未発版の生姜醤油鴨中華そばの発売が待たれる。

雑炊セットは写真撮り忘れて
鴨肉をおかずにだいぶ食べちゃった💦


元の盛り付けは麺魚のものと同じ。

ご飯そのものが美味しいので、
スープは必要ないくらい。

でも、


わさび、柚子胡椒を添えたり、
表面の油をご飯の方にかけたりして
楽しんだ。


ふーむ。
次はフォアグラ油そばだな、
と思いながら店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


070


感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月27日

豆富食堂@恵比寿(豆腐白湯・塩)

訪問日時:2022/01/27 12:01

今日は朝から 萎える案件が多くて、
元気と食欲がなくなってしまった。

そんなときのために行こうと思っていた
お店に行ってみた。


豆富食堂。
居酒屋のそれがしグループが始めた
新ジャンルのお店。

歴史ある豆腐に真摯に向き合い、古くから伝わる
伝統的な製法を受け継ぎながら、職人が毎日
豆から手作りする豆腐*や豆腐を使った料理をご用意

とのこと。
ラーメンに似た料理があるので
来たんだけどね(^^;

開店したての店に入ると、
目の前に豆腐工場。
大豆を蒸した良い香りがする。
店頭では豆乳や揚げ豆腐などを販売している。

席はコの字型12席のカウンターに
4人卓×4、6人卓×2
先客3名のカウンターに着座。

お品書きは頭に入っている。


豆腐御膳、豆腐白湯・塩、豆腐白湯・赤、豆腐麹の唐揚げ、
以上のご飯付きの定食4種。

豆腐白湯・塩をお願いすると、
オーダー処理用端末で
豆腐めしのきれいな写真を見せられ、
ご飯を+300円で豆腐めしに変更できると言われ、
まんまとそうしたよ。
っていうかそうするつもりだったし。

裏はお持ち帰りの品。


これらは店頭の売店で購入できる。

夜のお酒の品書きもあった。


流行りつつある、また認知されつつある、
オレンジワインもあるね!


サイトの酒場メニューを見ると、
楽しそうな品がたくさん。
誰か一緒に行こうよ。。。

5分後到着。


見ると、確かに濃厚そうな鶏白湯。


鶏そぼろ、青ねぎが乗せられ、
ごまがふりかけられている。
別皿にレモンと青唐辛子。

スープをいってみると、


こりゃうまいね!
濃厚だけど、とても上品な鶏白湯。
普通に鶏白湯ラーメンでもおかしくない。

干し豆腐の麺をつるりと、


あれま。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



干し豆腐麺、いいじゃん!
中華麺とは当然違うけど、
スープとの相性もいいね。

干し豆腐って、
中華料理の前菜としてよくあるけど、好きな食材。
昔、自作ラーメンの麺の代替品として使ったことが
あるんだけど、大豆香が強くてイマイチ合わなかったのよね。
でも、これはよく合っている。

くずし豆腐も具としてナイス。


別添えのレモンを絞ったり、
青唐辛子を乗せたりして
楽しく食べ進む。

そして豆腐めし。


私の中では「とうめし」。
非常に好きな食べ物だ。
この色合、すばらしい。

豆腐が大きくて食べにくいけど、
上に乗った天かすも必須に思える。

少し残った青唐辛子も添えると、


パンチが増してますます魅力的に。

ただ、ご飯にタレがもう少しほしい。
これなら行きつけの武蔵小山のおでん屋の方が
好きだな。。

最後はスープに浸して。


うま!


楽しく食べ終え、会計を済ませ、
厚揚げをお土産で購入して
店をあとにした。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


018


感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月08日

三田製麺所 恵比寿南店@恵比寿(超特濃煮干し油そば)

訪問日時:2021/10/08 11:30

恵比寿のあこや
貝出汁浅利生姜そばが出ているので、
それをいただきに。

系列の高円寺の焼貝 あぶさんで提供していたけど、
こちらでも提供を始めていたのでね。

と、思って店まで来ると、
なんと終了していた_| ̄|◯

ってことで、三田製麺所。


限定の煮干し油そば。
1200円とはいい値段だ。

調味料類は、変わらない。


6分後到着。


エグい見た目だ。


ほぐしチャーシュー、メンマ、ねぎ、
玉ねぎ、柚子皮、味玉が乗り、
超濃厚煮干しソースがドロッと。。

麺はいつものやつ。


まぜそばにも合うよね。

混ぜていただくと、


煮干しがガッツンとくる想像通りのお味。
脂も多いし、煮干し風味がハンパない。

セメント系のスープでなく、
モルタル系とでも言うか、
なにしろ濃厚。

チャーシューはほぐし系。


単体で美味しいんだけど、
徐々に煮干しに埋没していく。。

メンマは


かろうじて美味しさがわかる。

いろいろ味変するも、


私には少し重たい。
後半は疲れてしまった。

もちろん美味しいし、
これが大好きな人もいると思う。

スープ割りしても


もうこの頃には戦意喪失(^^;

でも、狙いの限定をいただけて、
満足で店をあとにした。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


192


感想など。。。
posted by ぼぶ at 20:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月24日

広島お好み鉄板 でげ@渋谷(汁なし担々麺)

訪問日時:2021/08/24 12:00

以前、前を通りかかって、
この外観に気がついていたよ。


調べてみると、広島鉄板焼のお店で
ランチに広島風つけ麺と汁なし担々麺を提供中。

本日、広島出身の後輩と行ってみた。


ランチタイムも鉄板稼働中。
美味しそうなお好み焼きを焼いている!

奥の席へと通された。


お品書き拝見。


汁なし担々麺 たっぷりパクチーのせ
2辛でお願いした。

鉄板焼のランチメニュー。


広島のお好み焼き、好きなんだよね。
ほんとは夜に来たいよね。

フードデリバリーも対応。


どうりでお客が一人だけなのに、
鉄板が忙しいはずだ。

卓上には
おたふくソース、辛いソース、唐辛子がある。


汁なし担々麺用に
酢、タレ、フライドガーリックが来た。


何番目の提供かわからないけど、
25分後到着。


肉味噌、ねぎ、もやし、パクチー、揚げ玉、糸唐辛子
が乗っていて、麺が見えない。
私の知る広島風汁なし担々麺とは
ビジュアルが異なる。

底を探ってみると、
タレなどは見当たらない。


もっちりとした中太麺。
広島風と聞いて連想できるタイプではないし、冷たい!
(お品書きの右上に書いてあったね)

肉味噌はウェットなタイプ。


うまいね。


かき混ぜていただく。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


麺が冷たいことに違和感を感じながらも、
慣れてくるととても美味しいことがわかる。

辛さは結構辛くて、
花椒は香りはいいけど、痺れはあまりない。

タレを少し使ってみた。


当然味が濃くなるけど、
少し使ったほうがコクが増すかな。

フライドガーリックも撒いてみましょ。


ますます広島風とは離れていくけど、
アクセントとしてはアリ。

お味噌汁が付いてきた。


即席ではない ほーっとする味わい。
麺が冷たいので、ありがたかった。


後輩の広島風つけ麺。


美味しい美味しいと言っていた。
辛さ15倍でも辛かったそうだ。

後輩が故郷を思い出して頼んだ
がんす焼きと とんぺい焼き。


盛り付けが美しいし、
恐ろしく美味しい。
お腹いっぱいだったけど、
残せなかった(^^;


お酒が出るようになったら
仲間と夕食に来てみたい。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


165
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月05日

麺屋 ぬかじ@渋谷(鰹だしの冷やし肉そば)

訪問日時:2021/08/05 11:29

ぬかじに行きましょう。
なぜなら、季節限定の冷やしが魅力的なので。。。


これっすね。
港屋風なのよね。。

ぬかじろうも話題だったね。
秋には再開するね。

今のお品書き。


さすがに7年ぶりなので、
価格は変わっている

店に入って券売機へ。


鰹だしの冷やし肉そばをプッシュ。

ごはんとなまたまごは無料サービスなんだね。

席に着いて、いろいろ確認。


調味料類は一味唐辛子、カレー粉、黒七味、柚子一味。
一番左はTKG用の白醤油。


1番目で9分後到着。


ひゃー、いいね。
いいビジュアル。


肉、メンマ、ねぎ、揚げ玉、刻み海苔が乗せられている。

つけだれは鰹だしのそばつゆに
もちろんごまとラー油入り。


冷たいので、まんま港屋の冷たい肉そば風。


麺はそばではなく、中華麺。
そのまま一口いくと、
ギュッとした食感でナイス。

そして、浸してずるずる。。。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



うまいな〜
ぬかじの絶品麺はこのつゆでも抜群に合う!

この類の食べ物は非常に好きなので、
多少興奮している。

肉は甘辛煮の味付け。


麺と一緒に頬張ると幸せになる。


メンマがあるのがとてもありがたい。


良い箸休めになる。

黒七味を試してみる。


バッチリ合う!

ゆず一味と一味唐辛子。


これまた合うけど、
黒七味ほどではないかな。

禁断のカレー粉まで手を伸ばしちまった。


これは印象が変わりすぎるのでNG。
調子に乗り過ぎた。

食べ終わるころに気がついたけど、
なまたまごだけでもサービス可なので、
もらえばよかった。。。


そして、楽しく食べ終えた。
やはりこのタイプは好きと再確認。
羽田空港にも行ってみるか。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


152
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:00 | Comment(6) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

味噌らーめん 柿田川ひばり 恵比寿本店@恵比寿(味噌和え麺)

訪問日時:2021/07/20 12:55

昼間は仕事もプライベートも
車での移動が主な私。
首都高が使いにくいのは難儀だ。

いつもは使う首都高を避け、
少し遠出をして今日の目的の店に行ってみると、
8/22まで休業とか。

オリンピック、コロナ、、、
多種の要因を気にして
情報を取るのが面倒っちゃー面倒。

で、恵比寿の柿田川ひばりに向かった。

着くと一人が店外で待っていた。
先に券売機で、


冷やし麺-hibari-と書かれた
裏返しボタンがあるね。

予め決めていた味噌和え麺を購入し
チケットを渡し、一旦外に出て待つこと5分。
店内へと案内され、きれいに整えられた席に着く。

最近、テレビでよく紹介されているけど、
すでに良店の風格すら漂う。
奥様は今日はドレッシーな出で立ちで素敵だ。

座って4分後到着。


追い飯は海苔がついてるよ。

相変わらず美しいビジュアルだこと。


低温調理の鶏・豚チャーシュー、もやし、ニラ、
コーン、紫玉ねぎ、穂紫蘇、すだち。
背脂も目立つぞ。

まずは底から麺を引っ張り出して、


すでにタレは和えてある。
むっちりとして、まぜそばにしても
ばっちり存在感を放つ麺だ。

あまり混ぜなくても良さそうなので、
逸る心を抑えつつ、少しミキシングし、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




甘みと香り豊かな味噌味、やはりここの味噌ダレはいい。

味噌まぜそば 自体、それほど商品として存在していないので、
比べるべくもないけど、
てちの味を強烈に思い出した。

ぶつ切りされたチャーシュー。


鶏豚、どちらも美味しいねえ。

具がそれぞれ上質なので、
それほど混ぜずに具との相性を楽しむが吉と思われる。
その食べ方が実に楽しい。

調味料は山椒だけふってみた。


当然合うけど、
今日は不必要に思える。
それほど完成度が高い。

すだちはいいね。


少しだけさわやかさを演出。

しかし、麺量多い。
もうほぼ満腹だけど、
残った具を追ご飯の方に乗せて、


楽しんだけど、
手巻きにすればよかったな!
なんてね。


あまり興味はない冷やしだけど、
こちらの冷やしは気になる。
5月に一度販売されたみたいだけど、
Twitterによると、8月9月に販売するようだ。
また来るとしよう。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


141
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:06 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

おそうざいと煎餅もんじゃさとう@代々木公園(新潟あっさりお醤油らーめん)

訪問日時:2021/07/14 12:28

中野区の新店の所在がわからずに、
帰り道にこちらの新限定を思い出して寄ってみた。


もう何回目だろう。
前回の家系風は逃してしまって残念だった。
今回は新潟5大ラーメンの一つ、新潟あっさり。


めん処くら田 という店の写真だけで
作り上げたというもの。
麺はいつものようにカラスさん謹製。

席に座り、並盛でお願いした。

卓上調味料、今回はいろいろ。
煮干し粉、千切り生姜、白胡椒、鶏皮で作った甘香鶏油。


茹で時間15秒と秒速なので、
2分後到着。


油はほぼない感じ。


スープはあっさりの極み。


しかし、充分な旨みがある。

麺は平打ち。



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



ピロピロしていて縦横のいろいろな食感が
楽しめる。
あっさりで塩分も少ないながら、
その味わいをゆっくり楽しめる。
チャーシューは豚バラ肉の煮豚タイプ。


とろとろ、激ウマ!

穂先メンマもよい仕事ぶり。


白胡椒は合うけど、


私は必要ない。

煮干し粉も目先が変わるけど、


これまた必要ない。

針生姜はいいね!


ほんとはもっとたくさん入れたかったけど、
容器が空になってしまうので、遠慮した。

鶏皮で作った甘香鶏油が抜群。


香りと少しの味で
ガラッと印象が変わる。
最初から入っていてもいいね。


美味しかった。
次は辛みそのモンゴルタンメンだって。
どうしようかなー。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


136
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月28日

【閉店】麻婆咖喱麺 マーリー軒@恵比寿(マーリー麺)

訪問日時:2021/06/28 11:38

情報をもらった瞬間に行きたくなった店にGO!


麻婆咖喱麺
なんてワタクシ向けの商品でしょう。

ネット情報だと7月1日オープンだったけど、
5月1日にオープしていたようだ。
UBEREATSも対応している。


商品は麻婆咖喱麺マーリー麺1種類。

店に入る。
ここはBAR小川酒店のリニューアルと聞く。
カウンター6席、奥に4人卓×3、2人卓×1。
BARだった前身をまだ残した内装だ。


もう一度卓上のお品書きを見て、


マーリー麺ハーフにパクチーと
ターメリックライス普通をお願いした。
普通は200g,大盛は300gだそうだ。

卓上調味料類はホットソースと花椒。


目の前の厨房では、
注文ごとに麻婆加哩豆腐を作っている。
厨師が唐辛子でむせる場面もあったよ。。

2番めで6分後到着。


平皿での提供。
カレーのいい香り!
多めの豆腐にひき肉も大量。


麺が特徴的な形状。


Zectで経験した麺の形状に似ている。
そのままいってみると、
ゴワゴワに近い食感豊かな麺だよ。

豆腐もフルフルでナイス。


軽く混ぜていただきます。。。。




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




はい、美味しいです!
カレー風味の麻婆豆腐はデフォルトで結構辛い。
痺れもほのかにある。
塩梅もちょうどよく、かなり楽しいメニューだ。

時折感ずるナッツのアクセントもいいし、
ホールスパイスも感じ、
全く飽きることがない。

辛いソースを試してみる。


辛いけど、あまり必要ないかな。

花椒の入れ物は擦るのが難儀で、
30回くらい回して諦めた。
花椒の風味は増さなかった。

ターメリックライス。


麺を食べてる途中で乗せたい衝動に。。


うまし!

そして大量に残った麻婆豆腐を。


うまいな〜〜〜〜
力強い麺もいいけど、
麻婆豆腐とカレーのコラボは
やはりライスが合うな。

会計を済ませるとレシートと
これをくれた。


ありゃ。
マーボトーフカリー
からマーリーとの説明だけど、
ボブ・マーリーも関係あったか!


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


124
感想など。。。
posted by ぼぶ at 18:00 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

おそうざいと煎餅もんじゃさとう@代々木公園(東京らーめん)

訪問日時:2021/05/11 12:20

6回目の訪問、もんじゃさとう。

前回の限定ランチはスパゲッティだった。
カラスさんの生パスタだし、
興味は大いにあったのだけど、
ついぞ、来られなかった。。

今回は、


東京らーめん。


4/27から始まっていたけど、
今日になってしまった。

東京らーめんの定義は
確固たるものがないということで、
「らーめんらしいらーめん」、
「小池さんが食べてくれそうならーめん」、
を念頭に作ったとか。

どんなんでしょ、ワクワク。

店内に入ると、今日はほぼ満席にて、
相席を余儀なくされる。

ふと、卓の傍らに目をやると、


シュウマイがあるのね。
しかも価格は
¥『しゅうまい付けてください。』

つまり無料ってこと?
ならば頼まない手はないってもの。

東京らーめんに シュウマイをお願いした。


極上のシュウマイですよ。
これが5個あればご飯2杯はいける。

5分後東京らーめん到着。


ふーむ。
ビジュアルは、私が思う東京ラーメンではない。
かなりおしゃれ。


スープは豚骨鶏ガラ清湯で、
タレはたまり醤油と昆布とか。


香りは東京ラーメンそのもの。
しかし、口に入るとその美味しさにびっくりする。
ノスタルジーラーメンでも、ネオクラシックでもない。
見事に昇華された新しい東京ラーメンという感じ。

カラス麺をずずいと、、、




ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




美味しい。
でも、東京ラーメンとしては麺が良すぎる。
いや、すばらしい美味しさなので文句はないけど。。

でも、もっとやわやわの麺で
化調の効いたスープ、
というイメージからはかけ離れている。

チャーシューもしかり。


めっちゃ美味しい!
これもイメージ異なる。

メンマだって、


普通じゃない。

玉子は半熟。
最初1個そのまま入っているのかと思ったけど、
切れ目がきちんと入っている。


そして、美味。

昔やったように胡椒を降ってみるか。


美味しいですよ。
美味しいけど、東京ラーメンの胡椒は
白胡椒だなー、とか思った。

さて、なると。


なんと鶏油で炊き込んだと書いてある。
確かに食感が違う。
ここで なるとの味に目覚めて以来、
一口では食べないようにしているけど、
このなるとうまいね〜〜〜
なると増ししたいくらい。


そして躊躇なくスープまでなくなった。

次回はなんでしょ。
また来ちゃうかもな。



店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


094
感想など。。。
posted by ぼぶ at 19:05 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月27日

味噌らーめん 柿田川ひばり 恵比寿本店@恵比寿(昆布水の味噌つけ麺)

訪問日時:2021/04/27 13:25

恵比寿の柿田川ひばり。
味噌カレーらーめんの完成度だったり、
諸々の理由で再訪門は決めていた。
今日は13時から提供される昆布水つけ麺一択。

店に着いて軽く驚いた。
13時半で店頭待ち4名。
件の奥様に 先にチケット購入を促され、
店に入って券売機で
昆布水味噌つけ麺を購入した。

更に驚いたのは女性率が高い。
店内も店外も半分以上は女性だった。
そういう店に成長していたのね。
喜ばしいことだ。

15分ほど待って入店。

すでにチケットは回収されているので、
黙って待っていると提供直前に
レンゲと塩が到着。


麺との相性がいいので、
最初塩で召し上がりください、と。

座って5分後、麺からやってきた。


たっぷりの昆布水に浸かっている。
豚レアチャーシュー、低温調理鶏胸肉、
穂紫蘇、すだちが乗っている。

最初は素直に 麺を塩でいただく。


確かに美味しい。
もっちりつるつるの麺の風味をよく味わえる。
どこぞの店のスタイルを踏襲なれど、
望むサービスでもあるので問題はな〜し。

すぐにスープも到着。


スープは濃い目なので、
お好みで昆布水で薄めてみてください。

と店主さま。

そのスープはもやし、ニラ、海苔に
白黒のゴマが浮かんでいる。


とろとろの昆布水をまとった麺を
どっぷりつけていただくと、


!!!


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!




ど・みそのこってりしたスープの記憶が蘇る。
良質な麺に絶品スープが絡みまくり、
非常に美味しい。
店主さまがおっしゃるほど濃くはなく、
つけ麺にはぴったりの塩梅。

少し辛味もあるけど、
このつけ麺には必要かも。

もやしやニラのアクセントも楽しく、
がんがん食べ進める。

鶏むね肉は


これほどしっとりするものなのね、
というくらい抜群の美味しさ。

豚レアも、


苦手だけど、柔らかくて噛み切りやすいし、
スープによく合っている。

スープに山椒を、


いいね!

それにしても昆布水のとろとろ加減よ。。。


がごめ昆布とか使っているんだろうね。
否が応でも、麺をつかむ度に大量の昆布の香りが
漏れなく付いてくる。


残り少しのところで、
すだちを麺に絞って、
さわやかに麺はなくなった。

残った昆布水をレンゲですくおうとしたら、


全くすくえない。
粘度が高いので、すぐにお皿にもどってしまう。
ちょっと柔らかめのスライム、
いやさ、鶏卵の白身の如し。。。

仕方ないので、器を持ち上げて
スープに注いだ。


当然のようによく混ざらないけど、
こりゃうまいね!

全て胃に納めてフィニッシュ。

昆布水の味噌味のつけ麺は珍しいけど、
全く違和感なく楽しませてもらった。

カレーらーめんは既食だけど、
カレーつけ麺に猛烈に興味が湧いた。
素敵なご夫婦に会いにまた来ましょう。



お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


082
感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:03 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月13日

ラーメン暖暮 恵比寿南店@恵比寿(痺れ麺)

訪問日時:2021/04/13 12:10

無性に豚骨ラーメンを欲し、
恵比寿の暖暮に来てみた。


2018年に開店。
この前はよく通るので、
痺れ麺、というのが気になっていた。


以前は確か14時から提供だったけど、
昨年あたりからレギュラーに昇格している。

店内満席で少し待って入店。

お品書きを見て、


痺れ麺をチョイス。
細かなリクエストは手書きで申請。


調味料類は餃子のタレ、ラー油、胡椒、
紅生姜、辛子高菜。


暖暮って初めて来たけど、
こんなにお店あるんだね。


女子スタッフ二人で回している。
感じいいし、ナイスな手際。
3番目で5分後到着。


白髪ねぎと糸唐辛子が乗って、
豚骨ラーメンとしてはおしゃれ。


スープは臭みのない豚骨。


その名の通りにかなり山椒の痺れがある。
これはいいね!

定番の細ストレート麺をずずいと、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


これは新しい。
純粋な豚骨ラーメンで痺れるタイプって、
ほかにあるかな。。。

担々麺のように複雑でなく、
わかりやすくていいと思う。

チャーシューは肉肉しい。


2枚ある。
豚骨スープによく合うチャーシューだな。

お約束の高菜と紅生姜もね。


やっぱりこの2つが入ると好き。

替え玉しましょーね。


半替え玉、超固め。


うまし。

餃子も頼んでいた。


小さいのでぺろり。

美味しかった。
飲んだ締めに使いたい店だ。


お店のデータはぼぶのラーメン店DATAで。


069
感想など。。。
posted by ぼぶ at 22:19 | Comment(0) | 東京都渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする